俺がNPOの仕事が好きなのはNPOがいろいろな人と接し教育する教育職だからだった!!

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 教育, 日記, 社会

今日もお店の仲良い黒服の人と飲みに行ったんですが、そのときちょうど仕事を紹介してる女の子から電話があり、中座しました。

 

内容は都内のキャバ入ってやってる女の子から地元の福岡だと月100万以上稼げたのに都内だと月30万とかしか稼げないありえない!という地方から都内でてきたあるあるでした。

 

この福岡が場合により名古屋になったり静岡になったり札幌になったり祇園になったり北新地になったりします。

 

そのたびに俺は都内っていうのは地方とは容姿レベルや接客レベルが違うんだよということや、競争が激しくデフレ市場であることを説明します。

 

黒服の人のところに戻り言いました。

 

「こういう地方から都内に出てきた女の子に本当よくある内容の電話でした。

 

無事納得してもらえてよかったです。

 

最近思うのはNPOの仕事の大きな部分って女の子が思ってる自分の価値と都内のお店のその子に対する市場価値のギャップを埋めることなんじゃないのかなと思いますね。」

 

そういうことを言っていると、黒服の人に「だいわさんってこういうことを聞いてると、教師からなんで女性を幸せにするNPO代表になったのかよくわかりますね。人と接して何かを教えるのが好きなんだなー!というのが話しぶりから伝わってきますよ」と言われました。

 

確かに言われてみて自分は教師的なNPOなのかなーと思いました。

 

NPOの仕事自体がいろいろな人と接してその人の人生にとって少しでもプラスになるように教えるという意味では教育と同じなのだと思います。

 

黒服の人にNPOの仕事と同様、キャバクラの仕事もそうですよ!と教えられました。

 

俺が「キャバクラの仕事もですか?」と聞くと、AさんとBさん、Cさん、Dさんの担当になり一緒に売上を上げていくようにするということは、その女の子たちを教育するということだと思いますよと言われました。

 

自分が担当しているAさんの売上が上がらない、指名が返ってこない、今いち接客ができない、~の系統のお客さんに弱いとなったときは、そこを的確に指摘してAさんを教育しないといけませんよと言われました。

 

また教師が保護者や委員会の人などさまざまな利害関係者とコミュニケーションしないといけないのと同様、キャバクラの黒服もいろいろなお客さんに合わせてコミュニケーションしないといけません。

 

 

自分自身、なぜNPOの仕事が好きなのか?

 

とそこまで深く考えたことがなかったので、今日のその黒服の人の指摘は、あー!!NPOも教師と同じ教育職だから好きだったんだー!!とストンと何か腑に落ちましたね。

関連記事

現状ぼったくりを規制する法律がないので、対策としてぼったくり店に行かないということしかありません 。

ニッチ弁護士(細かな分野に特化した弁護士のこと)。 今度は「新宿歌舞伎町のボッタクリ被害に特化した弁

記事を読む

no image

ちっさい子ども

今電車乗ってたら、若いお母さんがちっさい子ども抱えて乗って来はって、子どもがいろんなもの指指して「イ

記事を読む

no image

生活保護貰いながら、扶養に入りながらキャバクラや風俗をしてもいい。なんでも杓子定規に考える方がおかしい。

正直今キャバ嬢や風俗嬢のシングルマザーで生活保護貰いながら働いてる人はたくさんいる。 &nbs

記事を読む

no image

年収700万円のキャバ嬢や風俗嬢を国税が摘発したら、国税は一人あたり135万円を還付しないといけなくなるので、絶対そんなバカなことはしません。

キャバ嬢に確定申告を徹底させると、税務署はせっかく10.21%も取った源泉徴収を還付しなければな

記事を読む

no image

風俗を無意識のうちに差別しているから、風俗に引き入れるとか落とし込むというような表現が発せられる

風俗に引き入れる、風俗に落とし込むみたいな表現を使う人自体が風俗を無意識のうちに差別してるんだよね。

記事を読む

no image

夜の世界でスカウトを否定してソーシャルワークはできない!ソーシャルワークは衣食住の三つの柱が必要なんだよ。

夜のソーシャルワークをやろうとしたら夜のことを否定してはできない。   なぜ

記事を読む

オタクに必要なのは「オタクのための風俗ガイド」ではなく「オタクのためのキャバクラガイド」

眠田直さんの「オタクのための風俗ガイド」というのが発売されて話題になっています。  

記事を読む

no image

歌舞伎飲み行ったとき、どのキャッチもオレテラだけは紹介できないって言うのなんでなんだろう?

歌舞伎飲み行ったとき、どのキャッチもオレテラだけは紹介できないって言うのなんでなんだろう? &

記事を読む

no image

明石家さんまさんは銀座や新宿や渋谷じゃなく、なんで六本木のキャバクラが好きなのかな??

明石家さんまさんは銀座や新宿や渋谷じゃなく、なんで六本木のキャバクラが好きなのかな??

記事を読む

no image

高層ビルの中に小学校ってどうなんやろう。。

だいわりゅう@daiwaryu1121高層ビルの中に小学校は嫌やな。。 学校行く気失せる。。 ht

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数