グリコ・森永事件、日航機123便墜落事件の黒幕はアメリカ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/25 政治, 未解決事件・冤罪事件, 社会, 経営, 経済

NHKスペシャルの未解決事件・グリコ森永事件を見ました。

 

だいたい大掛かりな未解決事件はアメリカ絡みだと思います笑

 

グリコ森永事件は犯人を目の前にしながら警察上層部が逮捕してはダメだ!という命令を出して取り逃がします。

 

警察上層部が犯人を目の前にしながら逮捕するな!と命令するくらいに警察に圧力をかけられるのは政府、アメリカしかないでしょう。

 

滋賀県警の本部長が庭で焼身自殺をしていますが、これは自殺と見せかけて殺された可能性もありますね。

 

キツネ目の男はその後の日航機123便に乗っていて死んだようです。

 

同じく脅迫されていたハウス食品の社長も日航機123便に乗っていました。

 

キツネ目の男はアメリカのCIA傘下の北朝鮮エージェントで口封じに殺されたようです。

 

なぜアメリカかというとグリコ、森永、丸大、ハウス食品など関西の財界がプラザ合意の円高容認に反対していたからだそうです。

 

プラザ合意締結により日米貿易戦争はアメリカの圧倒的勝利に終わり、日本経済は3分の1に転落します。

 

また日航123便には日本初のOS「TRON」の研究者17人が乗っており全員死亡しています。

 

トロンはWINDOWSに勝る高速処理能力と省エネ能力を持っていたので、トロンの研究者が生きていたらビルゲイツのWINDOWSはなかったかもしれません。

 

青山透子さんの「日航123便墜落の真実」には米軍の救援ヘリを自衛隊が帰らせたとなっていますが、これは違うと思います。

 

そもそも力関係は米軍の方が圧倒的に上なので政府や自衛隊が帰らせるなんてことはできません。

 

しかも米軍の救助ヘリに帰還命令を出したのは横田基地です。

 

つまり政府が帰らせたのではなく米軍側が救助するなと言ったわけです。

 

米軍のヘリは救助に行ったのではなく偵察に行っていただけです。

 

米軍と政府は墜落させるシナリオで動いていたということですね。

 

相模湾沖で123便の垂直尾翼が吹き飛んだ後ハイドロプレッシャー(油圧操縦)システムが損傷し油圧関連の操縦が不可能となり御巣鷹の尾根に墜落するのです。

 

一部公開されている機長の音声がこちらです。

 

 

垂直尾翼の爆破の原因も自衛隊の地対空ミサイルや空対空ミサイルの発射ではないと思います。

 

相模湾で訓練していた元海自の方が垂直尾翼の爆破は自衛隊の対空ミサイルでは100パーセントないと言っています。

 

オレンジエアというのは100パーセントデマです。

 

そもそも対空ミサイルで飛行機ごと爆破するならまだしも尾翼だけを爆破するなど不可能です。

 

垂直尾翼と圧力隔壁の爆破の原因は垂直尾翼と圧力隔壁の中に仕込まれた爆弾だと思います。

 

音声を聞いてもらえばわかりますが、ボーンという凄い音を立てて爆発しているのがわかります。

 

機長も「何か爆発したぞ!」と言っています。

 

ボーイング社が調査に協力的ではなかったのも日航123便を墜落させる計画を知っていたからだと思います。

 

またボーイング社はわざと尻もち事故の修理を適当にしていたのだと思います。

 

ボーイング社の前身はCIAと自民党清和会、中曽根総理と疑獄事件を起こしたダグラスグラマン社でした。

https://daiwaryu1121.com/post-20498/

 

松本清張は日航機123便と類似事故の1952年の「もくせい号事件」を米軍機による撃墜と推理しました。

 

日航機123便も「もくせい号」と同じくアメリカによる撃墜だったと思います。

 

事故調査委員会が発表している金属疲労に起因する圧力隔壁の異常で垂直尾翼が破損することはありえないと思います。

 

圧力隔壁から客室内の空気が流れだすと「急減圧」が発生しますが、パイロットは酸素マスクをつけていませんし、生存者が急減圧時に発生するマイナス40℃の気温低下や強風を否定しています。

 

政府や事故調査委員会が相模湾の垂直尾翼の破片の回収をしなかったのは垂直尾翼が爆破されたことがばれるからではないでしょうか。

 

日航123便墜落事件の時の内閣はCIAエージェントの中曽根内閣でした。

 

顧問は児玉の盟友のロッキード事件のきっかけを作った元日本軍大本営参謀の瀬島龍三です。

 

中曽根総理は日航機123便の真実は墓まで持っていくと語っています。

 

元日本航空社員で日本航空労組委員長の佐宗邦皇さんは日航機123便はアメリカによる撃墜であると主張していましたが、講演後に主催者から貰ったお茶を一口飲んだ後に倒れて死亡しています。




関連記事

no image

田原総一朗さんが語るなぜ新聞が大幅な部数減になり読まれなくなったのか?

ジャーナリストの田原総一朗さんがなぜ新聞が大幅の部数減になり読まれなくなったのかを語っていました。

記事を読む

no image

風俗業界と介護業界の支援の難しさ。ホスト大好き風俗嬢もいれば、学費のため働く風俗嬢もいる。

風俗嬢に対しての支援の難しさは介護業界への支援の難しさと似ているような気がする。  

記事を読む

no image

ブスをディスる男にイケメンや良い男はいない。

これも女性に肝に銘じてほしいのは、「ブスをディスる男にイケメンや良い男はいない」ということです。

記事を読む

no image

未成年の少女を救うためにも民法の成人年齢をいち早く下げるべき。

AV出演強要対策にも逆行? 民法成人年齢引き下げは、若者を食い物にする被害を増やさないか(伊藤和子)

記事を読む

虐待被害が深刻な港区の南青山にこそ絶対に児相が必要なのです。

南青山の一等地の1000坪に港区が児相を作ろうとしていることに地元不動産屋のグリーンシードなどを中心

記事を読む

no image

会社選びは「ビジョン」ではなく「業務内容」で選びましょう。

  なるほどですね。   会社のビジョンよりも業務内容

記事を読む

ATM18億円不正引き出し事件で関東連合の斉藤祐輔さんを逮捕。井上勇さんを指名手配か?

ATM18億円不正引き出し事件で関東連合の斉藤祐輔さんを逮捕。井上勇さんを指名手配したようです。

記事を読む

女子高生のアリエルがうますぎる!!

後夜祭で歌ったアリエルです みんなのこと魚だと思って歌いました よかったら聴いてね〜\(^o

記事を読む

女子大生に強制わいせつをしたとして神奈川県綾瀬市北の台中学校教師の大村恭平が逮捕。

神奈川県海老名市内の路上で女子大学生の口をふさぐなどした上、上半身をさわったとして中学校教師の男が逮

記事を読む

池袋東口が巨乳女子の聖地に。

池袋東口が巨乳女子の聖地に http://news.nicovideo.jp/watch/nw

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性・男性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数