暴力団関係者が金銭強奪被害が相次ぐ。背景に被害届が出されにくいことなど。(朝日新聞)

暴力団関係者の金銭強奪被害が相次いでいます。

 

背景に被害届が出されにくいことなどあるようです。

 

暴力団関係者が金銭目的で狙われたとみられる事件が相次いでいる。

 

兵庫県明石市で4月に暴力団関係者が路上で現金入りのバッグを強奪され、今年初めには姫路市の指定暴力団神戸山口組系組長宅から金庫が盗まれた。

 

捜査関係者は「暴力団の資金集めが厳しく、金のある関係者が標的になっているのでは」とみている。

 

県警は6月、明石市の路上で50代の暴力団関係者をバットのようなもので殴り、現金約310万円入りのバッグを奪ったとして、神戸山口組系組長(56)ら計4人を強盗致傷容疑で逮捕した。

 

県警は組長が襲撃を指示したとみているが、組長は容疑を否認しているという。

 

県警は今月1日、事件にからみ神戸山口組本部(神戸市中央区)に家宅捜索に入った。

 

また、捜査関係者によると、1月ごろには姫路市内の別の神戸山口組系組長の自宅から現金入りの金庫が盗まれた。

 

いずれの事件も現金のありかを知った上での犯行とみられるという。

 

捜査関係者によると、暴力団関係者が被害者となる窃盗や強盗事件は全国的にも増えているという。

 

背景には山口組の分裂や暴力団対策法の影響で資金集めが難しくなっている状況があり、関係者を金銭目的で狙っているとみられる。

 

また、被害にあっても警察に届け出ることが少なく狙われやすいという。

 

(朝日新聞)




関連記事

no image

小山恵吾さんが行きつけの美容院が大田区萩中のマルエツの3階にあるイレブンカット。

大田区を愛している小山恵吾さんが行きつけの美容院が大田区萩中のマルエツの3階にあるイレブンカットです

記事を読む

no image

仙台市の国分町の客引きグループ「沖縄グループ」のトップの知念洋文と伊盛瑠希ら3人を逮捕。

宮城県警大和署と生活環境課などは5日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、知念洋文容疑者(36)=仙台市

記事を読む

no image

スカウト会社ナチュラルによる監禁暴行事件で新たにナチュラル幹部の奥田裕之と西川裕希と桃谷一輝ら5人を逮捕。

女性を風俗店などに紹介する国内最大規模の違法スカウトグループ「ナチュラル」のメンバーだった男性が監禁

記事を読む

no image

フライデーが報じた住吉会2次団体と近しい中州のキャバクラとはどこなのか。

フライデーが福岡県に住吉会が進出を加速させているという記事を書いていました。  

記事を読む

いつも書いてるように麻布、六本木はヤクザ、半グレの巣窟ですよ。

「麻布・六本木」の魔窟ネットワーク (関東連合、AKB、大王製紙・井川、折口雅博、海老蔵、押尾学、酒

記事を読む

no image

最近の池袋は10年前の福建マフィアや東北マフィアと住吉会がドンパチやってたときの新宿のような感じになってきているようです。

最近の池袋は10年前の福建マフィアや東北マフィアと住吉会がドンパチやってたときの新宿のような感じにな

記事を読む

no image

住吉会の総裁に福田晴瞭さん、副総裁に加藤英幸さん、副総裁代理に小林忠紘さんが就任。背後に統一教会の存在。

住吉会は総裁に福田晴瞭さん、副総裁に加藤英幸さん、副総裁代理に小林忠紘さんが就任しました。 &

記事を読む

no image

道仁会組員の楢崎寛が男子高校生を暴行したとして逮捕(暴力団ニュース)

佐賀県警唐津署は12日、知人の男子高校生を殴るなどしてケガを負わせたとして道仁会組員の楢崎寛容疑者(

記事を読む

no image

極東会松山連合会幹部で三代目真龍会会長の斎藤修が西伊豆の武器庫に大量の拳銃と実弾を保管していたとして逮捕(暴力団ニュース)

静岡県警は7日、2019年2月に静岡県賀茂郡西伊豆町の民家で大量の拳銃が見つかった事件で、全国指名手

記事を読む

no image

極東会系組員の伊藤一也(38)が別の極東会系組織代表(43)を刃物で刺したとして逮捕(産経新聞)

暴力団の代表の腹を刃物で刺し、殺害しようとしたなどとして、警視庁暴力団対策課は殺人未遂容疑で住居、職

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • wpp header='人気記事ランキング' post_type='post,page' limit=50 range='daily' order_by='views' stats_views=0