脱毛サロン「キレイモ」内部で起きていた給料遅配地獄。千鳥や渡辺直美ら起用で広告費は月3億円にも(週刊フラッシュ)

公開日: : 社会, 経営, 経済, 美容整形・脱毛

「私が返金をお願いしたのは半年前。いまだに21万円が返ってきません」と憤るのは、20代女性・Aさんだ。

 

美容業界の巨星が、蜂の巣をつついた騒ぎに見舞われている。

 

その舞台となっているのは、株式会社ヴィエリスが運営する脱毛サロン・キレイモ(KIREIMO)だ。

 

 

キレイモが開催するPRイベントには渡辺直美や堀田茜など多くの芸能人が登壇していた(写真・時事通信)

 

「2014年に一号店をオープンしてから、怒涛の勢いで成長してきました。

 

現在、全国で60店舗を展開しています。

 

最大の売りは、全身脱毛の『無制限プラン』。

 

約40万円支払うと、以後納得できるまで何度でも施術を受けることができます」(美容ライター)  

 

本誌読者には馴染みの薄い美容業界だが、キレイモは別だ。

 

千鳥の2人や、渡辺直美など今をときめく人気芸能人を広告塔に据え、街頭はもちろんテレビやウェブCM、電車広告などを利用してド派手な宣伝を繰り返しており、「キレイモ」の文字を目にしたことのある読者は多いはずだ。  

 

だが、このキレイモの利用客から不満の声が噴出している。

 

利用規約に記されている「返金」がなされないというのだ。

 

冒頭のAさんが続ける。

 

「私も『無制限プラン』を利用していました。このプランは18回施術するまでは、返金を保証しています。

 

何度か施術を受けた後、突然次の予約が取れなくなってしまったので、昨年11月に解約と返金を求めました。メールや電話で問い合わせてもまともに対応してくれず、消費生活センターにも相談しましたが埒が明かず……。  

 

結局、5月13日にやっとコールセンターと繋がって『順次返金に応じているが、返金できる時期はわからない』と言われました。

 

こんなの詐欺ですよね」(Aさん)  

 

現在も「返金されない」という利用者の怒りの声がSNSに次々と投稿されている。

 

だが、社内は、さらに深刻な事態に陥っている。

 

キレイモ従業員のBさんが語る。

 

「給料の振り込みが遅れたんです。確かに資金難で、お客様に配る無料の駐車券が廃止されたり、1回につき100円もらえる『施術手当』が50円になったりと、昨年末から怪しい兆候はあったんですよ。

 

3月は、新入社員の給料が最大5日間遅れました。

 

その後、社内アプリを通じて、水沼智博社長名で『コロナ禍で資金繰りが悪化している』と、給料遅配を詫びる文書が公表されました。

 

さらに、社内で不安が広がるのを払拭するためか、4月24日に翌日予定されている給与支払いについては『確実に行われますのでご安心ください』という文書が発表されました」  

 

ところが、この約束は破られた。

 

その後、3日間も給料が振り込まれなかったのだ。

 

「関東圏の4つの店舗では、従業員がストライキを起こしました。私が勤める店舗には10人の従業員がいたのですが、会社を見限って、3人の従業員が自主退職しています」  

 

少ない人数で店舗を運営するBさんも愛想をつかした。

 

「誠意ある説明や謝罪がありませんからね。私も5月末に退職する予定で、転職活動しています。私と同じ考えの従業員がほとんどなので、店舗は閉めざるを得ないでしょう」  

 

キレイモ躍進の原動力となった広告戦略にも、赤信号が点灯している。

 

「キレイモさんとはもう何年も一緒にお仕事させてもらっていたのに……」  

 

と嘆くのは、キレイモと取引している広告代理店関係者だ。

 

「うちだけで、月に3000万円近い広告費をいただいていました。広告費全体で月に2~3億円かけていたようです。これまで支払いが遅れることは一度もなかったんですが、3月に初めて3日遅れました。たまたまだろうと信じていたのですが、4月の入金はいまだにありません。支払うまでは倒産しないでほしいですけどね……」(同前)  

 

どうやら、キレイモの“躓き”は、この過剰な広告費にあるようだ。

 

別の大手広告代理店関係者が分析する。

 

「あの会社の広告は、サイバーエージェント社が多くを担当していました。大手ナショナルクライアントでも、広告予算は10億円程度。年間で数十億円の予算は高すぎです」  

 

社内アプリを通じて社員への弁明を繰り返す社長だが、今後の金策はうまくいくのだろうか。

 

質問状を送ったところ、期日までに返答がなかったため、水沼社長の自宅を訪ねた。

 

すると、親族の女性が応対し「最近忙しくてあんまり戻ってこないんです。子供もいるので何かあれば会社に言ってください」と答えた。  

 

自宅に帰れないほど社長が奔走したところで、客は戻るだろうか……。

 

(週刊フラッシュ2022年5月31日号)




関連記事

no image

ストレスや闇を抱えていてそれを紛らわすためにクラブ行くのはやめた方がいいと思う。

昨日たまたま知り合いの女の子が渋谷の朝方駅で見かけたんだけど、クラブで酔っぱらってお世辞にもかっこい

記事を読む

俳優の香川照之が銀座のホステスの女性に対して無理やりわいせつ行為を行う。被害女性はPTSDに(週刊新潮)

俳優・香川照之が2019年7月、銀座のクラブでホステスに対して胸部を触る、キスをするなどの性加害に及

記事を読む

no image

107年前に慶応高校が優勝した時に何があったのか。

慶応高校が107年ぶりに甲子園で優勝したということで大きな話題になっていました。  

記事を読む

桜井野の花さん大阪のキャバ嬢を痛烈批判。日本一景気悪いのは間違いなく東京ですよ。

東京と大阪の違い。   桜井野の花さんがブログで東京と大阪のキャバクラの違いと

記事を読む

no image

被災地から避難してきた人を温かく迎え入れる社会でないといけない!

<東日本大震災>帰還検討67%超 いわき市、市外避難者(毎日新聞) - Y!ニュース &nbs

記事を読む

no image

スーパー

スーパーで買ったものが不良品で電話したら、店長が新しい商品に交換してくれたんだけど、その店長がものす

記事を読む

no image

元K1選手で不動産会社ニトー社長の宮園泰人さんの弁護士が創価学会の顧問弁護士。

現在、元K1選手で不動産会社ニトー社長の宮園泰人さんと東京地裁で係争しています。  

記事を読む

no image

メルカリやアマゾンの美品、非常に良いは信用できない!

メルカリやアマゾンで美品、非常に良いと書かれたものを買ったらボロボロのものが届きました。 &n

記事を読む

no image

津市一身田豊野の不動産仲介業の梅渓(うめたに)亮介と松阪市久保町の建設作業員の伊藤迅也(ときや)と津市藤方の建設作業員の岸本光希が出会い系アプリで知り合った女性を飲酒させて車に乗せて飲酒事故に関与したという後ろめたさにつけこんで金銭を脅し取っていたとして逮捕。被害総額は1000万円以上(毎日新聞)

共謀して偽装交通事故を起こし、同乗の女性から示談金名目で金品を脅し取ったとして、三重県警松阪署は7日

記事を読む

no image

仁藤夢乃、colaboの補助金不正について時事通信、産経新聞も報じる。

仁藤夢乃、colaboの補助金不正について時事通信、産経新聞も報じました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ