絶望の国の幸福な若者は近い将来絶望な若者になるか!?

公開日: : 最終更新日:2017/05/14 本・漫画・書評, 社会, 若者

古市憲寿さんのだから日本はズレている (新潮新書) [ 古市憲寿 ]を読みました。

 

とても読みやすくてすぐに読めましたね。

 

絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫) [ 古市憲寿 ]で世間は若者がひどい状況にあるけど実は身の丈で幸せにやってるんですよと書いてました。

 

その後に阿部真大さんの地方にこもる若者たち [ 阿部真大 ]や原田曜平さんのヤンキー経済 [ 原田曜平 ]なんかが出て、地元で家賃、食費は親に頼り、地元の友達とのんびり楽しく暮らしてるんですよというのが言われ始めました。

 

鈴木謙介(チャーリー)さんも原田曜平さんがマイルドヤンキーを言う何年も前からウェブ社会のゆくえ [ 鈴木謙介 ]カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書) [ 鈴木謙介 ]で地元ではなくカタカナのジモトとして、柏や藤沢、町田などの中核都市に愛着を感じてそこをジモトに感じる若者のことを言われていました。

 

しかし近年の調査なんかでは、厳しい現代の状況をあきらめて、地元の島宇宙的なコミュニティで満足しているんだということがわかってきました。

 

またアンケートで幸せですと答えていたものを深く追求してみると、消極的な選択肢の中でのベストな選択として地元が選ばれ幸せに感じるよう思うようにしているみたいなことも出てきました。

 

本著の中でも書かれていますが、今の親元同居でフリーターのマイルドヤンキーがずっとこのまま安泰ではないということが示されています。

 

マイルドヤンキーが幸せに暮らしていけるのも遅かれ早かれ時間の問題で難しくなってくることが予想されるからです。

 

行政は投票率の高く層として厚い高齢者の側を見て政治を行うので、若者はこのままだと危機的な状況に陥るだろうということを書いています。

 

絶望な国の幸福な若者だったものたちがさらに絶望度が増す中でどこまで幸せでいれるのか。

 

若者の中から行政へ向けての運動は起こってくるのか。

 

どんな絶望的な状況に陥っても若者は甘んじて受け入れ続けるのか。

 

古市さんの独特のひねくれた感じでしたが、言おうとしてるのは若者たちよ、そろそろ動かないとやばいよ!ということなんじゃないのかなと思いました。

 

古市さんなりの若者たちへの応援の書なのかなと思いました。




関連記事

no image

福岡市南区清水の焼肉「キング」の金庫から90万円を盗んだとして元従業員の牛嶋智哉を逮捕(九州朝日放送)

元従業員の牛嶋智哉(38)   福岡市の焼き肉店に侵入し、金庫から現金およそ9

記事を読む

「健康で文化的な最低限度の生活」の吉岡理帆さんの衣装はここ。

「健康で文化的な最低限度の生活」の吉岡理帆さんの衣装はこれです。  

記事を読む

no image

オイシックスとビッグモーターは創価学会系企業。

オイシックスとビッグモーターは創価学会系企業でした。   ビッグモーターは同じ

記事を読む

no image

学校を軽い気持ちで休むのはよくないというアドバイス

学校を不登校になるのは甘いとか、軽い気持ちで休むと社会に出たときにやっていけないとか言う人がいるけど

記事を読む

no image

原田さん自体マイルドヤンキーをよくわかっていない。都内にマイルドヤンキーが一番多いわけがない。

さきほど言論界はマイルドヤンキーを否定派が多いと書いたら、原田さん本人からそうでないとのリプがありま

記事を読む

no image

子供を生むということに、資産、収入、親としての適性、性格などちゃんと審査して試験に合格した人だけが子供を生むことができるとした方がいい

子供を生むということに、資産、収入、親としての適性、性格などちゃんと審査して試験に合格した人だけが子

記事を読む

no image

厚労省が介護職のイメージアップに新規で3、7億円。

厚労省の平成30年度の予算案を見てたけど、介護職にイメージアップに3,7億円ってかけすぎ!笑

記事を読む

no image

承認欲求ガー!とかいう人を引きずりおろそうとする島国根性のクズな人たちをじっちゃまが喝破。

承認欲求ガー!とかいう人を引きずりおろそうとする島国根性のクズな人たちをじっちゃまが喝破しました。

記事を読む

no image

ソフトバンクは朝鮮系企業。

ソフトバンクは朝鮮系企業でした。   在日コリアンの人たちの同胞企業のところに

記事を読む

no image

関西電力は悪くない!!悪いのは森山助役と部落解放同盟。

森山助役が部落解放同盟で家を燃やすとかダンプを突っ込ませるとか半身不随にさせるとか頻繁に糾弾してたと

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です




  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • wpp header='人気記事ランキング' post_type='post,page' limit=50 range='daily' order_by='views' stats_views=0