早産で生まれる赤ちゃんを救命するのはやめた方がいい!!障害が生まれる温床となっている。

公開日: : 最終更新日:2021/01/09 社会, 福祉

早産で生まれる赤ちゃんを救命するのはやめた方がいいです。

 

赤ちゃんは通常妊娠40週前後で生まれてきますが、それが陣痛促進剤や不妊治療などの影響により予定より早く生まれてくることあります。

 

1953年に妊娠28週と定められましたが、その後、1976年に24週に変更となりました。

 

22週となったのは、1990年のことです。

 

現在、22週未満の赤ちゃんも救命した方がいいのではないかという議論があります。

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/10/1002.html

 

しかし早産で生まれてくる子どもは重い障害を抱えてくる割合が非常に高いのです。

 

22週や23週でも重い障害を抱えて生まれてくる子がほとんどです。

 

医療の進歩によって昔ならば亡くなっていた赤ちゃんが救命されて生き延びることになっています。

 

その結果が発達障害者、精神障害者の10倍の増加に繋がっているのです。

 

 

よく団塊の世代の人や高齢者の人が昔は発達障害者などいなかった、クラスで歩き回るような子はいなかったと言いますがそれは事実なのです。

 

昔はそういった障害がある子は救命されていなかったからいなかったのです。

 

早産や不妊治療、陣痛促進剤、帝王切開のような人工的な方法は子どもに多大な悪影響を及ぼします。

 

それによって社会参加もできず苦しんでいる人が多くいるのです。

 

障害者を社会や地域、学校が温かく受け入れるような仕組みが整っているのならばいいのですが、現在の日本は障害者を忌み嫌い迫害する社会になっています。

 

その結果がひきこもり200万人、不登校過去最大の14万人、若者の自殺者戦後最大となっているのです。

 

なんでもかんでもただ生んで助かればいいというのはその子にとっても不幸なことだと思います。




関連記事

警察官が暴力団マネー元手にヤミ金経営

警察官が暴力団マネー元手に「ヤミ金経営」の重大問題(NEWS ポストセブン) https://

記事を読む

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のプロデューサー

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のプロデューサーが朝日新聞の8月16日号に載っていました。

記事を読む

ブロガーのはあちゅうが子供に虐待を行い家に警察が来る。はあちゅうは重度の統合失調症、精神病だと思います。

ブロガーのはあちゅうが子供に虐待を行い家に警察がやってきました。  

記事を読む

no image

生活保護に関しての相談先一覧。生活保護申請にはNPOや政治家、弁護士に同行してもらいましょう!

生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(各地の相談先一覧)https://t.co/Y

記事を読む

no image

沖縄の米軍基地を大阪と神戸に移したらいいと思う!沖縄にばかり基地負担を押し付けるのはダメ!

沖縄の米軍基地を大阪と神戸に移したらいいと思う!   神奈川には厚木基地、横須

記事を読む

no image

中南米マフィア、ギャングの背後にアメリカCIAの存在。

若者や子供誘う「中米ギャング」断ると殺害も。 https://www.yomiuri.co.j

記事を読む

no image

一見良い者に見せて、実は悪いからたちが悪い。

高級ホテルのラウンジでは高級スーツを着たお偉い方がマイナンバー対策について話している。 &nb

記事を読む

no image

韓国で美容整形に失敗する中国人が増加、日本が駆け込み寺に

韓国で美容整形に失敗する中国人が増加、日本が駆け込み寺に http://sp.recordch

記事を読む

no image

茨城県境町の一家殺傷事件で犯人の岡庭由征26歳を逮捕。どういった犯人なのか?

茨城県境町の一家殺傷事件で犯人の岡庭由征(おかにわよしゆき)26歳を本日警察が逮捕しました。

記事を読む

no image

サイゼリヤからイカ料理がなくなる背景にイカ漁獲量の大幅な減少。

http://www.zen-ika.com/ika/data_2_gyokaku.html

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数