フリースクールの活動報告会に行って来ました。いじめは精神力で立ち向かえ!というおっさんがいました。

公開日: : 最終更新日:2018/02/19 教育, 社会, 福祉, 若者

フリースクールの活動報告会に行って来ました。

 

フリースクールの代表と通ってる子供たちと卒業したOBの人たちシンポジウムでした。

 

代表と子どもたちが〇×クイズという形式でユーモアも入れながら不登校、いじめという暗くなりやすいテーマを明るく進行されていました。

 

終始このシンポジウムで言おうとしていた主張は学校というのは逃げ場所がないし学校という閉鎖空間に馴染めない人もいるので子どもたちの多様な生き方を認めていきましょうということだと思いました。

 

それはその通りで学校に行けない、行きたくないからおかしいというわけではないしむしろ今の時代は学校に行かない方が正解かもしれないと思います。

 

学校自体は戦後の高度成長時代の工場労働者を養成する知識詰め込み教育から変わっていないし、結局公立学校が養成しているのは先生の指示待ちの個性のない人間なんですよね。

 

これでは全くイノベーションは起こせないし現に産業界からは使えないと言われているわけですよね。

 

しかし最後の質問コーナーで50代くらいの現職教師と思われるおっさんが「不登校は甘え、いじめは精神力で立ち向かえ!」と子供たちに説教を始めて空気が凍り付きました。

 

子どもたちは報告会で学校での上履きに画鋲を入れられて足が血だらけになるなど過酷ないじめを報告していたのにです。

 

このおっさんはいじめは教師や校長の力でなくせる!と力説していましたが、まず無理ですね!

 

教師や校長なんかまったく何の役にも立ちませんよ。

 

そもそもいじめを発見しても必死で隠ぺいしているのが今の教師や校長なんですから。

 

そもそもフリースクールの活動説明会というのは今の学校教育がおかしいと思っている人たち向けのものなのに、わざわざそこに来て不登校は精神力が足りないからだみたいに説教しにくるというのは本当に頭がやばいと思います。

 

結局いじめや不登校が増え続けているのはこういう頭でっかちのおっさんが教育界に蔓延しているからではないかなと思いましたね。




関連記事

no image

宇都宮線の車内で男子高校生に暴行した宮本一馬は大阪人だった!ラーメン屋暴行事件に続いてまたしても大阪人!背景に関西の教育行政の問題。

宇都宮線車内で男子高校生に暴行した宮本一馬(28)は大阪人でした!   自由が

記事を読む

no image

スナックのママとホステスを暴行して全治三週間のケガを負わせた甲賀市議が辞職。

甲賀市内のスナックのママとホステスに酔って暴行して全治三週間のケガを負わせた甲賀市議が辞職しました。

記事を読む

no image

自民党清和会の会長の細田博之さんが統一教会の韓鶴子さんをたたえる(日本テレビ)

自民党清和会の会長の細田博之さんが統一教会の韓鶴子さんをたたえていました。  

記事を読む

no image

京都での接客業はめちゃくちゃ大変

  これは間違いない!   東京から京都に行っためっ

記事を読む

no image

なぜ岩手県ではコロナウイルス感染者数がゼロなのか?

なぜ岩手県では新型コロナウイルス感染者がゼロなのか?を考えたいと思います。  

記事を読む

ヨッピーが自分のことを大阪のスラム出身と書いてたけど。

ライターのヨッピーがスーモの渋谷のヤクザマンションに住んでみたという記事で、自分が大阪のスラム出身だ

記事を読む

no image

富裕層になるには繊細さとデリケートさが必要!

  確かに貧困層ほどがさつで粗雑、品がないですよね。  

記事を読む

アニソン歌手の黒崎真音さんがワクチンの副作用で硬膜外血腫に。

アニソン歌手の黒崎真音さんがワクチンの副作用で硬膜外血腫になりました。  

記事を読む

no image

なぜ教員はモテなくて、福祉関係者はモテるのか?

なぜ教員はモテなくて、福祉関係者はモテるのか?   教育現場と福祉の現場を両方

記事を読む

no image

公明党は内からは安保反対と創価学会員の苦情が来て、かといって外からは政教分離に反してると苦情が来るので嫌でも与党にとどまらないといけない矛盾。

公明党が今、安保法案で学会員からすごい苦情が来てるみたいだけど、これは公明党の矛盾さを表してるね。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ