千葉県印西市の防火貯水槽の殺人事件で住吉会幸平一家大昇會舎弟頭で藤本組組長の森義明に懲役22年の判決(千葉日報)

印西市の防火貯水槽内で2020年10月、左足首が切断された男性の遺体が見つかった事件で、殺人と死体損壊・遺棄などの罪に問われた住所不定、指定暴力団住吉会系組幹部、森義明被告(65)の裁判員裁判論告求刑公判が27日、千葉地裁(福家康史裁判長)であり、検察側は「実行役に指示し、全体の流れをつくった首謀者。責任は重い」として懲役30年を求刑した。

 

弁護側は無罪を主張し、結審した。

 

判決は3月10日。  

 

論告で検察側は「暴力団幹部が口封じのために行った組織的犯行。

 

動機は身勝手で悪質」と指摘。

 

弁護側は「実行役の単独的犯行。共謀した証拠は実行役の供述しかなく、実行役は刑を軽くするためにうそをついている」と主張した。  

 

起訴状などによると、仲間と共謀し20年10月18日、千葉市花見川区の駐車場に止めた車の中で、成田市の会社員、宮内孝介さん=当時(46)=の首などを刃物で複数回突き刺すなどして殺害。

 

同月21日に八千代市の空き地に止めた車の中で左足首を切断し、遺体を印西市の防火貯水槽内などに遺棄したとされる。

 

(千葉日報)

 

3年前、印西市の防火水槽で46歳の男性の遺体が見つかり、暴力団員など6人が殺人などの罪で起訴された事件で、千葉地方裁判所は犯行を指示するなど重要な役割を果たしたとして65歳の暴力団幹部に懲役22年の実刑判決を言い渡しました。

 

3年前の2020年10月、成田市の運送業、宮内孝介さん(当46)が殺害され印西市内の防火水槽で遺体が見つかった事件では、住吉会系暴力団幹部、森義明被告(65)ら6人が殺人などの罪に問われました。

 

10日は犯行を指示したとされる森被告に対し判決が言い渡され、千葉地方裁判所の福家康史裁判長は「当時の状況や被告から電話で指示を受けたする実行役の供述などから殺害を首謀したと認められる」として懲役22年の実刑判決を言い渡しました。

 

判決のあと、被告側は不服として控訴する考えを示しました。

 

この事件で千葉地方裁判所は実行役を担ったとして2人を有罪、共犯とされた3人を裏付ける証拠がないとして無罪にしています。

 

(NHKニュース)

 

森義明は日本のヤクザ。

 

指定暴力団・住吉会副会長補佐、十三代目幸平一家・二代目大昇會舎弟頭、二代目藤本組組長。

 

二代目藤本組は所在地不明の暴力団で、指定暴力団・住吉会の四次団体。

 

上部団体は十三代目幸平一家・二代目大昇會。




関連記事

no image

フライデーが報じた住吉会2次団体と近しい中州のキャバクラとはどこなのか。

フライデーが福岡県に住吉会が進出を加速させているという記事を書いていました。  

記事を読む

no image

住吉会家根弥一家幹部の片山こと小川淳が浅草でビラ配りをしていた男性を脅迫したとして逮捕。

東京・浅草でみかじめ料を脅し取ろうとした疑いで、ラムネ売りの暴力団組員が逮捕された。 &nb

記事を読む

no image

国際ロマンス詐欺で2600万円を騙し取ったとしてガーナ国籍のナナ・コフィ・ボアティンを公開手配(関西テレビ)

いわゆる「国際ロマンス詐欺」と呼ばれる事件で警察は詐欺グループのリーダーでガーナ人の男を公開手配しま

記事を読む

no image

大牟田市岬の路上で九州誠道会会長補佐の井場徹さんを射殺したとして道仁会平野組組長代行の吉川和人被告に無期懲役の判決。

2008年9月15日午前9時35分ごろ、大牟田市岬の路上で九州誠道会(浪川会)会長補佐の井場徹さん(

記事を読む

no image

旭琉会ナニワ一家組員が酒気帯び運転で逮捕(暴力団ニュース)

豊見城署は29日、沖縄県那覇市山下の路上で酒気を帯びたまま車を運転したとして、旭琉会「二代目ナニワ一

記事を読む

no image

関東連合の西山さんは一人で高円寺の住吉会系向後睦会の本部に乗り込んでいた。

最近、関東連合の西山さんは一人で高円寺の住吉会系向後睦会の本部に乗り込んでいたそうです。 &n

記事を読む

no image

山口組小西一家東総業組長の東直希(島直輝)が富山市の路上で大麻を譲り渡したとして逮捕。

富山県警は18日、富山市の路上で大麻を譲り渡していた疑いで行方を追っていた山口組小西一家東総業組長の

記事を読む

no image

山口組弘道会導友会幹部の都築幹俊がメイド喫茶を経営していたとして逮捕(暴力団ニュース)

愛知県警中村署は16日、無許可でメイド喫茶を経営したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会導

記事を読む

no image

松浦大助さん、松浦グループが日本のカジノ利権獲得、カジノ参入に動くも失敗。

松浦大助さん、松浦グループが日本のカジノ利権獲得、カジノ参入に動きましたが失敗しました。 &n

記事を読む

no image

ナイト(稲村尚志)と松浦グループ。

ナイト(稲村尚志)と松浦グループ。   ナイト(稲村尚志)の前にいるのがサマン

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ