人気美容師ユーチューバーの柴田さんが美容師になるためのベストな道を解説。

公開日: : 美容院・ヘアサロン, 若者

美容師ユーチューバーの柴田さんが美容師になるためのベストな道を解説しています。

 

柴田さんはもともとは大手の美容院で長年働いていて、いまは独立して横浜で美容院を開業している人気美容師ユーチューバーです。

 

 

 

柴田さんによると美容師を目指すなら美容学校に行きながら高校免許が取れるような高校に行った方がいいそうです。

 

東京の日暮里にある国際理容美容専門学校などがそうですね。

 

就職のときの美容院選びは大手よりも個人の有名店などの方がいいそうです。

 

東京だと原宿の表参道や銀座のピークアブーがいいそうです。

 

頻繁に美容院に顔を出し働きたいアピールをするのがいいそうです。

 

有名個人店に落ちたら、家の近くの通いやすい個人店がいいそうです。

 

カットの朝練、夜練などもあるから家から近くて通いやすい方がいいとのことでした。

 

大手の美容院だとチラシ配りばかりやらされてなかなかカットの練習ができなかったり、体育会系で連帯責任などを取らされたりして病んでしまい仕事が嫌になるケースが多いそうです。

 

それよりも個人店でチラシ配りなどよりもバンバンカットの練習などをさせてくれる方針の店長のもとで学んだ方がいいそうです。

 

また積極的に技術のことなどを上の人に聞いていく姿勢があるといいそうです。

 

外部の講習なども行く必要がないそうです。

 

外部の講習などに行っても学んだ気になるだけで実際はほとんど身になっていないし、場合によっては自分のところの美容院が悪く見えてしまうそうです。

 

なのでまずは自分の働いている美容院で技術を突き詰めることが大事だそうです。

 

最終的には独立を目指した方がいいそうです。

 

独立するときは前のお店と揉めやすいので注意だそうです。




関連記事

最近のギャルの減少はギャルの原点回帰に繋がりギャルの価値上昇に繋がる

最近都内では本当にギャル減ったなーと思います。   エッグやナッツ、アゲハ、ブ

記事を読む

no image

ユーチューバーで稼ぐのは大変。

ユーチューバー、投稿で生活するのは大変 https://www.nikkei.com/arti

記事を読む

求人倍率1、5倍の高水準のデタラメ!警備7倍、介護4倍など業種に偏り。

    読売新聞の2018年1月31日の朝刊より引用

記事を読む

no image

IT産業はどこでも仕事ができるはずなのに一か所に密集するのはなぜか?

  これはずっと言われていますよね。   IT産業は場

記事を読む

女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている。

読売新聞の朝刊に載っていましたが、女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている

記事を読む

上場企業の63パーセントは同族経営、家族経営。日本はまさに既得権益社会。

  保有資産5億円以上の上場企業の63パーセントは同族経営、家族経営だそうで

記事を読む

日本は他の国と比べて段違いに派遣会社の数が多い。

  日本は他の国と比べて段違いに派遣会社の数が多いです。  

記事を読む

世帯年収が20年前から122万円も下落。

いざなぎ超え データで探る中間層の実像|NHK NEWS WEB https://www3.n

記事を読む

no image

ギャルは内面は関係ないというのは大間違い。

ギャルは内面(精神性)は関係ないという記事を拝見しましたが、それは大間違いです。  

記事を読む

no image

デートは「誰と行くか」が重要すぎて場所はあんまり関係ない

  これは間違いないですね。   デートは「誰と行くか

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ