鈴木涼美さんの「AV女優の社会学」を読んで。

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 書評, 社会

鈴木涼美さんの「AV女優の社会学」を読み終えました。AV業界の仕組みについてざっと書かれているので、AV業界について知らない人は興味深いと思います。

 

メインのテーマとなっている著者の主張は彼女たちがVの中のインタビューなどで自身がなぜAV女優になったのかということを内発的に湧き上がったものとして答えているのではなく、メーカーや視聴者目線に立ってメタ視点に立つことで典型的な溌剌と明るいAV女優像を事後的に確立していくということです。

 

作品ごとで動機語りが繰り返されることで、最初はメーカ―や視聴者向けに用意されていたものであったはずのものが自分の中で吸収されていくことでより「AV女優」に近づいていくということでした。

 

要は最初は普通の女の子もVのインタビューで動機語りを繰り返していくことで自然と「自由意思」の気分を持ってAV女優になっていくんですよということですね。

 

最後のページで「そしてそのAV女優たちの気分は、私たちと彼女たちを差別化するものではなく、それらが地続きであるからこそ獲得されるものなのである。少なくとも私たちの気分と彼女たちの気分が、もともと別物であったならば、彼女たちは自由意志を獲得する必要すら感じないだろう。」と書かれています。

 

著者の言う、最初は女の子がAVを始めた本当の動機(スカウトに声をかけられたから、お金がなくて)を語っていたときの普通の女の子からメーカーや視聴者、プロダクションの目を意識して語りなおされることで「AV女優」になっていくということに少し疑問を感じてしまいました。

 

 

帯文での小熊英二さんの「不可視の汚れる前の魂を探そうとした試行の記録」北田暁大さんの「紡ぎだされていく彼女たちの自由意志」 ここに違和感を感じてしまいました。

 

あまりスカウトという立場上書きづらいけど、AVをやるという子は普通の子とはどこか違うと思います。 AVというのは風俗やキャバクラと違って残るものだし、消せないものです。 普通の子がメーカーやダクションを意識して動機語りを繰り返したところでAV女優には変容しないと思のです。

 

プロダクション時点からの参与観察だと面接を通して変容したと感じるかもしれないが、スカウトから始めた参与観察だとまた違ったように感じるのではないだろうか? スカウト段階から関わっていると、はたしてそれが変容だとは感じられるのだろうか。

 

鈴木涼美さんは本著のあとがきでも書いていますが、著者自身ブルセラ女子高生でパンツを売っていて、その後慶應から東大の院に行き本も出し、立派にOLになったという自負から、ブルセラパンツ売りは転向前の宮台さんの言うように憂うべきものではないんだということを言っています。

 

ブルセラパンツ売りは現代に直すとJKリフレであり、JKパンツ小屋、JKパンツ売りになるのだと思います。 これに関しても俺は涼美さんの意見には疑問を感じます。 宮台さんのその後の調査でもブルセラ時代に持ち上げられたパンツ売り女子高生は成人後ほとんどメンヘラになってしまいました。

 

また俺自身スカウトしていると、渋谷や池袋、横浜、新宿などのパンツ小屋やパンツ売り、JKリフレ、JK散歩の女子高生と多く接触する機会がありましたが、 あの子たちはやっぱりメンヘラですよ。 普通の女子高生と同じなのかと問われたら違いますよ。

 

当時のブルセラ女子高生を俺は知らないけど、今は普通に暮らしているように見えても、本当の部分で彼女たちはメンヘラなのだと思いますよ。

 

 

関連記事

no image

大和彩さんの「失職女子」読んだけど全く必死さが伝わってこない。セックスワーカーを見下しすぎ!!

    大和彩さんの失職女子読んだけど、ところどころで風俗を

記事を読む

最近の女の子の私服はキャバのミニドレス以上の露出具合。

最近のリゼクシーでもアナップでもロイヤルパーティーでもそうだけど、女の子の私服がキャバクラのミニドレ

記事を読む

no image

生活が苦しいとか言ってる正社員や派遣社員が自民党や民進党に票入れてるのは自業自得としか言えない。

日本がねじ曲がってるのは、貧困の問題で苦しむ若年層が朝日新聞や日本共産党を嫌って自民党や民進党支持だ

記事を読む

今日の読売新聞のホワイトハンズの風テラスの記事は風俗産業への職業差別、蔑視を強めるだけですよ!

今日の読売のホワイトハンズの風テラスの記事。   「風俗産業離れる手助け」で

記事を読む

no image

渋谷は1本通りが違うだけでいる人の人種が変わる面白い街。

渋谷が若い輩の街ってよく勘違いされてるのは、90年代や00年代のギャルやチーマーのイメージが強いから

記事を読む

no image

会員制ラウンジの方がキャバクラよりも冷たいし難しい。

高級ラウンジや会員制ラウンジがノルマなくてお酒飲まなくて客層良くて楽とか思ってたら大間違いだからね!

記事を読む

no image

確かに鹿児島出身の女の人胸でかい気がする。

なぜ鹿児島県は勝負下着の所有率が高いのか......「Cカップ」以上の女性はなんと73.6% -

記事を読む

no image

ネットカフェ難民とかホームレス、未成年売春の根本は日本の不動産システムの欠陥にある!

不動産を紹介しているとよくわかることだけど、不動産の保証人制度というのが全く有名無実化していると思う

記事を読む

no image

女性が望む年収1千万円以上の未婚男性って日本に0、4パーセントしかいないそうですよ。。

20歳から49歳までの 「バツなし未婚男」 の中で年収1000万円以上の割合はわずか0.4%らし

記事を読む

no image

悪徳弁護士はバカな犯罪者、債務者から搾取し、悪徳税理士はバカなキャバ嬢、風俗嬢から搾取します。

悪徳弁護士はバカな犯罪者、債務者から搾取し、悪徳税理士はバカなキャバ嬢、風俗嬢から搾取します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数