埼玉の人もめちゃくちゃ良い人だけど、東京の人も良い人だった。

公開日: : 埼玉, 東京, 社会, 福祉

「困っているなら、これを使って」。先月29日夕、東京・池袋の駅で、ICカードの残高不足で、帰宅できなくなった東京都立特別支援学校高等部1年の男子生徒(16)=東京都足立区=に高齢の夫婦がそう声をかけ、1000円札を手渡した。行き違いではぐれた母、福田恭子さん(59)は「こんなに親切な人に出会えるなんて感謝しかない」とツイッターに投稿し、連絡先が分からない夫婦に会い、お礼を伝えたいと考えている。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 

◇残高9円、母と行き違い

 

29日午後6時ごろ、福田さんの長男の男子生徒はJR池袋駅の北改札で立ち往生していた。自宅最寄りの北千住駅まで帰るつもりだったが、カード残高が9円しかなかった。その姿を見た高齢の夫婦が長男に近づき、「これを使って」と1000円札をそっと渡した。長男がカードのチャージを終えると、既に夫婦の姿はなかった、という。福田さんによると、長男は自身の状況を言葉で具体的に説明することが苦手だという。

 

4月に都内の支援学校に入学した長男は電車で通い、福田さんも付き添っていた。1人での通学に慣れ始め、下校時に2人が落ち合う場所は校門から最寄り駅の道中に変わっていた。この日は、普段より1時間早い午後2時半に授業が終わり、下校時間が早まったこともあって2人は行き違い、会うことができなかった。長男の携帯電話も、ちょうど解約したばかりだった。

 

10日ほど前、福田さんは冗談半分で「早く授業が終わる日は、池袋に行けたらいいね」と長男に話した。このことから、長男は「先に行った恭子さんを追いかけなければ」と思い、自宅に帰らずに池袋駅を目指したとみられる。ダウン症の長男は計算が不得意で、お金の価値をしっかりと把握できないので、ICカードに高額の入金をしないようにしている。福田さんは残高が数百円と把握しており、「そろそろチャージしなければ」と思っていた。

 

長男のかばんには、援助や配慮の必要性を知らせる「ヘルプマーク」が付けられ、道に迷ったり、はぐれたりしたときは、最寄りの交番に行き、マークに記載された福田さんの携帯電話に連絡を頼むよう伝えていた。長男の説明によると、駅周辺で2時間ほど福田さんを待ち、疲れたため帰宅しようとした際、夫婦が1000円札を渡してくれたという。長男は午後7時前に自宅に戻ってきた。

 

1日10万人以上の乗降客があるターミナル駅での出来事に、ツイッターでは「殺伐とした世の中、捨てたもんじゃない」「その1000円は神様のバトン。巡り巡ってほんわかバトンはそのご夫婦に届くはず」など、温かい投稿が相次いでいる。福田さんは「長男は失敗と体験を積み重ねて、生活力を身につけており、すてきなご夫婦に多くのものをいただいた。直接会ってお礼がしたい」と話している。連絡は、福田恭子さん(tuyumushi@gmail.com)まで。

 

(以上毎日新聞引用)

 

東京の人もめちゃくちゃ良い人ですね。

 

池袋なので埼玉の人の可能性も高いと思います。




関連記事

no image

イランとイギリス、アメリカがなぜ仲が悪いのか?の話。(広瀬隆雄さん)

ちょっとアメリカとイランの歴史の話をしますね。   1901年英国の富豪ウイリ

記事を読む

no image

関西の優秀な人は東京へ行き、どうしようもない人が関西に残っている。

関関同立や阪大などの関西の難関大学を卒業した生徒の7割~8割は東京に就職するというのを見たんですが、

記事を読む

天皇陛下のキャブ車がまるで暴走族!w

キャブ車のエンジン音の厳つさと天皇の荒々しい運転に腹いてえwwww#インテグラ #SOHC pi

記事を読む

no image

100年前の1900年はガソリン車よりも電気自動車の方が普及していた。電気自動車を潰したのがジョンDロックフェラー。

いまアメリカのテスラや中国、タイの自動車メーカーが電気自動車(EV車)の開発を行い普及を目指していま

記事を読む

no image

山上徹也と統一教会は繋がっていたのではないか。

山上徹也は統一教会に対する恨みをしきりに言っていますが、それは表向きで裏では統一教会と繋がっていたの

記事を読む

no image

ガーシーさんと立花孝志さんの仲間のFC2創業者の高橋理洋さんのバックも松浦大助さんと松浦グループ。

ガーシーと立花孝志さんの仲間のFC2創業者の高橋理洋さんのバックも松浦大助さんと松浦グループです。

記事を読む

no image

朝日新聞が社会福祉士について専門性がないとボロカスに書いていた。

(フォーラム)児童福祉司の専門性:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com

記事を読む

なぜ大阪一のヤンキー、半グレタウンが西成区、住之江区、生野区、堺市から豊中市、吹田市、鶴見区、中央区、西区、北区に変わっていったのか?

大阪では昨今、半グレグループがミナミや心斎橋、梅田などで暴れまわりニュースとなっています。 &

記事を読む

東京から青森市に帰省した男性の家に中傷のビラが貼られる!

東京から青森市に帰省した男性の家に中傷のビラが貼られていたそうです。 https://news

記事を読む

no image

全国の高校奨学金の滞納者の4割が大阪!大阪はやはり全国一貧困。

全国の高校奨学金滞納者の約4割が大阪の学生という読売新聞の記事を読みました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ