フリースクールの活動報告会に行って来ました。いじめは精神力で立ち向かえ!というおっさんがいました。

公開日: : 最終更新日:2018/02/19 教育, 社会, 福祉, 若者

フリースクールの活動報告会に行って来ました。

 

フリースクールの代表と通ってる子供たちと卒業したOBの人たちシンポジウムでした。

 

代表と子どもたちが〇×クイズという形式でユーモアも入れながら不登校、いじめという暗くなりやすいテーマを明るく進行されていました。

 

終始このシンポジウムで言おうとしていた主張は学校というのは逃げ場所がないし学校という閉鎖空間に馴染めない人もいるので子どもたちの多様な生き方を認めていきましょうということだと思いました。

 

それはその通りで学校に行けない、行きたくないからおかしいというわけではないしむしろ今の時代は学校に行かない方が正解かもしれないと思います。

 

学校自体は戦後の高度成長時代の工場労働者を養成する知識詰め込み教育から変わっていないし、結局公立学校が養成しているのは先生の指示待ちの個性のない人間なんですよね。

 

これでは全くイノベーションは起こせないし現に産業界からは使えないと言われているわけですよね。

 

しかし最後の質問コーナーで50代くらいの現職教師と思われるおっさんが「不登校は甘え、いじめは精神力で立ち向かえ!」と子供たちに説教を始めて空気が凍り付きました。

 

子どもたちは報告会で学校での上履きに画鋲を入れられて足が血だらけになるなど過酷ないじめを報告していたのにです。

 

このおっさんはいじめは教師や校長の力でなくせる!と力説していましたが、まず無理ですね!

 

教師や校長なんかまったく何の役にも立ちませんよ。

 

そもそもいじめを発見しても必死で隠ぺいしているのが今の教師や校長なんですから。

 

そもそもフリースクールの活動説明会というのは今の学校教育がおかしいと思っている人たち向けのものなのに、わざわざそこに来て不登校は精神力が足りないからだみたいに説教しにくるというのは本当に頭がやばいと思います。

 

結局いじめや不登校が増え続けているのはこういう頭でっかちのおっさんが教育界に蔓延しているからではないかなと思いましたね。




関連記事

日本ユニセフ協会の「被災者に渡らない募金」が暴かれた(週刊ポスト)

日本ユニセフ協会の「被災者に渡らない募金」が暴かれました。(週刊ポスト)  

記事を読む

no image

東京・三鷹市にある「こども食堂」で配られた弁当から食中毒が発生し、子どもなど60人が、下痢や腹痛などの症状を訴えた(フジテレビ)

東京・三鷹市にある「こども食堂」で配られた弁当から食中毒が発生し、子どもなど60人が、下痢や腹痛など

記事を読む

no image

宮台真司とヤクザ

「売買春やクスリのフィールドワークをする際にヤクザにケツ持ちしてもらいました。おかげでこの方面でたく

記事を読む

no image

「日本人は自分の体に合わせた洋服を作るのは下手。押し付けられた洋服に体を合わせるのは上手い。」宮澤喜一元総理大臣

日本人は自分の体に合わせた洋服を作るのは下手。   押し付けられた洋服に体を合

記事を読む

no image

夜回り先生こと水谷修先生が大の公明党支持者だった。

  夜回り先生こと水谷修先生はこんなに公明党支持者だったんですね!

記事を読む

no image

障害者就労継続支援事業所「グラスト」が障害者に盗品を磨かせていて逮捕。

神戸市長田区で障害者就労継続支援事業所「グラスト」(定員20人)を運営。  

記事を読む

no image

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で入所者の男性に暴行を加えて死亡させる(毎日新聞)

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で今年3月、入所者の男性(当時30歳)

記事を読む

no image

川越、歌舞伎町のカジノを襲い住吉会川越平塚一家、住吉会幸平一家加藤連合と衝突。

    川越や歌舞伎町のカジノで暴れて住吉会川越平塚

記事を読む

no image

性的な目的で教師や学童の職員、里親になる人はかなり多い。

教師でも児童養護施設の職員でも学童の職員でも青少年施設の職員でも若者支援NPOの職員でもスクールカウ

記事を読む

no image

坂本龍馬、桂小五郎、高杉晋作など維新志士の子孫の自民党清和会VS徳川幕府の戦いが参院選で再び実現!

参院選の静岡選挙区に立憲民主党が、徳川家宗家の19代目・徳川家広氏を擁立する方向で最終調整しているこ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数