公的福祉、公助がないから、こども食堂、学童、フリースクール、居場所を民間、NPOでやればいいというのはネオリベラリズム+村社会的前近代の悪魔合体。

公開日: : 政治, 教育, 東京, 社会, 福祉, 経営, 経済, 若者, 貧困

公的福祉、公助がないから、こども食堂、学童、フリースクール、居場所、学習支援などを民間、NPOでやればいいじゃんというのは正にネオリベラリズム+村社会的な前近代の縁故資本主義の悪魔合体なわけですね。

 

本来は国、行政がやらないといけないことを民間、NPOに委託、指定管理させるということは公共事業をばんばん受託して地域で我が物顔ででかい顔をしている地域の土着の企業、NPO、地主、自治会をますます増長させて村社会的な排他性、閉鎖性を強化するだけなんですよね。

 

若者たちは地方の前近代の縁故資本主義、村落共同体が嫌でみんな東京に出ていった歴史があります。

 

その前近代的な縁故資本主義、地域主義こそが正に子どもたち、若者の生きづらさの元凶なわけですよね。

 

学校がなじめなければフリースクールがありますよ、貧困だったら子供食堂がありますよ、子供宅食がありますよ、学習支援がありますよ、友達がいなかったら居場所カフェがありますよというのは、じゃあそのフリースクール、子供食堂、居場所が嫌だったらその子供、若者は結局は放り出される前近代的な村落共同体なわけですよね。

 

それは国、行政ではなく、なんでも民間でやりましょうよというネオリベラリズム、市場原理主義とやってることは全く同じわけです。

 

もし学校に問題がある、教育委員会に問題がある、貧困を生み出す社会に問題があるというなら、その学校自体を変える、教育委員会を変える、児相を変える、法律を変える、政治を変えるということをしないとダメなわけです。

 

子ども食堂、フリースクール、学童、学習支援、居場所カフェ的なオルタナティブ、共助は日本の前近代的村落共同体、民間任せの新自由主義、公的福祉、公助削減を加速させる役目にしかなってないわけです。

 

子ども、若者を暗に追い詰めている存在こそが地元の土着企業、NPO、自治会、社会福祉協議会、地域であることに気づいてください。




関連記事

アメリカのアパレルブランド「J.クルー」が破産保護を申請

アメリカのアパレルブランド「J.クルー」が破産保護を申請しました。 https://www.f

記事を読む

no image

児童養護施設と夜の仕事。

      全身刺青のAV女

記事を読む

報道ステーションに出ていた千葉県の八街市の農業法人社長の見た目がめちゃくちゃオラオラ系だった。

報道ステーションに出ていた千葉県の八街市の農業法人社長の見た目がめちゃくちゃオラオラ系でした。

記事を読む

no image

これからは東京の衰退が止まらない。これからの時代は東京に出ることよりも地方に留まることが正解!

東京について。   ここ2年の間ブログで六本木、銀座、新宿など東京を書いてきま

記事を読む

no image

静岡県裾野市の中学校教師・今関崇人(35)と富士市消防本部職員の田中宏明(39)が共謀して未成年の少女を誘拐したとして逮捕(テレビ静岡)

静岡県裾野市の中学校教師・今関崇人(35)と富士市消防本部職員の田中宏明(39)  

記事を読む

no image

名古屋市の河村たかし市長が女子ソフトボール選手たちの金メダルに嚙みついたのはありえない!

名古屋市の河村たかし市長が女子ソフトボール選手たちの金メダルに噛みついたのはありえないと思います。

記事を読む

no image

今の社会学者とか教育学者の少年法改正反対派は不良の見方と言われてもしかたないよ。

まずねー、少年犯罪は減ってるとか言ってる人根本から間違ってるよ!   まず少年

記事を読む

no image

日銀副総裁の若田部昌澄さんと雨宮正佳さんの金融政策の考え方。

日銀副総裁は若田部昌澄さん(わかたべまさずみ)と雨宮正佳さん(あまみやまさよし)という2人の副総裁が

記事を読む

no image

名古屋と関西って文化的に合わないんじゃないかなー。名古屋は軍隊的な管理教育、関西は反管理教育。

山口組分裂「静かなる抗争」の全内幕~分裂から3カ月。最高幹部らが重い口を開き始めた http:

記事を読む

no image

日本は3年後にはIT産業が凋落する可能性が大きい。

さきほどNHKでやっていましたが日本のIT産業はソフトウェアはグーグルやマイクロソフトなどアメリカに

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ