日航機123便について書いている青山透子というのは実在しない架空人物。青山透子という架空の存在を作りだし責任を自衛隊に押し付けた黒幕はアメリカCIA+イルミナティ。

公開日: : 最終更新日:2020/08/13 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

日航機123便について何冊か本を書いている青山透子という人物がいます。

 

「日航123便圧力隔壁説を覆す」「日航123便墜落の新事実。目撃証言から真相に迫る」「日航123便墜落の波紋」「日航123便墜落。疑惑の始まり」「日航123便墜落。遺物は真相を語る」「日航123便墜落。あの日の記憶。天空の星たちへ」などなど。

 

まるでライトノベルのシリーズ物のごとく同じような内容のものを書きまくっています。

 

いくつか読みましたが書かれている内容が酷いデマ、ウソばかりです。

 

また青山透子のプロフィールには元日本航空のスチュワーデス(キャビンアテンダント)で、その後東京大学大学院の博士課程を卒業後に大学の講師をやっていると書かれていますが、これらはすべてウソだということが判明しています。

 

日本航空には青山透子という人物は存在していませんでしたし、東京大学大学院にも青山透子は実在していませんでした。

 

青山透子は高校物理の基礎レベルもわかっていないレベルであり、東大のわけがありません。

 

まず青山透子の本の内容のどこがデマ、ウソかというと、

 

1つめは青山透子の本には米軍が救助に行ったのに日本政府が拒否したとなっていますが、これもウソです。

 

日本政府が拒否したのではなく米軍側が救助しないと結論づけただけです。

 

また日航機墜落は自衛隊のミサイルだと言ってますが、これもありえません。

 

まずミサイルだったら飛行機ごと爆破されます。

 

尾翼と圧力隔壁だけを爆破するなどできません。

 

青山透子は本の中で海上自衛隊が相模湾から88式地対艦ミサイルを撃ったと書いていますが、88式地対艦ミサイルは艦船を沈めるためのミサイルであり、航空機には届きません。

 

そんな当たり前の基礎的なことも青山透子はわかっていないのです。

 

また当時相模湾で訓練していた海上自衛隊の方がオレンジエアとかミサイルなどは100パーセントありえない!!と強く否定していました。

 

私も直接聞きましたが、ウソは言っていないと思いました。

 

海自の方は自衛隊がミサイルを撃ったと言われることにものすごい憤っていましたね。

 

そりゃあそうですよね。

 

また青山透子さんは事故で生き残った人たちを自衛隊が火炎放射器で焼いたということも書いてますがそれもありえません。

 

というかよくそんな失礼なことを書けるなと思いますね。

 

まず生き残った方の証言でもわかるように、自衛隊が来ていたらわかります。

 

自衛隊は落ちた場所の特定に時間がかかりなんとかたどり着いたのがあの時間だったのです。

 

青山透子という架空の実在しない3流デマライターに酷いウソ本を書かせている河出書房新社にもめちゃくちゃ腹が立ちますね!

 

この青山透子の存在というのは荒唐無稽なデマ、ウソを書きまくることで、CIAが爆破して墜落させたという本当の真実から目をそらせる、陰謀論として葬り去るというCIA、イルミナティの高度な手法だと思いましたね。

 

CIA、イルミナティが月刊ムーにやらせるやり方と同じ手法ですよ。

 

青山透子の本を出版している河出書房新社や月刊ムーを発行している小学館などの大手出版社やテレビ局などのマスメディア自体がそもそもCIA、イルミナティの下部組織ですからね。

 

青山透子の本に通底しているのは、米軍、アメリカ側が助けようとしたけど自衛隊や日本政府が拒否した、自衛隊がミサイルを撃った、自衛隊が生き残った人たちを火炎放射器で焼いたなど、アメリカ側を良く書いて、日本側を悪く書いています。

 

青山透子という架空の存在を作り出して、全ての責任を自衛隊、日本政府に押し付けて本当の真実を隠蔽しようとしたものこそが本当の黒幕であるアメリカCIA、イルミナティだと思います。

 

青山透子は遺族に対してもめちゃくちゃ失礼だし自衛隊の人たちにもめちゃくちゃ失礼ですね!

 

こんな騙しのウソ本を多数の読者に買わせているのもありえないです!

 

この青山透子は何重にも許せないですね!

 

グリコ・森永事件、日航機123便墜落事件の黒幕はアメリカCIA+イルミナティ。




関連記事

no image

哨戒機P3Cと早期警戒機E2Cの後継機の国産戦闘機P1の開発は絶対アメリカの怒りを買っていると思います。。

ロッキード社のP3Cの後継機として川崎重工、三菱重工、富士重工、IHI、日本飛行機など8社と防衛省で

記事を読む

no image

「内閣府」ムーンショット計画。2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

「内閣府」   ムーンショット計画。2050年までに、人が身体、脳、空間、時間

記事を読む

no image

日本は本来、長年中国の支配化だった。英米の傘下になってからの方が日本の暗黒時代。。

中国に対して酷い国だとか中国に支配されるとか言ってる人いるけど、日本は飛鳥、奈良、平安から江戸時代ま

記事を読む

人身売買で逮捕された米富豪のジェフリー・エプスタイン氏、留置場で死体で発見される。殺したのはCIAか。日本のプチエンジェル事件にも関与が濃厚。

人身売買で逮捕された米富豪のジェフリー・エプスタイン氏、留置場で死体で発見される https:

記事を読む

no image

神隠しとされる広島一家失踪事件は間違いなく一家殺人事件です。

2001年6月に広島県世羅町でおきた広島一家失踪事件。   山上政弘さん一家4

記事を読む

沢尻エリカさんや槇原敬之さんの薬物逮捕もスピン報道のための、でっちあげの国策逮捕だった。

  芸能人が薬物で捕まる前日や当日の朝には元内閣調査室トップ、現国家安全保障

記事を読む

北朝鮮がコロナウイルス感染者ゼロの理由。

北朝鮮がコロナウイルス感染者がゼロの理由。   新型コロナウイルスはイルミナテ

記事を読む

ルイヴィトン・モエヘネシー、クリスチャン・ディオールはイルミナティ関係企業。

ルイヴィトン・モエヘネシー、クリスチャン・ディオールもイルミナティです。  

記事を読む

no image

森友事件の籠池泰典が外国人特派員協会で政府、自民党、安倍総理の選挙不正を告白。(2019年10月31日)

森友事件の籠池泰典が2019年10月31日の外国人特派員協会で政府、自民党、安倍総理の選挙不正を告白

記事を読む

no image

菅官房長官が政治家になれたのは稲川会のバックアップのおかげだった。

菅官房長官が政治家になれたのは稲川会のバックアップのおかげだそうです。   菅

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数