川口市の違法カジノ賭博店「サーカス」を摘発。住吉会幹部ら18人を逮捕(暴力団ニュース)

公開日: : 最終更新日:2023/09/24 インターネットカジノ, ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ

埼玉県警捜査4課と蕨署、川口署の合同捜査班は14日までに、「バカラ」賭博を行い違法な収益を得るなどしていたとして、川口市の違法カジノ賭博店「Circus(サーカス)」を摘発した。

 

賭博場開帳等図利と同ほう助、賭博の疑いで、店舗責任者の花谷智裕容疑者(50)=蕨市南町3丁目=、永野文滋容疑者(58)=草加市西町=、指定暴力団・住吉会傘下幹部(65)=東京都葛飾区立石6丁目=ら従業員と客の男女計18人を逮捕した。

 

逮捕容疑は、今月12~13日、川口市西川口1丁目の同店でバカラ賭博を行い、違法な収益を得るなどした疑い。

 

県警は共犯事件として認否を明らかにしていない。県警は13日午後、同店を家宅捜索し、現金約1225万円とバカラ台4台、トランプ、チップなど数十点を押収した。

 

同店は新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令されている期間中も「3密」の店内で24時間営業を継続。

 

客の中には「コロナで仕事や収入が減り、一発もうけてやろうと思ってやった」と供述している者もいるという。

 

県警は15日付で、蕨署に40人体制の特別捜査班を設置。同店の売り上げが暴力団組織の資金源になっている可能性があるとみて、全容解明を進める。

 

同店は2017年8月、社交飲食店やゲームセンターとして営業許可を受けていたが、遅くとも昨年6月ごろから違法賭博を実施。

 

1日10人程度の客を集めていた。ビル5階の一室に設けられた窓のない213平方メートルの密閉された店内で、複数の従業員と客が密接していたという。

 

昨年6月上旬、匿名の男性から「西川口駅界隈でバカラ賭博を開いている」と県警に情報提供があり、従業員や客の出入りを確認するなどして捜査していた。

 

(暴力団ニュース)




関連記事

瓜田純士さんの舎弟の250番さんとシラフジャンキーさんが下北沢の顔の岬たんと下北沢のカフェでコラボ。

瓜田純士さんの舎弟の250番さんとシラフジャンキーさんが下北沢の顔の岬たんとコラボしていました。

記事を読む

no image

千葉県市原市の双愛会本部事務所を山口組幹部たちが訪れる(フライデー)

千葉県市原市の長閑な住宅街がにわかに騒がしくなったのは7月17日のことだった。  

記事を読む

認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹さんと関東連合とルフィ事件。

ルフィ事件に連なる連続強盗事件の主犯格として小宮生嗣さんが逮捕されていました。 https:/

記事を読む

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出された。

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出されたことを司組長が産経新聞に語っていました。

記事を読む

KGB幹部の内藤裕さんがユーチューバーに。

KGB幹部の内藤裕(ないとうゆたか)さんがユーチューバーになるということを本人が話していました。

記事を読む

no image

警察は座間の事件はチャイニーズマフィアの関与を捜査中か?

どうも警察筋は座間の事件はチャイニーズマフィアが関係しているのでは?と捜査しているようですね。

記事を読む

no image

2022年の岸和田だんじり祭りで弘道会司興業の杉原厚博さんと弘道会野内組権太会の西田剛さんが喧嘩に。

2022年の岸和田だんじり祭りで弘道会司興業の杉原厚博さんと弘道会野内組権太会本部長で剛心会会長の西

記事を読む

no image

道仁会池田組組長の松隈達也と元妻の松隈真由美が佐賀県の支援金を騙し取ったとして逮捕(暴力団ニュース)

福岡県警は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自主的に休業した飲食店に給付する佐賀県独自の

記事を読む

no image

山口組組員の青木佳治ら4人が会社役員の男性から250万円を脅し取ったとして逮捕(暴力団ニュース)

埼玉県警飯能署は10日、特定抗争指定暴力団六代目山口組傘下組員の青木佳治容疑者(38)=埼玉県秩父市

記事を読む

no image

13年前に福岡県大木町で元警察官の男性を銃撃して重傷を負わせたとして道仁会幹部ら3人を逮捕。

13年前、福岡県大木町で元警察官の男性(82)が銃撃され重傷を負った事件で、警察は7日までに道仁会松

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ