小学生向け人気ファッション誌の名物編集長(49)がキッズモデルに不適切行為(週刊文春)

公開日: : モデル・芸能, 女性, 少女, 社会

小学生向け人気ファッション誌の名物編集長(49)がキッズモデルに不適切行為(週刊文春)

https://bunshun.jp/articles/-/11006

 

 

小学生向け人気ファッション誌「JSガール」(発売・三栄書房、発行・エルティーエム、隔月刊)のN編集長(49)が、当時在籍していたキッズモデルに、撮影の際、同じホテルの同部屋に宿泊するなどの“不適切行為”を行っていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

 

N氏本人が事実関係を認めた。

 

「JSガール」は高学年の女子小学生がメインターゲットで、数多くの小中学生の読者モデルが在籍。

 

モデル志望の女子小学生にとって憧れの雑誌で、発行部数は11万部とされている(2014年媒体資料より)。

 

A子さん(現在10代後半)もキッズモデルとして活躍していた1人。だが、名物編集長の“不適切行為”にショックを受け、1年ほどで出演を辞退するようになったという。

 

A子さんが初めて同誌の撮影に参加したのは、小学校6年生のとき。撮影現場で創刊当初から同誌の編集長を務めているN氏に出会ったという。

 

N氏は「マック店長」という愛称でモデルたちのSNSでもたびたび名前が取り沙汰されるカリスマ編集長。我が子をモデルにしたいと望む親たちにも広く名前を知られている。

 

「A子ちゃんは地方在住だったのですが、すぐに毎月撮影のために東京に呼ばれるようになったんです。最初はお母さんが同行していました。ただ、お母さんも仕事の都合で毎回はついてこられない。そこで、N編集長がお母さんに『編集部で宿泊費をもちます。東京でのA子ちゃんの面倒はこちらで見ますよ』と提案したそうです」(A子さんの友人)

 

これが“事件”の発端となる。A子さんの宿泊のために用意されたのは品川区にあるシティホテルだった。

 

「ホテルにチェックインしてみると、N編集長とA子ちゃんは同部屋だったそうです。さらに部屋にはダブルベッドが1つ。A子ちゃんはN編集長と同じベッドで寝なければならない。N編集長から母親には隣の部屋を確保していると伝えていたのですが、A子ちゃんは『お母さんには内緒だよ』と言われ、ヘンだなとは思ったそうです」(同前)

 

ただ、小学6年生に拒否することはできなかった。

 

「初めて1人で東京に泊まった夜、N編集長がパンツにバスローブ姿だったのが衝撃的で目に焼き付いていると話していました。同じベッドで寝ていると、N編集長がじわじわと近づいてくる。身体が触れる瞬間もあって、A子ちゃんは『襲われるかもしれない』と感じ、そのたびにトイレに行ったりして、うまくかわしていたそうです。回数を重ねていくたびに、N編集長からの“不適切行為”はどんどんエスカレートしていったそうです」(同前)

 

さすがに不信感を隠しきれなくなったA子さんは、母親に今までのことを打ち明けた。N氏を信頼して我が子を預けていた母親は、怒り心頭。それ以来、A子さんを撮影に寄越さなかったという。

 

事件当時、同誌の発行・発売にあたっていた株式会社三栄書房(現在は発売元)に事実確認を求めると、このように回答した。

 

「N編集長の不適切行為は把握していません。詳しい経緯や事実関係が分からないため、コメントは差し控えさせていただきます」

 

取材班はN氏にも接触。話を聞くと、事実関係を認め、こう述べた。

 

「一緒の部屋で寝たことはあります。ただお母さんが『1人で寝かせるのは不安』と言っていたので、一緒に寝ていたという認識でした。でも、今思えばまずかったなと。やらなければよかったということもあります」

 

現在も芸能活動を行っているA子さんは、友人を介して次のように話した。

 

「ご質問の内容はすべて事実です。当時、私はまだ幼かったので、深く考えていなかった。ですが、いま思うと本当に気持ちが悪い。思い出したくない過去です」




関連記事

no image

子どもの貧困の原因はお母さんの貧困。お母さんを唯一支援しているのが俺のNPOです。

子どもの貧困って原因はそのお母さんにあるわけですよ。   子ども食堂やフード

記事を読む

no image

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがある。

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがあるらしいですね。   方法

記事を読む

no image

芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)の社長の永田寛哲氏がセクハラで提訴される。

芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)の代表取締役社長の永田寛哲氏が虹のコンキスタド

記事を読む

no image

政府が学童保育の職員基準を緩和。

政府(厚労省)は学童保育の職員基準の緩和を発表しました。 https://jp.reuters

記事を読む

no image

映画にもなったメンインブラックは軍産複合体、ディープステイト、CIAの手先機関のこと。

ハリウッド映画として高い人気を博してシリーズ化もされた「メンインブラック」ですが、あれはそもそも映画

記事を読む

no image

藤田孝典がラジオで夜の仕事で働く女性、風俗嬢への職業差別、職業蔑視発言。

また藤田孝典が夜の仕事で働く女性、風俗嬢への職業差別発言、職業蔑視発言をしていました。 htt

記事を読む

no image

生活保護の引き下げの根本的な原因は日本経済の弱さ。

2018年3月30日衆議院本会議での生活保護についての質問。 https://www.yout

記事を読む

no image

レバノンの現状分析、歴史、解説(広瀬隆雄さん)

レバノン? 面白い国ですよ(笑)   ドバイってありますよね? あそこがシリア

記事を読む

no image

秋篠宮と紀子さまは早く眞子さまを小室圭さんと結婚させてあげてほしい!

眞子さまは早く小室圭さんと結婚させてあげてほしいです!   当人同士が愛し合っ

記事を読む

no image

モテないから風俗へ行け!とかモテないからAV男優になる!というのは反対。モテない人はキャバクラに行け!

オタクが風俗に行くのは本当多い!   最近客でオタクが増えてきましたというの

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数