なぜGDP成長率の高い新興国に投資してはいけないのか?それは為替差損が大きすぎるから。

公開日: : 経営, 経済, 金融

なぜGDP成長率の高い新興国に投資してはいけないのか?

 

 

 

たとえばこれトルコETFです。

 

2018年1月を見て! 40ドル以上で取引されていたものが8月には20ドル割れになっている。

 

つまり半値。

 

この国はGDP成長率で世界No.1です(笑)

 

それじゃなぜETFが半値になった?

 

それは為替でぶっ殺されたから。

 

新興国投資に熱を上げる投資家は「GDP、GDP、GDP…」ばかりに注目している。

 

でも僕が新興国に投資する際は「為替、為替、為替、為替、為替」を心配しています。

 

つまりキミたちとは注目点が違うということ。

 

(広瀬さん)

 

これはその通りですね。

 

外国株や外貨預金、FX、外貨MMFなどに投資するときは何より為替動向に注意することが一番大切ですね。

 

どれだけ株価が上がろうが、どらだけ新興国の金利が高かろうが、どれだけ新興国のスワップポイントが高かろうが為替が新興国の通貨安になれば利益は一気に吹っ飛びます。




関連記事

no image

技能実習、5千職場で法令違反 過去最多、監督件数も(共同通信)

労働基準監督署などが昨年、外国人技能実習生が働く事業所のうち7334カ所を監督・指導したところ、70

記事を読む

no image

電気自動車はエコではない。電気を作るための石油、石炭、原子力が必要。

電気自動車、EV車がエコであるという見方をよくされていますが、電気自動車はエコではないです。

記事を読む

no image

昼の仕事にも体験入店の導入を!!

夜の仕事で一般的な体験入店を昼の仕事も行えばいいと思います。   ここはあなた

記事を読む

首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。

首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。 https://www.nikkei.com/a

記事を読む

コカ・コーラ社もイルミナティ傘下企業。

コカ・コーラ社もイルミナティ傘下企業ですね。   ロゴマークにはイルミナティの

記事を読む

no image

ユダヤ人・ユダヤ教は2種類ある。悪魔教とモーセの裏十戒。

ユダヤ人・ユダヤ教というのは2種類あるそうです。   一つ目は一般的なユダヤ人

記事を読む

no image

日本政府や厚労省、自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党の考えもメンタリストDaiGoと同じです。

厚労省や立憲民主党がメンタリストDaiGoの生活保護者やホームレスはいらない発言の炎上をうけて、生活

記事を読む

今まで国が職人を大事にしてこなかったつけが回ってきているのではないだろうか。

都内や関東はオリンピックもあって開発が盛んでどこもかしこも職人が足りない足りないという状況になってる

記事を読む

no image

イランとイギリス、アメリカがなぜ仲が悪いのか?の話。(広瀬隆雄さん)

ちょっとアメリカとイランの歴史の話をしますね。   1901年英国の富豪ウイリ

記事を読む

no image

日本はあまり力をつけすぎた出る杭は国家権力が別の誰かにやられてしまう。

許永中さんの「日本の闇を背負い続けた男」(溝口敦)がめちゃくちゃ面白い。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ