コカ・コーラは薬物中毒のペンバートン博士が作ったコカイン入りのクスリだった。

公開日: : 最終更新日:2020/04/30 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

コカ・コーラは薬物中毒だったペンバートン博士が作ったコカイン入りのクスリでした。

 

 

ペンバートン博士は南北戦争に従軍したさいのケガの治療のために打っていたモルヒネにより重度のモルヒネ中毒者となっていました。

 

当時のアメリカでは退役軍人の間で鬱病、薬物中毒、アルコール依存症が蔓延していました。

 

またペンバートン博士がいた南部のアトランタでは農業から工業への転換期でもあり、慣れない工場労働者の鬱病、神経症が蔓延していました。

 

そのためアメリカでは製薬産業が一大ブームとなっていて、ありとあらゆるインチキ薬が登場していました。

 

新聞のほとんどのページは製薬会社のインチキ薬の広告で埋め尽くされていたそうです。

 

それらのほとんどのクスリはインチキでこれを飲めば~の病気が治るとか、元気が出るというものでした。

 

また当時のアメリカでは人工的に炭酸水を作る機械がドイツから輸入されて、そこに色々な味のフレーバーをつけてドラッグストアで売り出すソーダファウンテンが流行っていました。

 

炭酸水はいろいろな病気に効くと信じられていたのです。

 

天然の炭酸水はヨーロッパの貴族だけのものでしたが、人工的に炭酸水を作る機械ができたので庶民にも炭酸水が手に入るようになったのです。

 

ペンバートン博士もそのブームにのろうと考えて、ソーダとコカイン、コーラの実を合わせたコカ・コーラというクスリを開発します。

 

コカインは南米のインカ帝国でスペインのピサロがペルー人をコカの葉を与えることで寝食をさせずに働かせていたことでも有名です。

 

 

コカの葉を噛むことで力がみなぎってくるのでペルー人は寝食なしに働くことができたそうです。

 

アメリカの南部でも白人が黒人奴隷に対してご飯を与えずコカの葉を与えて黒人奴隷たちを酷使させていたそうです。

 

コーラの実はアフリカにある木の実で興奮剤として知られていました。

 

 

ペンバートン博士は南米最強の興奮剤コカインとアフリカの興奮剤コーラの実と炭酸水を掛け合わせて究極のドラッグ「コカ・コーラ」を作り上げたのです。

 

アトランタのソーダファウンテンではコカ・コーラは飲むと幸せな気分になる、元気になる、興奮するということで人気商品となります。

 

1885年にアトランタでは禁酒法が施行されたこともあり、お酒の代わりにソーダファウンテンでコカ・コーラを飲むという人が多くあらわれたのです。

 

ペンバートン博士は自身のモルヒネ中毒の代用品としてもコカ・コーラを使っていました。

 

ソーダファウンテンではコカ・コーラをドープ(興奮剤)という愛称で呼ばれていました。

 

ペンバートン博士も新聞広告などで「コーラと言えばドープ(興奮剤)でしょ」と宣伝していたのです。

 

ペンバートン博士はコカ・コーラを開発してから4年後に亡くなります。

 

ペンバートン博士のころまではコーラ=クスリだったのです。

 

ペンバートン博士からコカ・コーラのレシピを買い取った2代目のエイサ・キャンドラーによってコカ・コーラはクスリではなくドリンクとして販売されていくこととなります。

 

 

エイサキャンドラーはザコカ・コーラカンパニーを設立して初代社長に就任します。

 

エイサキャンドラーは無料クーポン券や販促グッズを配り販売網をアメリカ全土に広げました。

 

エイサキャンドラーは後にアトランタ市長になっています。

 

コカ・コーラを世界展開させてグローバル企業に押し上げたのがエイサキャンドラーからコカ・コーラ社を買収したロスチャイルド系の投資銀行家のロバート・ウッドラフ親子です。

 

 

ロバート・ウッドラフは勉強はぜんぜんできず、宿題などは友達に金を払いやってもらっていました。

 

これはウッドラフの「自分よりできるやつに任せられるときは、迷わず任せることだ」という経営理念でもありました。

 

ウッドラフは太平洋戦争では国防総省、アメリカ軍と密接な関係となり、兵士の士気を高めるためにコカ・コーラを支給する関係にもなります。

 

現在、CMなどでことあるごとに「コーラと言えばコークでしょ!」と繰り返しているのは昔「コーラと言えばドープ(興奮剤)でしょ!」と言っていたことを忘れさせるために言っているそうです笑




関連記事

no image

石橋湛山総理大臣もCIAにF薬を飲まされて殺された。

石橋湛山総理大臣も小渕総理や大平正芳総理と同じくCIAにF薬を飲まされて殺されました。 &nb

記事を読む

日航機123便はなぜ墜落場所特定までに16時間もかかったのか?なぜ墜落場所の高天原山の名前が御巣鷹の尾根に改変されたのか?の真相を考察。

日航機123便はなぜ墜落場所特定までに16時間もかかったのか?   これはNH

記事を読む

no image

ロスチャイルド家などユダヤ人が日本人を嫌い華僑、朝鮮人を好んでいる理由。ユダヤ人の気質と朝鮮人、華僑の気質が同じ。

ロスチャイルド家などユダヤ人が日本人を嫌い華僑、朝鮮人を好んでいる理由があります。  

記事を読む

稲川会2代目石井隆匡会長も佐川急便事件のためにアメリカCIAに口封じで消されたか?

稲川会2代目石井隆匡会長も1987年の佐川急便事件のためにアメリカのCIAに口封じで消されたのではな

記事を読む

911や東日本大震災、トランプ大統領就任などを予言していたと言われるイルミナティカード。

2001年の911テロ事件や2011年の東日本大震災、2017年のトランプ大統領就任などを予言してい

記事を読む

no image

検察庁法改正、黒川検事長の定年延長は「種子法」「種苗法」改正のスピン。

検察庁法改正、黒川検事長の定年延長騒動は「種子法」「種苗法」改正のスピンだと思います。 &nb

記事を読む

no image

てっちゃんのウソ。プラチナムと関東連合。

てっちゃん(桑原哲也)は動画の中でプラチナムプロダクションにも言及していて、プラチナムの創業社長が関

記事を読む

no image

政府、自民党はアスベストに関しての責任も全く認めてこなかった。

今でさえアスベストは深刻な健康被害を引き起こすことが自明になっていますが、アスベストも長年政府、自民

記事を読む

最後のテンプル騎士団総長ジャックDモレー、フリーメイソン、イルミナティから受け継がれる「Dの意志」。

テンプル騎士団最後の総長ジャックDモレー、フリーメイソン、イルミナティから受け継がれる「Dの意志」と

記事を読む

no image

アメリカのメディアも数百とあるように見えるけど大元は数社だけ。

アメリカのマスメディアはよく日本と違って数百社とあるから多様な放送をしていると言われます。 &

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数