学校のトップの責任と学校の体質の問題 。学校は校長とベテランによって潰される。

公開日: : 教育, 社会

■校長を減給処分=大津いじめ自殺―滋賀県教委
(時事通信社 – 02月26日 16:01)

 

いじめや体罰、学級崩壊、教師の欝など、今学校には解決しなければならない問題が山積しています。

 

政府や新聞やニュースなどのメディアでも、専門家などがいくつかの解決策を提示しています。

 

たとえば、クラスごとの相談役の設置やカウンセラーの増員、少人数学級の実現、教員の増員、第三者機関の設置、退職したベテラン教員が新人へ指導する案などいろいろと提示されています。

 

しかし、私はこれらの案は、お茶を濁す程度にはなっても、解決は無理だろうと思います。

 

まず、新聞や政府が考えている、いじめ対策や学級崩壊対策が現場の感覚とずれているからです。

 

これらの教育問題の原因が、親の過剰な要求や、子どもの幼児化、反社会的生徒の存在、若手教師の指導力不足というようによく言われています。

 

しかし、私は自分の子どもが心配で無茶を言う親もいるだろうし、暴れてしまう子どももいると思うし、幼い子どももいて当たり前だと思います。

 

じゃあ、なぜそれが5000人以上の教師の欝につながるのかというと、それは、学校のトップ(校長や教頭)の問題が非常に大きいと思います

 

どういうことかというと、例えばクラスでいじめが起きたり、暴力事件がおきたりすると、校長はその学級の担任を呼び出し、「お前のクラスでいじめが起きたせいで、俺の校長としての評価が下がったらどうしてくれる!!俺が退職後に再就職できなかったらお前の責任だぞ!!」というように指導(脅し)をかましてくるのです。

 

ちなみにうちの学校の前校長は、朝の打ち合わせで、「あなたたちのクラスで何か問題が起きると、私の責任になるんですよ!そのことを肝に銘じてくださいよ!」としょっちゅういっていましたね。

 

いじめなどが起きた担任は、校長室に呼び出され何時間も指導(説教)をされるのです。

 

どうすれば解決できるといった建設的な指導ではなく、「お前は向いていない!今すぐやめろ!」や「~日までに解決できなかったら辞表を出せ!!」と迫ります。

 

そのため、担任は、たとえ「いじめ」があるのではないかと思っても、上にはいじめはありません。という報告をあげてしまうのです。

 

「いじめ」のニュースで自殺した生徒などがいたときに、担任にいじめに気づいていましたか?という質問をすると、たいてい「いじめとは気づかなかった」と答えます。

 

これは嘘です。

 

担任をしていて、気づかないわけはありません。

 

これは、いじめなどの学級の問題を隠すことで、自身の教師としての評価を下げないためです。

 

「いじめ」や「学級崩壊」を起こしてしまうと、教員は狭い世界なので、その情報は近隣の学校にも広まります。

 

すると、たとえ新しいクラスになっても、保護者の口コミで、「あの先生のクラスはいじめがあったらしいよ」などと広まっています。

 

それらを恐れるあまり、担任はクラスの問題(暴力行為やいじめ、崩壊の前兆)などの情報を校内に出そうとしません。

 

しかし、トップが良ければ、「いじめ」などが起きたときも、いっしょに問題を解決していこうというふうになるのです。

 

ちなみに、うちの隣の学校では、去年新任が2人入ってきて年内には2人やめて、今年も新任が2人入ってきて年内にやめてしまいました。またうつ病になり療養休暇に入っている人も5人いるそうです。

 

この学校は、大規模校ではなく、2クラスずつの中規模校です。

 

なのにこの数は異常です。

 

理由を聞くと、トップ2人がひどいらしいです。

 

クラスで問題が起きると、3時間の説教だそうです。

 

しかも、内容は教師を今すぐやめろ!代わりはいくらでもいる!!と延々言われるそうです。

 

学校自体は落ち着いていて問題はないようです。

 

また、研修で知り合った鎌倉の先生も同じようなことを言われていたので、そういったケースは非常に多いと思います。

 

また、新人の先生だから荒れているということも、よく新聞に書かれています。

 

もちろん指導力がなくて荒れているということもあります。しかし、そうではないときもあります。

 

どういうことかというと、クラス分けの際に意図的に新人のところに、問題行動を起こす生徒を集めているのです。

 

そんなことは不可能だと思うかもしれませんが、実際にやっています。

 

次に誰がどの学年の何組を持つというのは、情報通のおばさんの間では常識になっているので、事前におばちゃんネットワークなどを通じて、「あいつは私のクラスにいれてくれるな!」ということを言っているのです。

 

実際俺も、何度かクラス分けを行いましたが、拒否権はベテランにあります。

 

ベテランが退職まであと~年なんだから、そいつは持ちたくないとか、こんな年寄りにそいつを持たせるきか!!と怒り出したり、大変な子は若い子が持って勉強しないとなど言って若手のところに大変な生徒をどんどん集めていくのです。

 

また、新任や移動してくる先生の場合もっと露骨に集められています。

 

なぜなら新しく来る先生は、いったいどいつが大変か知らないからです。

 

したがって、よく保護者がベテランの先生だから、荒れてないわねー!!と授業参観などで感心しているときがありますが、これはこういうカラクリが仕組まれているのです。

 

もちろん、ベテランや中堅の主任の先生で、大変な子は俺が全部まとめて面倒見るよ!!と率先してやる先生もいます。

 

ただ、見てきた限り、そういう先生は少数派です。

 

たいていは、息子の晩御飯を作らないといけないからとか、親の介護があってとか理由をつけて、大変な子を持とうとしないベテランが多いです。

 

校長は気づかないのかと思う人もいると思いますが、学校中に名前が売れているような生徒は気づきますが、それ以外の生徒は上は何も知らないので気づきようがないのです。

 

以上のように、まず「いじめ」や「学級崩壊」、「不登校」の問題を解決するには、まず責任をすべて下に押し付けて、退職後の心配ばかりしているこのシステム自体を変えないといけないと思います。

 

じゃないと、校内の連携やクラス間の連携などは夢のまた夢です。

 

今のままだと、「子ども」が一番の被害者になってしまいます!!




関連記事

no image

児童ポルノを公開した疑い、「写真袋」「写真箱」社長ら逮捕

児童ポルノを公開した疑い、画像共有アプリの社長ら逮捕 http://headlines.yah

記事を読む

no image

公立福生病院の人工透析中止には医療ソーシャルワーカーも加担していた。

福生病院の人工透析をやらせないで死なせた事件はなんとソーシャルワーカーがさせないように加担していたと

記事を読む

no image

池袋の怒羅権

池袋で妻射殺、中国人男は「ドラゴン」メンバー 覚醒剤反応「離婚迫られた」 - MSN産経ニュース

記事を読む

no image

恵比寿で黒服やってたときのお客さんってこんな感じだったな。

【20代、30代のリアル月次収支】飲食費25万円、キャバ代15万円!月々の赤字は23万円にも上る31

記事を読む

no image

日本は自力で生活できない貧困層を政府が助ける必要がないという世論の数値が世界で突出して高い。先進国一、世界でもトップクラスの非情で冷たい国。

アメリカのシンクタンク「ピューリサーチセンター」の調査によると、日本は「自力で生活できない貧困層」を

記事を読む

なぜ歌舞伎町や六本木のナンバーワンキャバ嬢は千葉県民なのか?

現在の歌舞伎町アジアンクラブナンバーワンのきよみんさんや六本木美人茶屋ナンバーワンの葉月芽生(はづき

記事を読む

no image

国はセーフティーネットをすべて風俗に丸投げしている!

大阪市職員「ソープ行けよ」 生活保護申請しに来た女性に http://bit.ly/1mmRin

記事を読む

no image

岩手県で里帰り出産で破水した妊婦の受け入れを断った県立病院は磐井病院と中部病院。正に鬼畜の所業です。

岩手県の里帰り出産で破水した妊婦の受け入れを断った県立病院は磐井病院と中部病院です。 &nbs

記事を読む

no image

事務でも飲食でも教師でもキャバ嬢でも風俗嬢でも都内>関東>地方の間には仕事レベルに大きな差がある

祇園や新地、ミナミ、錦、中洲でナンバーワンだってほんとよく来るんですが、都内からしたらだから何なのっ

記事を読む

no image

井の頭公園バラバラ殺人事件や東村山市、福生市の生き血廃棄事件も臓器売買事件。

井の頭公園バラバラ殺人事件は1994年に発覚したバラバラ殺人事件です。   2

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数