40秒間の間に姿を消した松岡伸矢くんはCIA、イルミナティのエージェントに誘拐された可能性が高い。

公開日: : 最終更新日:2020/02/04 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

40秒間の間に姿を消した松岡伸矢くんはCIA、イルミナティのエージェントに誘拐された可能性が高いと思います。

 

1989年3月7日、徳島県貞光町の親戚宅にやって来ていた松岡伸矢くん(当時4歳)が親の目の離した40秒の間に忽然と姿を消しました。

http://yabusaka.moo.jp/matuokasinnya.htm

 

松岡伸矢くんの一家は茨城県牛久市に住んでいました。

 

家族構成は父・正伸さんと妻・圭子さん、子供が長女、伸矢くん、次男(当時2歳)の5人暮らしでした。

 

正伸さんはソフトウェア技術者として国産の電算機関関連会社に勤めていたが、牛久で家を買い、1989年はじめには外資系のコンピュータ会社に転職しました。

 

それまでは深夜残業・休日出勤ばかりで子供達と遊ぶ時間がままならなかったからでした。

 

この年の3月5日、圭子さんの実母が急死し、6日に一家は徳島県小松島市で営まれた葬儀に参列しました。

 

そのあと一家は車で1時間ほど離れた貞光町の圭子さんの親戚宅を訪れ、この日はここに泊まりました。

 

翌7日午前8時頃、正伸さんは3人の兄弟と従兄弟の子供を連れて近所に散歩に出かけました。

 

このあたりは標高200mほどの山間部の林道の終点近くにあり、公道から山の斜面に私道が延びて、その斜面に親戚宅は建てられていました。

 

まわりに家はありません。

 

正伸さんは朝食前だったので10分ほどで散歩を切り上げています。

 

子供達ははしゃぎながら、正伸さんについてきていました。

 

家の玄関までの10メートルほどの石段を登った玄関先まで伸矢くんがついてきていたことを正伸さんは記憶しています。

 

伸矢くんはこの時、もっと散歩したそうだったため、正伸さんは抱いていた次男を家の中にいた圭子さんに手渡し、玄関先に戻ってみると、伸矢くんの姿はありませんでした。

 

この間、40秒ほどでした。

 

伸矢くんの姿がみえないことに気づいた正伸さんは、すぐに周辺を捜したが、伸矢くんを見つけることが出来ませんでした。

 

それから、家族・親類が近所を捜し回り、地元の消防団もこれに加わったが見つけることが出来ず、午前10時に警察に通報しました。

 

当初は山で迷子になっているのではないかと思われ、この日のうちに山間部で大捜索が行われました。

 

貞光署からは全署員30名の半数が駆けつけ、県警機動隊、消防署員、地元消防団員に一般市民を加えた100人近くの人を動員、翌8日には200人を動員、その後3ヶ月捜索を続けたが、ついに伸矢くんを見つけることはできませんでした。

 

ちなみに伸矢 くんは4歳とは思えないくらい、しっかりしていた。自宅の住所も電話番号も年齢も家族の名前もみんな言えました。

 

・現場は町道の終点付近で外部からの出入りはほとんどありません

 

・失踪時、100m離れた畑で農作業をしていた人は車を見かけませんでした。

 

・松岡さん一家が親戚宅に到着したことや、伸矢くんがいたことは外部に知られていません

 

・周辺に交通事故の痕跡はありません。

 

貞光署では以上の理由から「事件にまきこまれたケースは考えにくい」と徹底した周辺捜索を行いました。

 

「謎の電話」

 

伸矢くんが失踪し、捜索が行われると同時に、親戚宅の電話にテープレコーダーをとりつけました。

 

正伸さん一家が牛久市に帰る前日の16日、一本の奇妙な電話がかかってきました。

 

正伸さんが電話を取ると、「奥さんはいますか?」といいました。

 

語尾のあがる徳島弁独特のアクセントの女性の声がしました。

 

圭子さんが電話を替わると、その女性は「ナカハラマリコの母親」だと名乗り、「成蹊幼稚園の月組の父兄です。幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」と尋ねました。

 

成蹊幼稚園とは伸矢くんの姉が通っていた幼稚園でした。

 

圭子さんは明日帰るという旨を伝えたが、その後ナカハラマリコの母親から連絡はありませんでした。

 

見舞金について、こちらから尋ねることもできず、しばらく黙っていたが、数日たって幼稚園に問い合わせてみたところ、見舞金を集めたという事実はなく、ナカハラマリコという名前の子供もいないことが判明しました。

 

後から考えると、正伸さんから電話を替わる時に「誰かわからないけど、徳島弁だよ」と言っており、茨城県にいて松岡さんの親戚宅の電話番号を知っているのも不自然でした。

 

また徳島県にいて伸矢くんの幼稚園の名前まで知っているのはおかしいものでした。

 

松岡さん一家の事情に内通している者の電話と言えますが、これが手がかりとなることはありませんでした。

 

「考察」

 

松岡伸矢くんは北朝鮮の拉致の疑いがある特定失踪者名簿にも載っています。

https://www.chosa-kai.jp/archives/missing/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E3%80%80%E4%BC%B8%E7%9F%A2

 

徳島県海部郡日和佐町が北朝鮮の船が来航する港の一つだったことも理由とされています。

 

松岡伸矢くんはCIA、イルミナティのエージェントに拉致、誘拐された可能性が高いと思いますね。

 

40秒間という短時間で証拠も残さず誘拐していることからもプロの犯行であることがわかります。

 

実行部隊は北朝鮮工作員だと思います。

 

北朝鮮の背後にいるのがCIA、イルミナティですね。

 

目的は悪魔的儀式を行うためだと思います。

 

伸矢くんのお父さんの正伸さんは1989年の1月に外資系コンピュータ会社に転職していますが、これがキーポイントだと思います。

 

この外資系コンピュータ会社がマイクロソフトなのかIBMなのかわかりませんが、どちらにしてもCIA、イルミナティ、DSの関係企業だということです。

 

ここで伸矢くんは事前にイルミナティにマークされていたと思います。

 

だから伸矢くんのスケジュールも詳しく熟知していて、電話番号も知っていたわけですね。

 

またイルミナティは自分たちの仕業だとヒントを与えることが好きですから、今回も電話をかけて家族が徳島にいること、お姉さんの通う幼稚園も知っているということを伝えたのだと思います。

 

こう考えると全て辻褄が合うと思うのですがいかがでしょうか。




関連記事

アップルはCIA、イルミナティ傘下企業。

アップルもCIA、イルミナティ、DSの傘下企業だと言われています。  

記事を読む

no image

アメリカCIAがエイベックス松浦勝人に怒り。松浦勝人の逮捕もある。

アメリカCIAが松浦勝人に対してかなり怒っています。   エイベックスはCIA

記事を読む

韓国の慰安婦追悼公園にイルミナティの万物を見渡す目のマークがある。

韓国の慰安婦追悼公園にイルミナティの万物を見渡す目(プロビデンスの目)のマークがあります。 &

記事を読む

no image

アメリカでは右翼、左翼、保守、リベラルという区別はもうしない。アメリカ国民はディープステイト側かそうではないのかで判別している。

アメリカでは右翼、左翼、保守、リベラルという区別はもうアメリカ国民はしていません。  

記事を読む

NHKの長谷川浩解説主幹が911の当日だけユダヤ人が欠勤していた、テロではない説を話してCIAに殺される。

2001年10月10日「あすを読む:新しい戦争と世界」で長谷川浩解説主幹は911の世界貿易センタービ

記事を読む

ラインとヤフーの経営統合発表記者会見で読売新聞記者の抉るような質問に露骨に嫌な顔をするヤフー川邉社長と焦るライン出澤社長。

ラインとヤフーの経営統合発表記者会見で読売新聞記者の「スマホ決済事業の赤字が積み重なる中での体力勝負

記事を読む

no image

松岡利勝農水大臣はCIAに殺された。

2007年5月28日お昼ごろ赤坂の議員宿舎で首をつって死んでいるのが発見されます。  

記事を読む

no image

HIPHOPのカリスマ2PacはCIAに殺されたか。

HIPHOPのカリスマだった2Pacは1996年9月13日にラスベガスでマイクタイソンの試合を見た後

記事を読む

no image

千葉科学大学教授で地震工学が専門の小川信行教授が福島の震災が人工地震である証拠を掴んだためにCIAに殺される。

千葉科学大学教授で地震工学が専門の小川信行教授が福島の311の震災が人工地震である証拠を掴んだために

記事を読む

no image

ヤフーとラインの合併はCIAがソフトバンク潰しに仕掛けた罠。

ヤフーとラインの合併はアメリカCIAがソフトバンク潰しに仕掛けた罠だと思います。  

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、気功、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数