NPO(仲介者)の需要、存在意義について

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 ガールズバー, キャバクラ・ラウンジ・クラブ, スカウト, 東京, 社会, 風俗

大阪大学の特任准教授の神里達博先生が、技術の進化と音楽の進化の類似性について触れられていました。

 

今までは音楽を作る人が偉かったが(技術を生み出す人が偉かった)、ある時期を境に数ある音楽の中から良い音楽を選ぶDJが偉いようになった。

 

技術は一つ一つの要素技術の価値が下がって、どこでも作られるようになった。

 

しかし、無数の音楽(技術)の中から、みんな数ある音楽から何を聞くかを悩むようになったということを言われていた。

 

確かに、居酒屋などに行っても、メニューが多すぎて何を選んでいいのかわからなくて困ってしまいまうし、何をするにしても選択肢が多すぎて選べないということがありますね。

 

新宿伊勢丹のメンズ館の人気の理由も、ブランドの垣根を取り払って、バイヤーがセンスの高い服を厳選して取り揃えているということがありますよね。

 

夜の仕事ならキャバやラウンジ、クラブ、デリヘル、ガールズバーなど各地区に無数にあります。

 

しかし、各地区の特徴や、店の特徴などは求人誌を見ただけでは、女の子側はわからないですよね。

 

中には悪質は給料未払い店やヤクザ直営店で辞めさせてくれない脅される店も多数あります。

 

そこにNPO(仲介者)が入ることによって、女の子が希望する条件に最も近い店をリストアップし、時には店と交渉しながら、店と女の子とのミスマッチを事前に防ぎ、双方が満足できる結果にするというのが仲介者の存在意義なのではないかと思います。

 

昼の仕事でもそうですね。

 

どこの職場がブラックで離職率高くて、雰囲気がどうなのかとかわかったうえで仕事を繋げる。

 

適職診断をしてその子が何に向いていて、何がやりたいのかをしっかりカウンセリングする。

 

履歴書の書き方や面接方法も親身にアドバイスする。

 

そうすることで、女の子の信頼を得て、それが口コミとなって、「あのNPOに頼むといいよ!」という評判から、信頼できる人気のNPOになっていくのだと思います。




関連記事

ユダヤ教の指導者がコロナウイルス対策にコロナビールを飲むように助言(AFP通信)

ユダヤ教の指導者がコロナウイルス対策にコロナビールを飲むように助言しているとAFP通信が伝えています

記事を読む

no image

相次ぐ「ひきこもり」絡みの殺人事件。

ひきこもり絡みによる殺人事件が相次いでいます。   川崎の児童殺傷事件もひきこ

記事を読む

no image

日本にいながら海外旅行に行った気にさせてくれるNHKの「世界ふれあい街歩き」が素晴らしい!

日本にいながら海外旅行に行った気にさせてくれるNHKの「世界ふれあい街歩き」が素晴らしいですね!

記事を読む

no image

景気がよくなったからと言ってもう社員の給料は上がらない

アベノミクスで大手が業績を伸ばしてるのに賃上げに結びつかないのは、バブルの頃までと違って、内部留保を

記事を読む

no image

建設業界の人手不足が深刻に。25パーセントが60代以上の高齢者。

建設作業員を技能や経験で格付け。 https://www.nikkei.com/article

記事を読む

no image

添い寝店、添い寝リフレなどは100パーセントデリヘル、風俗のスカウト会社の架空店。

添い寝店、添い寝リフレなどの店は100パーセントデリヘル、風俗のスカウト会社の架空店ですね。

記事を読む

no image

福祉就労は搾取という声は根強い。

障害者のB型就労は賃金が1人あたり8時間働かせて500円前後。   それでパン

記事を読む

フリースクール「東京シューレ」での性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞)

フリースクールでの性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞) https://www.asahi

記事を読む

no image

本当に大成する事業は登場時に多くの人が懐疑的に考える。

  立ち上げ時から「これは絶対イケる!」という会社は大成しないそうです。

記事を読む

no image

NHKニュースナインの震災から8年を見てたら涙が出てきました。

NHKニュースナインの震災から8年見てたら感動して涙出てきたわ。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数