産婦人科、病院を絶対にやめた方がいいのは会陰切開を行っているから。

公開日: : 発達障害, 社会, 精神障害

産婦人科、病院を絶対にやめた方がいいのは女性に会陰切開を行っているからというのもあります。

 

助産院では絶対に会陰切開はしていません。

 

会陰切開とは簡単に言うと女性の股を切ることです。

 

なぜそのような方法をしているかというと、病院というのは効率重視の金銭至上主義なので、できるだけ早く子どもを生ませたいわけです。

 

だから股を切って赤ちゃんを早く取り出したいわけです。

 

しかし赤ちゃんは産道を通って子宮から出てくるときに締め付けられる中でコミュニケーション能力、言語感覚、身体感覚を養っているわけです。

 

したがって締め付けなしにいきなり取り出されると、それらの感覚を養うことができずに生まれてきてしまうことになるわけです。

 

またお母さんの方にも会陰切開は大きな負担となります。

 

会陰切開をされたために、その後も大きな後遺症に悩まされているお母さんも多くいるのです。

 

こういったことからも赤ちゃんを生むときは絶対に産婦人科や病院ではなく助産院にした方がいいですよ。

 

会陰切開を考案した医師はイルミナティの関係者という話もあり、この会陰切開はイルミナティの悪魔の儀式の一つともいわれています。

 

イルミナティの絵では女性の股を切り裂いているものもあるからです。

 

産婦人科や医師会、国立病院や大病院はすべてイルミナティの傘下機関ですからね。

 

会陰切開は100害あって1利なしなのです。

 

日本は戦前までは助産師さんが自然分娩で生ませていました。

 

病院で産婦人科医がメスで切って、クスリ漬けにして生ませるようになったのはGHQ占領後のことなのです。

 

つまり病院での産婦人科の出産の増加も日本人弱体化政策の1つということです。

 

イルミナティ(欧米大財閥、欧米貴族)、日本の富裕層が絶対に助産院で子どもを生ませるのはこういう理由があるからです。




関連記事

no image

被災地から避難してきた人を温かく迎え入れる社会でないといけない!

<東日本大震災>帰還検討67%超 いわき市、市外避難者(毎日新聞) - Y!ニュース &nbs

記事を読む

no image

日本は規制緩和した方がいいものをしないで、規制緩和したらダメなものを緩和している。

  日本は規制緩和しないといけない分野を規制緩和しないで、規制緩和したらいけ

記事を読む

no image

JKビジネスやグラビアをやりたいという子が溢れてるのに規制してもより危険にさらされるだけ!

規制強化しても当然なくなりはしませんが、現実的には規制強化を繰り返す以外に取るべき方法が無いので

記事を読む

no image

太陽の歌舞伎町と月の麻布

たまに麻布界隈を歩いていると中年のおじさんがかわいい女子中学生を何人か連れているときがある。

記事を読む

成田空港の強制執行の妨害容疑で逮捕された男の関係先として京都大学「熊野寮」を家宅捜索。

京都大学「熊野寮」を京都府警などが公務執行妨害の疑いで、家宅捜索したことが分かりました。 &

記事を読む

no image

岸田総理が御用達のマッサージ店がクイーンズウエイ銀座並木通り店。

岸田総理が御用達のマッサージ店がクイーンズウエイ銀座並木通り店でした。 https://www

記事を読む

no image

昭和大学医学部の20歳が風俗嬢をトルクレンチで殴り撲殺。

昭和大学の医大生20歳の四十宮直樹が風俗嬢の女性をトルクレンチで殴り撲殺しました。 &nbs

記事を読む

no image

川崎市や足立区がガラが悪いというのは完全に誤解だった。

「川崎市はガラが悪い」は完全なる誤解だ(プレジデントオンライン) https://presid

記事を読む

女子中学生にわいせつ行為。兵庫県立北条高校(加西市)教師の宇野浩司を逮捕。(時事通信)

女子中学生にわいせつ行為をしたとして兵庫県立北条高校(加西市)体育教師の宇野浩司41歳を逮捕。

記事を読む

no image

コンビニってよく誰でもできる仕事の代名詞みたいに言われるけどそんなことないよね。。

コンビニってよく誰でもできる仕事の代名詞みたいに言われるけどそんなことないよね。。 &nbs

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ