ネリが叩かれてるのが納得いかない!

公開日: : 最終更新日:2018/03/02 格闘技・K-1・キックボクシング・総合, 社会

 

山中対ネリはネリの圧倒的な勝利でした。

 

ここでネリ叩いてる人は本当に恥ずかしい。

 

体重オーバーって前日の計量で1キロだけだし。

 

1キロでは何も変わらないよ。

 

しかも当日の計量はちゃんとパスしています。

 

当日はネリがリバウンド制限をくらって57、5キロ、山中が59、8キロで山中の方が重いです。

 

むしろ減量失敗から前日急激に体重落とすネリの方がコンディションは悪くなると思います。

 

しかも前日の体重超過もネリは栄養士に任せていてその栄養士が間違えてたのだからネリはむしろ被害者な気がします。

 

その栄養士のせいで急激に減量しないといけなくなったわけですから。。

 

しかも前試合のドーピングしてたっていうけど、牛肉に含まれてるものが出ただけです。

 

あなたが普通に牛肉食べてて勝ったらドーピングだと言われたらどう思いますか??

 

ネリにしたらドーピング疑惑までされていい迷惑な話ですよ。

 

ネリが汚いとか、悪者扱いされるのが納得いかない。

 

メキシコの牛肉は普通にドーピングにひっかかる物質が入ってるんですよ。

 

メキシコのボクサーはよくひっかかります。

 

だからネリが前回ドーピングしてたとかいうのは間違いです。

 

あと体重オーバーとか王者剥奪されたのに喜ぶとかも、あれはメキシコ人のラテン気質でとにかくいいかげんな国民性なんです。

 

メキシコだけじゃなくて外国は結構いいかげんだから日本人みたいにきっちりしてない何事も。

 

王者剥奪されて勝って喜んでたのも批判されてますが勝ったんだから喜ぶのは当たり前だと思います。

 

日本人の勝っても喜んじゃいけないみたいなのがおかしい。

 

亀田興毅はソロスが前日計量で一キロ超過してても、体重差は強ければ関係ないと言ってやって勝っています。

 

比嘉もタイトル戦で同じく王者のメキシコ人ボクサーが体重オーバーで王座剥奪されても文句も言わず圧倒して勝っています。

 

負けたら潔く相手を称えないとダメだと思います。

 

亀田興毅や比嘉の方が男らしいです!

 

亀田興毅が言うように体重一キロ差なんか関係ないんですよ。




関連記事

no image

日本財団の笹川良一会長の名言2。

日本財団の笹川良一会長。   金の残し方よりも使い方を覚えるほうが利口である。

記事を読む

no image

日本社会は政治も経済も高齢者が牛耳っている。利権構造を変えるのは容易ではない。

  いまの日本社会は、そういう「昭和」の価値観をひきずった、いつまでもオトナ

記事を読む

no image

西麻布や南青山はヤクザや米軍を広告塔として再開発した方がいい!

町起こしってその土地に根ざしてる文化を前提にしてそこを押し出さないと絶対に成功しない。 &nb

記事を読む

no image

CIA・イルミナティのエージェントだったフジテレビ社長の鹿内信隆さん。

CIA・イルミナティのエージェントだったのがフジテレビ社長の鹿内信隆さんでした。  

記事を読む

FNNプライム(フジテレビ系)がヤフーニュースに風俗業で働く人への職業差別、職業蔑視記事を掲載。

FNNプライム(フジテレビ系)がヤフーニュースに風俗業で働く人への職業差別、職業蔑視記事を掲載してい

記事を読む

no image

渋谷のちとせ会館も松浦グループビル。

渋谷のちとせ会館も松浦グループビルでした。   渋谷のちとせ会館の地下1階に松

記事を読む

アエギ声の大きさ1位が千葉県、2位が福岡県。

  アエギ声の大きい女性1位が千葉県58パーセントで2位が福岡県43パーセン

記事を読む

no image

座間の9人殺しの犯人が新宿のAVプロダクション(スカウト会社)に所属。臓器売買か?

先ほどの警察筋の情報によると座間の9人殺しの男が新宿のスカウト会社のスカウトマンとのことです。

記事を読む

二階俊博幹事長の次男と元山口組福家博之さんの疑惑が週刊誌に取り上げられる。

自民党の二階俊博幹事長と元山口組福家博之さんの疑惑が週刊誌に取り上げられています。 https

記事を読む

「怒羅権・歌舞伎町マフィア最新ファイル」を読みました。

怒羅権 新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル (文春文庫) を読みました。   中

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ