90年代から日本で発達障害、精神障害の子供が急増した原因は医療にあった。

90年代から日本で発達障害、精神障害の子供が急増した原因は医療にありました。

 

こちらは文科省が出している通級による指導を受けている児童の推移になります。

 

つまり日本の発達障害、精神障害の子どもたちの推移のグラフになります。

 

 

1993年から2019年にかけて急激な勢いで右肩上がりに発達障害、精神障害の子どもの数が増えていることがわかります。

 

この原因は医療にあります。

 

具体的には早産の救命の法改正、陣痛促進剤の使用、ワクチンの接種、不妊治療などです。

 

その中でも最も大きな原因は早産の救命の法改正になります。

 

赤ちゃんは通常妊娠40週前後で生まれてきますが、それが陣痛促進剤や不妊治療などの影響により予定より早く生まれてくることあります。

 

政府は早産での救命に関してどれくらいまでを救命するかを法律で定めています。

 

1953年に妊娠28週と定められました。

 

その後、1976年に早められて24週に変更となりました。

 

さらに早められて22週となったのは、1990年のことです。

 

現在、22週未満の赤ちゃんも救命した方がいいのではないかという議論があります。

 

しかし早産で生まれてくる子どもは発達障害や精神障害を抱えてくる割合が非常に高いのです。

 

22週や23週でも重い障害を抱えて生まれてくる子がほとんどです。

 

医療の進歩によって昔ならば亡くなっていた赤ちゃんが救命されて生き延びることになっています。

 

その結果が発達障害者、精神障害者の10倍の増加に繋がっているのです。

 

文科省のグラフを見てもわかるように1990年代前半から発達障害、精神障害の子どもの数が増えていることがわかります。

 

つまり1990年に早産の救命を22週に早めたことが発達障害、精神障害の子どもの爆発的な増加に繋がったということなのです。

 

よく団塊の世代の人や高齢者の人が昔は発達障害者などいなかった、クラスで歩き回るような子はいなかったと言いますがそれは事実なのです。

 

昔はそういった障害がある子は救命されていなかったからいなかったのです。

 

早産や不妊治療、陣痛促進剤、無痛分娩、帝王切開のような人工的な方法は子どもに多大な悪影響を及ぼします。

 

それによって社会参加もできず苦しんでいる人が多くいるのです。

 

障害者を社会や地域、学校が温かく受け入れるような仕組みが整っているのならばいいのですが、現在の日本は障害者を忌み嫌い迫害する社会になっています。

 

その結果がひきこもり200万人、不登校過去最大の14万人、若者の自殺者戦後最大となっているのです。

 

なんでもかんでもただ生んで助かればいいというのはその子にとっても不幸なことだと思います。




関連記事

韓国ファッションのかわいいワンピースを安く買うならqoo10がオススメ。

    このqoo10という韓国のファッション通販サ

記事を読む

ジャニーズがよく来ている六本木のキャバクラ。

  六本木のララァにジャニーズの手越が来ていたそうです。  

記事を読む

沢尻エリカさんと交際していたとされるデザイナーのナオキ(横川直樹)を逮捕!ナオキ(横川直樹)はエイベックスから沢尻さんを色管理してクスリ漬けにする役割だった。

沢尻エリカさんと交際していたとされるデザイナーのナオキ(横川直樹)はエイベックスから沢尻さんを色管理

記事を読む

山口組弘道会藤島組の加賀谷氏が弘道会の神戸連絡所で3発撃たれて意識不明の重体。撃ったのは山健組健竜会。弘道会は健竜会の中田氏に狙いを定めて報復準備中。

山口組弘道会系の藤島組の小川総業の部屋住み組員加賀谷保氏が弘道会の神戸連絡所(神戸市中央区)で3発撃

記事を読む

no image

葛飾区柴又駅の上智大生殺害事件の犯人を予想。犯人はイルミナティのエージェントか。

1996年9月9日午後4時半ごろ東京都葛飾区柴又3丁目28−1の自宅の2階にいた上智大生小林順子さん

記事を読む

no image

トランプ大統領の息子のバロン君がめちゃくちゃでかい!!

トランプ大統領のバロン君がめちゃくちゃでかいです!!   U.S. Presi

記事を読む

no image

京都のスカウト会社スパイラルが摘発。

京都の四条河原町やJR京都駅でスカウトしていたスカウト会社スパイラルが逮捕摘発されました。 h

記事を読む

no image

都内のエステティックサロンさくらを経営するベルフェムが集団提訴。

都内でエステティックサロンさくら2店舗を経営するベルフェムが従業員から給料の未払いなどで集団提訴され

記事を読む

no image

風俗業界と介護業界の支援の難しさ。ホスト大好き風俗嬢もいれば、学費のため働く風俗嬢もいる。

風俗嬢に対しての支援の難しさは介護業界への支援の難しさと似ているような気がする。  

記事を読む

no image

たいがいの大仕事は誰かの「代打」から始まる

日経BPプロデューサーの柳瀬博一さんがとても含蓄ある言葉を言っていました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数