産婦人科、病院を絶対にやめた方がいいのは会陰切開を行っているから。

公開日: : 発達障害, 社会, 精神障害

産婦人科、病院を絶対にやめた方がいいのは女性に会陰切開を行っているからというのもあります。

 

助産院では絶対に会陰切開はしていません。

 

会陰切開とは簡単に言うと女性の股を切ることです。

 

なぜそのような方法をしているかというと、病院というのは効率重視の金銭至上主義なので、できるだけ早く子どもを生ませたいわけです。

 

だから股を切って赤ちゃんを早く取り出したいわけです。

 

しかし赤ちゃんは産道を通って子宮から出てくるときに締め付けられる中でコミュニケーション能力、言語感覚、身体感覚を養っているわけです。

 

したがって締め付けなしにいきなり取り出されると、それらの感覚を養うことができずに生まれてきてしまうことになるわけです。

 

またお母さんの方にも会陰切開は大きな負担となります。

 

会陰切開をされたために、その後も大きな後遺症に悩まされているお母さんも多くいるのです。

 

こういったことからも赤ちゃんを生むときは絶対に産婦人科や病院ではなく助産院にした方がいいですよ。

 

会陰切開を考案した医師はイルミナティの関係者という話もあり、この会陰切開はイルミナティの悪魔の儀式の一つともいわれています。

 

イルミナティの絵では女性の股を切り裂いているものもあるからです。

 

産婦人科や医師会、国立病院や大病院はすべてイルミナティの傘下機関ですからね。

 

会陰切開は100害あって1利なしなのです。

 

日本は戦前までは助産師さんが自然分娩で生ませていました。

 

病院で産婦人科医がメスで切って、クスリ漬けにして生ませるようになったのはGHQ占領後のことなのです。

 

つまり病院での産婦人科の出産の増加も日本人弱体化政策の1つということです。

 

イルミナティ(欧米大財閥、欧米貴族)、日本の富裕層が絶対に助産院で子どもを生ませるのはこういう理由があるからです。




関連記事

no image

大阪都構想の大阪維新の会、公明党、自民党、立憲民主党、国民民主党のいざこざ、争いはやらせの茶番

大阪都構想の大阪維新の会、公明党、自民党、立憲民主党、国民民主党のいざこざ、争いはやらせの茶番です。

記事を読む

本当に強固な組織、コミュニティは毛沢東の長征のようにしてできあがる。

    きみらは毛沢東の「長征」のエピソードを知って

記事を読む

no image

京都の騒動以後、弘道会への警察の締め付けが極めて強いです。京都は本当に特殊な街。

京都府医大病院を捜索 偽診断書容疑 収監逃れ?組幹部、検察に出頭 担当医「院長が指示」(産経新聞

記事を読む

no image

年始に赤ちゃんを自宅に放置して死亡させた池田知美さんもうちのNGOに相談してくれていたら一瞬で助けてあげられたのになと思います。とても残念です。

生後間もない娘を自宅に放置して死亡させたとして、警視庁西新井署は2日、保護責任者遺棄致死容疑で、東京

記事を読む

no image

三浦春馬さんのお母さんが春馬さんのデモや春馬さんのことを発信しているユーチューバーに注意喚起した理由。

三浦春馬さんのお母さんが春馬さんのデモや春馬さんのことを発信しているユーチューバーに対して注意喚起を

記事を読む

歌舞伎町最大領袖、歌舞伎町5人衆として有名な工藤明生君の「詐欺の帝王」を読みました。

詐欺の帝王 (文春新書) を読みました。   イベサーの帝王とか歌舞伎町の帝王

記事を読む

no image

小山恵吾さんに迷惑電話をされてキレられました。やめてください。

宇田川警備隊の小山恵吾さんに迷惑電話をされてキレられました。   非常に迷惑で

記事を読む

no image

#MeToo

NGO活動をやっていていままで女性支援者、フェミニストなどから「女性の気持ちは女性しかわからない!」

記事を読む

no image

大資本家のイメージ

俺が思う大資本家のイメージ=キャバクラで寝てるおっさん。

記事を読む

no image

不動産デベロッパーは帝塚山・北畠を評価しすぎ!実際は金持ちはいない。

大阪の阿倍野界隈の再開発は確実に失敗してると思う。   というかもう大阪の阿

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ