1990年の弘道会VS波谷組の山波抗争。

公開日: : ヤクザ・マフィア

1990年6月に山口組弘道会VS波谷組の山波抗争が勃発しました。

 

「山波抗争の経緯」

 

波谷組組員の岩田好晴が兄弟分の安井武美をなかば強制的に波谷組に所属させようとしました。

 

安井武美は兄貴分の誘いを拒否して山口組弘道会傘下の西岡組の西岡組長に加入を打診して西岡組長の舎弟になりました。

 

6月28日、加入の約束を反故にされた波谷組組員の岩田好晴は配下の組員に命令して、福岡県福岡市西区次郎丸の安井武美自宅駐車場で安井武美を射殺させました。

 

安井武美が銃撃され死亡した6月28日の夜、愛媛県宇和島市栄港町の波谷組系川田興業の事務所に銃弾5発が撃ち込まれ、川田興業の幹部1人が重傷を負いました。

 

翌6月29日には波谷組の関係各所に銃弾が撃ち込まれる事件が相次ぎました。

 

同日午前7時45分頃には、大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目の近鉄ビル4階B室にあった波谷組系三代目大日本正義団傘下の水野組の組事務所に銃弾3発が撃ち込まれました。

 

同日朝には東大阪市横沼町の波谷組系天野組の傘下の枡田組の組事務所に銃弾1発が撃ち込まれました。

 

また大阪市東淀川区の波谷組系天野組組長の天野洋志穂の自宅に銃弾6発が撃ち込まれました。

 

波谷組の関係各所に銃撃が相次いでいた6月29日の21時ごろ、大阪市住之江区浜口で、元NTT職員の男性が自宅の玄関先で、宅配便を装った2人組の山口組系組員に射殺されました。

 

この元NTT職員の男性一家は13日前に同所に引っ越してきたばかりで、男性一家が引っ越してくる前には波谷組の幹部が住んでいました。

 

一般男性誤射事件が発生した後も、山口組側による波谷組への襲撃が続きました。

 

誤射事件が発生した6月29日未明には、大阪市西成区にある波谷組と親しい金融業者の事務所に銃弾1発が撃ち込まれました。

 

大阪市北区長柄東の波谷組系平沢組の幹部宅の玄関ドアに銃弾5発が撃ち込まれました。

 

同日朝には銃撃を受けていた波谷組系天野組枡田組の事務所に再び銃弾が撃ち込まれました。

 

同日未明には、大阪市住之江区浜口で、波谷組組員が出入りする喫茶店に山口組組員が入り、天井に向けて銃弾1発を発射しました。

 

さらに翌6月30日の昼には、大阪市北区長柄東の住都公団の団地・さざなみプラザの路上で、波谷組系平沢組の幹部が追ってきた車から銃弾4発を撃ち込まれました。

 

この幹部は、防弾チョッキを着ていて無事でした。

 

一般男性誤射事件などを受けて、大阪府警は同日、山口組本部や傘下の宅見組、山健組、弘道会の3組織の事務所を、殺人の疑いで家宅捜索しました。

 

7月1日23時55分ごろ、波谷組平沢組組員が、拳銃を持った男たちに拉致され、大阪市箕面の山中に連れ込まれ、平沢勇吉の行方を尋問されました。

 

波谷組平沢組組員は「知らない」と答えました。

 

7月2日午前1時ごろ、拉致された波谷組平沢組組員が、箕面市で解放されました。

 

同日午前1時ごろ、大阪市東成区の地下鉄緑橋駅近くの深夜喫茶店で、女性と食事中だった波谷組平沢組幹部が、拉致されました。

 

波谷組平沢組幹部は、マンションに監禁され、平沢勇吉の行方を尋問されましたが、平沢勇吉の居場所を教えませんでした。

 

同日12時40分、大阪市中央区日本橋1丁目で、波谷組系天野組組長の天野洋志穂の経営する不動産会社に、銃弾2発が撃ち込まれました。

 

同日23時、大阪府高槻市の淀川右岸堤防で、拉致された平沢組幹部が、左足と右腕を、1発ずつ銃撃されました。

 

平沢組幹部は、自力で路上に這い上がり、車で通行中の女性に発見されました。

 

その後、平沢組幹部は、救急車で病院に搬送されました。

 

7月3日大阪市西成区の元波谷組大日本正義団組員宅に、銃弾6発が撃ち込まれました。

 

7月4日、大阪府門真市で、トラックが、平沢勇吉の知り合いの女性の経営する外車販売会社に突入し、展示中のメルセデス・ベンツの車1台を破損させました。

 

7月5日、倉本組組員が住都公団さざなみプラザの路上で波谷組平沢組幹部を銃撃したとして、警察に出頭し、逮捕されました。

 

7月6日朝、大阪府警捜査員800人は、宅見組、英組、倉本組、一会などの63箇所の組事務所を家宅捜索しました。

 

大阪府警は、宅見組事務所で、15人の組員を逮捕しました。

 

大阪府警は、各組事務所から山口組の菱の代紋の入った看板や提灯を、抗争用資材として押収しました。

 

7月15日午前4時ごろ、山口組組員が、東大阪市横沼町のマンション2階にある波谷組天野組枡田組事務所のベランダに、長さ4メートルの板を立てかけてよじ登り、枡田組事務所に向けて、銃弾4発を撃ち込みました。

 

枡田組事務所には組員3人がいましたが、全員無事でした。

 

12月3日午前4時40分ごろ、大阪市天王寺区のビル7階の波谷組系天野会組事務所に銃弾が撃ち込まれました。

 

同日午後1時20分ごろ、大阪市西成区で、山口組系組員が、阪堺電鉄天王寺線の路面電車の中から、波谷組大日本正義団組事務所に、銃弾4発を撃ち込みました。

 

発砲した山口組系組員は、路面電車から飛び降りて足を骨折しましたが、山口組系大道会組員の車で逃走しました。

 

12月7日波谷組組員の岩田好晴がロシアンルーレットゲームにより拳銃で自分の頭を撃ち死亡しました。

 

12月11日、波谷守之は、大阪市阿倍野区の自宅に波谷組幹部を集めて、四代目共政会・沖本勲会長に手打ちを依頼することと、波谷守之はヤクザからは引退しないが他の者が波谷組から抜けることは自由であることを伝えました。

 

石川明は、波谷組から脱退し、大日本正義団を解散させました。

 

天野洋志穂も、波谷組から脱退しました。

 

12月27日、波谷守之が、愛知県名古屋市の弘道会本部を訪れ、司忍組長に波谷組組員の岩田好晴が弘道会組員の安井武美を射殺したことを詫びました。

 

「波谷組幹部のその後」

 

石川明は波谷組から脱退し、大日本正義団を解散後、山口組健心会相談役に移籍しました。

 

平澤勇吉は山健組系太田興業に移籍しました。

 

天野洋志穂は宅見組に移籍しました。

 

波谷組組長の波谷守之は1994年11月2日大阪市阿倍野区の自宅でこめかみを拳銃で撃って自殺しました。

 

「山波抗争の影響」

 

1991年、西日本の反山口組の雄だった波谷組が大敗したことで、西日本の反山口組の連合体「西日本20日会」は瓦解しました。

 

関西、西日本における山口組の支配を強固なものにしました。

 

山波抗争においても弘道会の組織力、攻撃力、凶暴さを他の極道たちに見せつけることになりました。




関連記事

所沢のタイソンが関東連合の西山さんに直接詰められていた。

所沢のタイソンが関東連合の西山さんに直接詰められていたことが西山さんと内藤さんとの電話の中で明らかに

記事を読む

no image

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがある。

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがあるらしいですね。   方法

記事を読む

no image

宇田川警備隊6代目総長だった小山けいごさんはタクシードライバー時代、ベストドライバー賞を受賞するくらい優秀なドライバーだった。

宇田川警備隊6代目総長で、現在は人気ユーチューバーの小山けいごさんはタクシードライバー時代、ベストド

記事を読む

no image

小山恵吾さんがZ李について語る。

小山恵吾さんがZ李について語っていました。   小山さんは新宿の後に横浜と言っ

記事を読む

no image

三重県伊賀市で撃たれた絆会の谷奥由浩さんの車のナンバーが893だったことが話題に。

三重県伊賀市で撃たれた絆会の由仁総業組長の谷奥由浩さんの車のナンバーが893だったことが話題になって

記事を読む

歌舞伎町最大領袖、歌舞伎町5人衆として有名な工藤明生君の「詐欺の帝王」を読みました。

詐欺の帝王 (文春新書) を読みました。   イベサーの帝王とか歌舞伎町の帝王

記事を読む

no image

静岡県浜松市中区のキャバクラから、みかじめ料を受け取ったとして弘道会系西山組の島田順行組長を逮捕(テレビ静岡)

野内組舎弟、西山組島田順行(野内順行)組長   静岡県浜松市中区の接待をともな

記事を読む

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出された。

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出されたことを司組長が産経新聞に語っていました。

記事を読む

ヤクザの人のよく着てるブランド

ヤクザの人のよく着てるブランド。   ドルチェアンドガッバーナ、アルマーニエク

記事を読む

鶯谷で松葉会関根組渡辺一家と住吉会系武蔵屋一家がみかじめ料をめぐりトラブル。

台東区根岸で松葉会関根組渡辺一家と住吉会系武蔵屋一家がみかじめ料をめぐりトラブルとなりました。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ