西日本新聞広告社佐賀がコロナの影響で倒産(佐賀新聞)

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 コロナ倒産

西日本新聞広告社佐賀がコロナの影響で倒産しました。

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/522686

 

佐賀市愛敬町の広告代理業、西日本新聞広告社佐賀(福嶋友昭社長)は7日、事業を停止し破産申請準備に入った。

 

負債総額は約9千万円の見込み。

 

同社は1975年4月に創業。

 

(佐賀新聞)

 

負債は、西日本新聞広告社・熊本が約1億1000万円、西日本新聞広告社佐賀が約9000万円で、2社合計約2億円。  

 

西日本新聞広告社・熊本は、福岡県内で発行部数トップの西日本新聞の系列広告代理店である(株)西日本新聞広告社(TSR企業コード:870104594、法人番号:3290001009389、福岡市中央区)から出資を得て設立。

 

同社とフランチャイズ契約を結び、西日本新聞の熊本県版の広告販売を主体とする広告代理店を手掛けていた。熊本県内の企業に営業基盤を築き、ピーク時には3億円台の年間売上高を計上。

 

しかし、営業エリアに制約があるなかで熊本県内トップのシェアを誇る熊本日日新聞との競合、西日本新聞の部数減少、さらにはネット媒体などとの競争激化などで業績は低迷。

 

2017年頃には従業員の給与カットなど販管費の節減を図ったが、従業員の退職につながるなど営業面への支障も出るようになっていた。  

 

こうしたなか、西日本新聞広告社に対するFC料などの支払遅延が生じ、資金繰りが悪化。

 

2020年4月6日、フランチャイズ加盟契約を解除されることとなり、今回の措置となった。  

 

西日本新聞広告社佐賀は、西日本新聞の佐賀県版の広告媒体の販売窓口会社として佐賀県内の企業に営業基盤を構築し、ピーク時には年間売上高約2億2100万円を計上していた。

 

しかし、広告需要の低迷で近年の年間売上高は1億円台に落ち込み、西日本新聞広告社・熊本に連鎖する形となった。

 

(東京商工リサーチ)




関連記事

山口県山口市湯田温泉の「プラザホテル寿」割烹「きむら」を経営する(株)寿観光開発がコロナの影響で倒産(帝国データバンク)

(株)寿観光開発(TDB企業コード:650049651、資本金2900万円、山口県山口市湯田温泉3-

記事を読む

no image

宿泊施設の予約・決済サービスを手がけていたJ-リザーブがコロナの影響で倒産(帝国データバンク)

(株)J-リザーブ(TDB企業コード:020144840、資本金9995万円、東京都中央区京橋2-6

記事を読む

no image

島根県邑智郡邑南町の西日本最大級のスケールを誇るスキー場「瑞穂ハイランド」がコロナの影響で倒産(帝国データバンク)

瑞穂ホテル&リゾーツマネジメント(株)(TDB企業コード:178019698、登記面=東京都千代田区

記事を読む

no image

大阪府寝屋川市の広告代理店アドビーシーがコロナの影響で倒産(東京経済ニュース)

大阪府寝屋川市の広告代理店アドビーシーがコロナの影響で倒産しました。 https://www.

記事を読む

no image

静岡県富士市の(株)川嶋昆布がコロナの影響で倒産(東京商工リサーチ)

(株)川嶋昆布(TSR企業コード:440020093、法人番号:3080101008386、富士市中

記事を読む

no image

京都平安ホテルが休業。30人の全従業員が解雇(産経新聞)

地方公務員が加入する地方職員共済組合京都府支部(支部長・西脇隆俊知事)が京都平安ホテル(京都市上京区

記事を読む

青森市、弘前市、仙台市でカフェ202、トンテキとハンバーグ202、肉バル529を経営していたイロモアがコロナの影響で倒産

青森市、弘前市、仙台市でカフェ202、トンテキとハンバーグ202、肉バル529を経営していたイロモア

記事を読む

広島県や愛媛県の回転すし「おんまく寿司」全4店舗がコロナの影響で閉店(中国新聞)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、広島県と愛媛県で回転すし店「おんまく寿司」の全4店が閉店した。

記事を読む

銀座酒造検校がコロナの影響で閉店。

銀座酒造検校がコロナの影響で閉店しました。     銀

記事を読む

no image

宮崎県の業務用食料品卸売業者で、ドライ食品や珍味などを取り扱っていた「くまもと商店」がコロナの影響で倒産(帝国データバンク)

(有)くまもと商店(TDB企業コード880088056、資本金500万円、宮崎市恒久南2-2-20、

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ