「松本」という人物が私の家に記事を書くのをやめろ!と脅しにやってきました。

「松本」と名乗るサングラスを頭にかけて日焼けをした30代くらいの人物がいきなり私の家にやってきて、「記事をかくのをやめろ!」と脅してきました。

 

また私の親に対しても「息子さんに記事を書くのをやめさせてください!被害者が多数でています」などと言って親に対しても圧力をかけてきました。

 

まず私の記事や投稿に文句があるのならば、お問い合わせフォームやメールアドレスに連絡してくるのが常識であって、いきなり家にやってきて、更新をやめろ!とか記事を書くな!とか言ってくるのは迷惑極まりないし、表現の自由への侵害で違法行為です。

 

そして相手に誰がどの記事に対して被害を訴えているんですか?具体的にどの記事のどこを消してほしいんですか?と聞いても、「それは答えられない」「そのことを記事にされたら困る」「依頼主のことは売れない」などと言って答えようとしませんでした。

 

ただただ「たくさん被害者がいる」としか言ってきませんでした。

 

こちらとしても誰の何のことに関しての記事に文句があるのか言わないと、対応のしようがありません。

 

それを言うと、向こうは「来週また来ます。その時には誰がどこに文句があるのか言います。」と答えて帰っていきました。

 

まず問い合わせ先のメールアドレスに連絡してくるのが常識であって、家にいきなり押しかけて更新をやめろ!記事を書くな!と言ってくるのは失礼極まりないです。

 

しかも文句があると言っておきながら、誰のどの記事についてかも言えませんというのは、こちらへの迷惑行為にしか他なりません。

 

「過去に駒崎弘樹さんと裁判したことがあるだろう」などとも言ってきましたが、それもこちらは事実しか言っていないし、相手の悪事を暴いただけです。

 

そうしたら、相手側がスラップ訴訟で言論弾圧をしかけてきただけです。

 

そのときの裁判でも私が言っていたことはすべて事実であると認められています。

 

駒崎弘樹さんの件に関して言えば被害者は明らかにこちらです。

 

悪いことをしているのは駒崎弘樹さんであり、こちらはそれを暴いただけですから。

 

家に押しかけて言論を封殺しようとする行為は表現の自由への侵害であり違法です!

 

また来週来ると言っているので、来たら警察につきだしてやろうと思います!




関連記事

ディアトロフ峠事件の犯人はソ連軍か。自然災害や獣害ではなかった。

NHKのダークサイドミステリーでディアトロフ峠事件を放送していました。   こ

記事を読む

no image

世界救世教はイルミナティ傘下宗教。

世界救世教はイルミナティ傘下宗教です。   世界救世教の創設者の岡田茂吉は大本

記事を読む

no image

未成年の少女を救うためにも民法の成人年齢をいち早く下げるべき。

AV出演強要対策にも逆行? 民法成人年齢引き下げは、若者を食い物にする被害を増やさないか(伊藤和子)

記事を読む

no image

最低賃金平均901円=上げ幅、過去最大27円-東京、神奈川は初の1000円超え(時事通信)

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は31日、2019年度の最低賃金(時給)の目安を全国平均で2

記事を読む

no image

マイニングエクスプレスの持続化給付金詐欺事件の摘発は16人に(産経新聞)

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだましとったとして、東京国税局の職員ら7人が警視庁に逮捕さ

記事を読む

モデルや女優、レースクイーン、キャバ嬢でボクシングを始める人が急増中。

志田未来、プライベートでボクシング通い「終わった後のシャワーが快感」【動画付き】(オリコン) - Y

記事を読む

ライターの雨宮まみさんはCIAに殺された。

ライターの雨宮まみさんはCIAに殺された可能性が高いと思います。  

記事を読む

no image

中南米マフィア、ギャングの背後にアメリカCIAの存在。

若者や子供誘う「中米ギャング」断ると殺害も。 https://www.yomiuri.co.j

記事を読む

no image

ドワンゴ、角川の黒幕は松浦大助さん、朝堂院さん。

ドワンゴ、角川の黒幕は松浦大助さん、朝堂院さんです。   ドワンゴの親会社が角

記事を読む

no image

もっとも生活困窮しているのは子育て世帯ではなく単身世帯。

政府が子育て世帯への5万円の追加の給付金を発表していましたが、もっとも生活困窮しているのは子育て世帯

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ