鈴木涼美さんの「AV女優の社会学」を読んで。

公開日: : 最終更新日:2017/06/02 書評, 社会

鈴木涼美さんの「AV女優」の社会学 [ 鈴木涼美 ]を読み終えました。

 

AV業界の仕組みについてざっと書かれているので、AV業界について知らない人は興味深いと思います。

 

メインのテーマとなっている著者の主張は彼女たちがVの中のインタビューなどで自身がなぜAV女優になったのかということを内発的に湧き上がったものとして答えているのではなく、メーカーや視聴者目線に立ってメタ視点に立つことで典型的な溌剌と明るいAV女優像を事後的に確立していくということです。

 

作品ごとで動機語りが繰り返されることで、最初はメーカ―や視聴者向けに用意されていたものであったはずのものが自分の中で吸収されていくことでより「AV女優」に近づいていくということでした。

 

要は最初は普通の女の子もVのインタビューで動機語りを繰り返していくことで自然と「自由意思」の気分を持ってAV女優になっていくんですよということですね。

 

最後のページで「そしてそのAV女優たちの気分は、私たちと彼女たちを差別化するものではなく、それらが地続きであるからこそ獲得されるものなのである。少なくとも私たちの気分と彼女たちの気分が、もともと別物であったならば、彼女たちは自由意志を獲得する必要すら感じないだろう。」と書かれています。

 

著者の言う、最初は女の子がAVを始めた本当の動機(スカウトに声をかけられたから、お金がなくて)を語っていたときの普通の女の子からメーカーや視聴者、プロダクションの目を意識して語りなおされることで「AV女優」になっていくということに少し疑問を感じてしまいました。

 

帯文での小熊英二さんの「不可視の汚れる前の魂を探そうとした試行の記録」北田暁大さんの「紡ぎだされていく彼女たちの自由意志」 ここに違和感を感じてしまいました。

 

AVをやるという子は普通の子とはどこか違うと思います。

 

AVというのは風俗やキャバクラと違って残るものだし、消せないものです。

 

普通の子がメーカーやダクションを意識して動機語りを繰り返したところでAV女優には変容しないと思のです。

 

プロダクション時点からの参与観察だと面接を通して変容したと感じるかもしれないが、スカウトから始めた参与観察だとまた違ったように感じるのではないだろうか?

 

スカウト段階から関わっていると、はたしてそれが変容だとは感じられるのだろうか。

 

鈴木涼美さんは本著のあとがきでも書いていますが、著者自身ブルセラ女子高生でパンツを売っていて、その後慶應から東大の院に行き本も出し、立派にOLになったという自負から、ブルセラパンツ売りは転向前の宮台さんの言うように憂うべきものではないんだということを言っています。

 

ブルセラパンツ売りは現代に直すとJKリフレであり、JKパンツ小屋、JKパンツ売りになるのだと思います。 これに関しても俺は涼美さんの意見には疑問を感じます。 宮台さんのその後の調査でもブルセラ時代に持ち上げられたパンツ売り女子高生は成人後ほとんどメンヘラになってしまいました。

 

また俺自身アウトリーチをしていると、渋谷や池袋、横浜、新宿などのパンツ小屋やパンツ売り、JKリフレ、JK散歩の女子高生と多く接触する機会がありましたが、 あの子たちはやっぱりメンヘラですよ。

 

普通の女子高生と同じなのかと問われたら違いますよ。

 

当時のブルセラ女子高生を俺は知らないけど、今は普通に暮らしているように見えても、本当の部分で彼女たちはメンヘラなのだと思いますよ。

 

 




関連記事

no image

警視庁は一時頓挫した麻布、南青山、恵比寿、六本木エリアのラウンジやキャバクラ、クラブの重点摘発を再開。

西麻布の会員制ラウンジロジックに警察入りましたね。   風営法改正で住宅地近

記事を読む

no image

体入ドットコムでキャバクラだと思って体入するとピンサロやセクキャバだったという被害があるようです。

体入ドットコムからキャバクラだと思って体入するとピンサロやセクキャバだったという被害があるようです。

記事を読む

no image

曳舟と東野圭吾(幻夜の舞台)

幻夜で主人公の男が関西から何の縁もゆかりも無い中、本当は関西に帰りたいという気持ちを胸に秘めながらも

記事を読む

no image

60年代の若者も今の若者も変わらないな。

NHKで60年代の若者の様子をやってたけど、今と変わってないよね。   クラブ

記事を読む

no image

就活の問題と夜の世界の採用の問題は同じ。身の丈に合ったところがわからないから100社も受けるはめになる。

新卒一括採用や就職協定の問題と夜の世界の採用の問題って近いところがあると思うんですね。 &nb

記事を読む

no image

夜の世界もグローバル化。風俗嬢やキャバ嬢が海外に出稼ぎに行き稼いでいる。

製造、サービスなどあらゆる昼の分野でグローバル化が進んでいます。   しかしこ

記事を読む

no image

日本は学歴よりも容姿の方がはるかに重要な社会。日本はキャビンアテンダントからトヨタまでみんなキャバ嬢。

日本の女性は働き者でとても優秀なのに、日本のテレビを見ていると豚まんみたいな男のアナウンサーとポルノ

記事を読む

no image

本田由紀先生にぶちギレられた話。「女性の敵は女性」なんだなと実感しました。

本田由紀先生と風俗やキャバクラなど夜の仕事についての考えで言い合いになった笑  

記事を読む

no image

10代のギャルの子からNPOに相談。高齢者の人はギャルの子への差別発言をやめてほしい!

10代の金髪のギャルの子からうちのNPOに相談がありました。   友達と地元の

記事を読む

no image

年収700万円のキャバ嬢や風俗嬢を国税が摘発したら、国税は一人あたり135万円を還付しないといけなくなるので、絶対そんなバカなことはしません。

キャバ嬢に確定申告を徹底させると、税務署はせっかく10.21%も取った源泉徴収を還付しなければな

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です






  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数