尾崎豊さんはアメリカのCIAに殺された。

若者のカリスマ尾崎豊さんは26歳という若さで亡くなっています。

 

 

1992年4月25日に足立区の千住河原町の民家の庭先で変死しているのが発見されました。

 

表向きの死因は肺水腫によるものとされています。

 

しかし尾崎豊の死には多くの疑問が呈されています。

 

尾崎は死亡時に致死量の2、6倍の覚せい剤を飲まされていました。

 

また体中傷だらけで顔はボコボコに殴られていました。

 

そのため医師も不審に思い大きな病院での再度の解剖を遺族に勧めています。

 

覚せい剤を常用している現役のヤクザも言っていますが致死量を超える覚せい剤を自分で飲むことは苦すぎて絶対無理だそうです。

 

実行犯のヤクザは尾崎豊をボコボコにして殺したと証言しています。

 

実行犯のヤクザによると尾崎豊を殺せという上からの指示のもと尾崎を覚せい剤中毒にしてボコボコにしたということです。

 

また1994年にマスコミに流出した死体検案書には覚せい剤を多量に飲まされたことによる死亡であると書かれていました。

 

そのため一時マスコミも尾崎の他殺説を報道していました。

 

尾崎豊の父の健一さんも息子の死に疑問を持っていました。

 

尾崎豊は自殺ではないと訴えています。

 

健一さんは真相究明を求めて10万人の署名を集めて警察署に提出をしています。

https://www.news-postseven.com/archives/20111118_71059.html

 

尾崎豊を殺したヤクザは稲川会ですね。

 

稲川会は直営で大手芸能プロダクションを経営していますし、尾崎の自宅の千住曙町周辺を縄張りとしています。

 

稲川会自体がCIAエージェントだった稲川聖城さんによって作られた組織です。

 

稲川会はアメリカのCIAの実働部隊ということですね。

 

尾崎を殺せというのはアメリカCIAからの意向でした。

 

尾崎は若者を中心に絶大な支持を得ていました。

 

「15の夜」は学校や社会など体制側の抑圧や学校や社会への疑問を歌ったり、支配をぶち壊そうと歌ったりしました。

 

 

「卒業」では現在の支配体制への疑問を投げかけ、今の自由が偽りの自由であることを見抜き、そのメッセージを発しました。

 

 

これはアメリカCIAからするとGHQ統治後の自民党の戦後体制、会社や学校という軍国主義的な管理体制を壊される危険性がありました。

 

アメリカは尾崎豊は若者を共産主義に走らせるのではないか、デモを誘発するのではないか、既存体制への革命や転覆に繋がるのではないか、資本主義への懐疑に繋がるのではないかという危惧を覚えたと思います。

 

そのためアメリカCIAが稲川会を通じて尾崎を自殺、変死に見せかけて殺害したのです。

 

警察とマスコミを自殺に誘導できるのはCIA+イルミナティしかないですからね。




関連記事

no image

日本も近い将来フランスのように風俗やキャバクラに行く客が罰せられる法律ができます!

フランスやスウェーデンなどヨーロッパでは買春者処罰法と言って風俗やキャバクラへ行く客を罰する法律がで

記事を読む

no image

大阪の吹田市のヤンキーを仕切っているのは女子高生の「姫」

大阪の吹田市を仕切っているのは「姫」と呼ばれる女子高生だそうです。   50人

記事を読む

no image

浅草にあるキャバクラ「浅草女子寮物語」の代表にレイプされ中絶手術代を支払わずに逃げられた被害。

      &nbs

記事を読む

no image

【速報】東京都で新たに16人の感染確認。2人重症で人工呼吸器。新型コロナウイルス 専門家会議・尾身茂副座長「流行50日目以降に東京都でオーバーシュート(爆発的感染)が起こる」

【速報】東京都で新たに16人の感染確認。   最多の発表人数、2人重症(ICU

記事を読む

no image

ゆとり教育についての誤解。イノベーションを起こすにはゆとり教育に戻すしかない。

今日は悪名高い「ゆとり教育」について書きたいと思います。   まず、ゆとり教育

記事を読む

no image

若者ハローワーク・ハローワークで職業訓練も積極的にやりましょう。

仕事を探す時は若者サポートステーション(サポステ)やジョブカフェではなく若者ハローワークかハローワー

記事を読む

no image

大阪の半グレグループ「赤松グループ」がミナミでぼったくりキャバクラを営業したとして逮捕(関西テレビ)

大阪・ミナミのガールズバーで15歳未満の少女に接客をさせたとして男らが逮捕されました。 &n

記事を読む

いつも書いてるように麻布、六本木はヤクザ、半グレの巣窟ですよ。

「麻布・六本木」の魔窟ネットワーク (関東連合、AKB、大王製紙・井川、折口雅博、海老蔵、押尾学、酒

記事を読む

読売新聞がロスチャイルド家とロックフェラーの特集。

読売新聞がロスチャイルド家とロックフェラーの特集をしていました。   とても興

記事を読む

no image

日本は養育費を払っていない人が多いと言うのはデマだった。7割の人が養育費を払っている。

日本は養育費を払っていない人が多いと言うのはデマだと内閣府の調査でわかりました。 https:

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数