若い女性の方は、一刻も早く東京から地方都市に移り住んだ方が絶対良いと思います。。

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 ギャル, マイルドヤンキー, 地方, 女性, 少女, 東京, 社会, 若者, 貧困

東京にいると、至る所から付き合ってて結婚すると思ってた男性がいて妊娠がわかったので告げたら、着信拒否されて逃げられたとか、すぐ堕ろせ!って言われたどうしようとか、ナンパされて中出しさせたら誰の子かわからない子を妊娠してしまったとか、ひどい話しばかりが聞こえてくる。。

 

正直、地方のほうが男も女もそこまでひどいことにはなってない気がする。

 

地方もよく妊娠したとかあるんだけど、そこで出来婚してる気がする。

 

東京みたいに着信拒否して逃げたとか、堕ろせ!ってキレられたとかはあんまり聞かない。

 

全国的にすごく悪く言われる大阪でも(笑)

 

これは何年も前からずっと言ってるんだけど、若い人はもう東京から地方に早く帰ったほうがいい気がします。

 

帰る地元がないとか、地元が田舎すぎるって人は大阪とか地方中核都市に行くとかしたほうがいいと思う。

 

本当に!

 

東京にひどい男が集まってるからなのか、女がバカだから騙されてるのか、経済的にどうしようもないからそんなことになるのか、両方なのかはわかりませんが。。

 

東京という街がそうさせている面もあるんじゃないのかなーと思ってしまいます。

 

この子が沖縄にいたら、静岡にいたら、大阪にいたら、北海道にとどまっていたら、東京でひどい男に捕まって妊娠して逃げられたり、すぐ堕ろせ!とキレられたりすることもなかったんじゃないのかなーと思って悲しくなりましたね。。

 

特に地方から来た純粋な子が被害にあっている気がします。。

 

男は男で東京は、あの女を5回も妊娠させて堕ろさせたぜ!とか、この前は堕ろすのが間に合わなくて生ませてから逃げたぜ!とかクズなこと言ってるやつばっかいます。

 

若い女性の方は、一刻も早く東京から地方都市に移り住んだ方が絶対良いと思います。。

 

経団連なんかは東京に一極集中させた方が経済効果高いからとか、そこで若い子どうしの出会いがあるとか良いことばっかり言ってますが、騙されてはダメです!!




関連記事

no image

なぜ性虐待事件などはカトリックばかりが報道されるのか?なぜプロテスタントは報道されないのか?

カトリックの聖職者33人が未成年者175人に性虐待していたという事件をロイターが報じていました。

記事を読む

大阪の自販機に焼肉のたれが。

大阪の自販機は焼肉のたれも売っているようです。   ドリンクと間違えて買うと悲

記事を読む

統一教会傘下の国際ハイウェイ財団が進める日韓トンネル。

韓国の最大野党「国民の党」の金委員長が日韓トンネル構想について発表を行いました。  

記事を読む

no image

神戸山口組池田組若頭代行志龍会組長吉田利成容疑者が子どもを虐待して逮捕。

神戸山口組池田組若頭代行志龍会組長吉田利成容疑者が子どもを虐待して逮捕されました。 http:

記事を読む

no image

「この世のなかで最上のものはすべてタダ。でもこの世の中で二番目に良いものはメチャクチャ高価よ」ココ・シャネル

  かつてココ・シャネルは「この世のなかで最上のものはすべてタダ。でもこの世

記事を読む

交響曲第9番を作った後に多数の音楽家が死んでいる。欧米では9番は不吉な数字とされている。

交響曲第9番を作った後に多数の音楽家が死んでいます。   ベートーヴェンが交響

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも廃止した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのか?。 &

記事を読む

渋谷のセンター街のセガが閉店するんですね。もう渋谷は若者の街ではありません!

渋谷センター街セガ閉店、ネオン消えギャル悲痛 にこるん「思い出の場所 なける」 #渋谷 #センタ

記事を読む

no image

アメリカ政府高官が対中国の関税の引き下げを検討(ロイター通信)

ロイター通信がアメリカ政府高官が対中国の関税の引き下げを検討していると報じていました。 &nb

記事を読む

no image

老舗和菓子屋の船橋屋の渡辺雅司社長が車で突っ込んだうえに恫喝まで行う。

老舗和菓子屋の船橋屋の渡辺雅司社長が車で突っ込んだうえに恫喝まで行っていました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ