早産で生まれる赤ちゃんを救命するのはやめた方がいい!!障害が生まれる温床となっている。

公開日: : 最終更新日:2021/01/09 社会, 福祉

早産で生まれる赤ちゃんを救命するのはやめた方がいいです。

 

赤ちゃんは通常妊娠40週前後で生まれてきますが、それが陣痛促進剤や不妊治療などの影響により予定より早く生まれてくることあります。

 

1953年に妊娠28週と定められましたが、その後、1976年に24週に変更となりました。

 

22週となったのは、1990年のことです。

 

現在、22週未満の赤ちゃんも救命した方がいいのではないかという議論があります。

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/10/1002.html

 

しかし早産で生まれてくる子どもは重い障害を抱えてくる割合が非常に高いのです。

 

22週や23週でも重い障害を抱えて生まれてくる子がほとんどです。

 

医療の進歩によって昔ならば亡くなっていた赤ちゃんが救命されて生き延びることになっています。

 

その結果が発達障害者、精神障害者の10倍の増加に繋がっているのです。

 

 

よく団塊の世代の人や高齢者の人が昔は発達障害者などいなかった、クラスで歩き回るような子はいなかったと言いますがそれは事実なのです。

 

昔はそういった障害がある子は救命されていなかったからいなかったのです。

 

早産や不妊治療、陣痛促進剤、帝王切開のような人工的な方法は子どもに多大な悪影響を及ぼします。

 

それによって社会参加もできず苦しんでいる人が多くいるのです。

 

障害者を社会や地域、学校が温かく受け入れるような仕組みが整っているのならばいいのですが、現在の日本は障害者を忌み嫌い迫害する社会になっています。

 

その結果がひきこもり200万人、不登校過去最大の14万人、若者の自殺者戦後最大となっているのです。

 

なんでもかんでもただ生んで助かればいいというのはその子にとっても不幸なことだと思います。




関連記事

no image

立憲民主党が性行為を伴うAVを禁止する法律の制定を検討していく方針を示す(共同通信)

与野党超党派議員による「アダルトビデオ(AV)出演被害防止・救済法案」についての審議が25日の衆院内

記事を読む

no image

八村塁さんを見てるとゴンザガ大学ってめちゃくちゃ良い大学なんだなーと思います。

八村塁さんを見てるとゴンザガ大学ってめちゃくちゃ良い大学なんだなーと思います。  

記事を読む

no image

30人分の54記事とユーチューブを消せと株式会社infimmortalというところから執拗に脅迫されています。

株式会社infimmortalというところから執拗に脅迫、嫌がらせを受けています。  

記事を読む

ミスター慶應の強姦男は暴行じゃなくて殺人未遂でしょ。。

強姦で逮捕されたミスター慶應の渡辺陽太、レイプしたあと女性を寝かせて腹を踏みつけた後、顔面にかかと落

記事を読む

no image

健康への影響が懸念されている有機フッ素化合物が米軍の横田基地から流出していた(朝日新聞)

健康への影響が懸念されている有機フッ素化合物(総称PFAS〈ピーファス〉)を含む泡消火剤について、米

記事を読む

no image

大阪の門真モデルというのは地域ぐるみの監獄ではないか?

子どもの貧困対策として大阪府が門真モデルとして市民が「見守り役」になっているという記事が朝日新聞にあ

記事を読む

プーチンの恋人と噂される中国貧困層出身のウェンディ・デンが凄い!

プーチンの恋人と噂される中国貧困層出身のウェンディ・デンの「女」を使った成り上がりが凄いです!

記事を読む

no image

インターネットカジノの決済代行会社から阿武町に3590万円が返還される(日経新聞)

山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円の一部を使用したとして、同町福田下、無職、田口翔容疑

記事を読む

no image

小田急の事件を起こした対馬悠介の謎。

小田急の事件を起こした対馬悠介36歳には謎が多いです。    

記事を読む

楽天三木谷社長は小学校から高校2年まで通知表は5段階評価で2と3しかなかった。中学時代は父親の財布からお金を盗みタバコを吸いパチンコ、麻雀、競馬にのめり込む不良だった。

楽天社長三木谷さんの名言。     「子供の頃からよく

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ