工藤会に銃撃された福岡県警元警部が工藤会の野村悟総裁らに対して2968万円の損害賠償請求を求めた訴訟で福岡高裁は工藤会の野村悟総裁らに1623万円の支払い命令。

公開日: : 最終更新日:2023/12/04 ヤクザ・マフィア

福岡高裁で13日、特定危険指定暴力団・工藤會が関与したとされる2012年4月の元福岡県警警部銃撃事件を巡り、元警部側が工藤会トップで総裁の野村悟被告(73)=殺人罪などで公判中=らに約2968万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決があった。

 

西井和徒裁判長は一審福岡地裁判決に続き約1623万円の支払いを命じ、野村被告らの控訴を棄却した。

 

賠償を命じられたのは野村被告の他、ナンバー2の会長、田上不美夫被告(63)、ナンバー3の理事長、菊地敬吾被告(47)、工藤会系組幹部、田口義高被告(54)。

 

一連の市民襲撃事件で、工藤会トップに賠償を命じた高裁判決は初めて。

 

判決で西井裁判長は、野村被告は離脱組員に対する元警部の発言に強い憤りを抱いており、危害を加える動機があったと説明。

 

刑事裁判での実行犯らの確定判決も踏まえ、「野村被告以下の序列に従った指示により行われた」として民法の共同不法行為を認定した。

 

市民襲撃事件を巡っては、野村被告らに損害賠償を求めた歯科医師刺傷事件(14年)の被害者も地裁で一部請求が認められ、現在高裁で和解協議が継続。

 

12年のスナック女性経営者切り付けでは、女性側が約7973万円の賠償を求めて提訴し、1998年の元漁協組合長射殺事件の遺族は、損害賠償命令制度を利用し7800万円の支払いを申し立てている。

 

野村被告の代理人弁護士は「判決文を確認できておらずコメントできない」としている。

 

(暴力団ニュース)




関連記事

no image

ナイトが福岡県警の取り調べを受けたか。昨日の配信で「掲示板、掲示板」とひたすら連呼しながら体を震わせていました。

ナイトが昨日の配信で「掲示板、掲示板」とひたすら連呼しながら体を震わせていました。  

記事を読む

no image

山口組傘下組員の畠山聖一と弟の塗装作業員の畠山親弘がコロナ貸付金を騙し取ったとして逮捕(暴力団ニュース)

長崎県警は、新型コロナの影響で収入が減少した世帯を対象とした国の貸付金をだまし取ったとして、特定抗争

記事を読む

no image

竹垣悟さんが関東連合・弘道会にもの申す。

元竹中組若頭補佐、中野会若頭補佐、古川組舎弟頭補佐の竹垣悟さんが関東連合・弘道会にもの申していました

記事を読む

no image

社員を鍋に突っ込むというパワハラをした芸能事務所は「MELM」

忘年会で社員を鍋に突っ込むというパワハラをしたのは渋谷にある芸能事務所「MELM」だそうです。

記事を読む

no image

高齢女性から310万円を騙し取ったとして福岡市に住む真辺龍太を逮捕(関西テレビ)

高齢女性から現金310万円をだまし取った疑いで、特殊詐欺グループの幹部とみられる男が逮捕されました。

記事を読む

no image

池田組の池田孝志組長の自宅マンションに止めていた車に5発の銃弾を発砲したとして山健組系妹尾組本部長の福岡一彦を逮捕。

池田組の池田孝志組長の自宅マンションに止めていた車に5発の銃弾を発砲したとして山健組系妹尾組本部長の

記事を読む

no image

佐賀市の道仁会組員2人が路上で男性に因縁をつけて暴行を加えケガをさせたとして逮捕(暴力団ニュース)

佐賀県警佐賀南署は4日、路上で男性に因縁をつけ暴行を加えケガをさせたとして、指定暴力団・道仁会組員2

記事を読む

no image

住吉会幸平一家義勇会幹事長三戸組組長の三戸慶太郎と歯科医師の重松武ら14人が診療報酬を1億円以上騙し取ったとして逮捕。

接骨院の療養費を巡る不正受給事件で、千葉県内の歯科医院でも診療報酬をだまし取っていたとして暴力団組長

記事を読む

no image

江戸川区大杉3丁目の路上で40代の山口組組員が何者かに刃物で切り付けられる。

江戸川区大杉3丁目の路上で40代の山口組組員が何者かに刃物で切り付けられました。  

記事を読む

no image

大阪府警が特殊詐欺グループ10人を逮捕(MBS)

高齢者からキャッシュカードをだまし取ったなどとして、11月11日に特殊詐欺グループのリーダー格の男が

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ