アメリカのヒッピー文化はアメリカ国防総省がベトナム戦争反対運動を潰すために生み出したもの。

1960年代後半にアメリカでヒッピームーブメントが起こります。

 

アメリカ人作家のデイブ・マクガオワンさんが2014年に出した本によるとアメリカのヒッピー文化はアメリカ国防総省、CIAがベトナム戦争反対運動を潰すために起こしたムーブメントだったそうです。

 

 

 

 

1960年代前半までのウエストコーストサウンド音楽の主流はイギリスのビートルズやデトロイトの黒人たちのモータウンサウンド、シカゴのシカゴブルース、ニューヨークなどだったそうです。

 

そこにいままでウエストコーストサウンド不毛の地だったロスアンゼルスのローレルキャニオン地区から突如としてヒッピーのスターがどんどん排出されていきます。

 

その経緯を調べると他のニューヨークやイギリス、シカゴなど他の地区で音楽が生まれた背景とはまったく異なる奇妙なものがありました。

 

このロスアンゼルスのローレルキャニオン地区は米軍の秘密基地がありました。(1969年に閉鎖)

 

このロスアンゼルスから次々排出されるヒッピーのスターにはなぜか米軍との関係があったそうです。

 

ドアーズのボーカルのジムモリソンはお父さんがアメリカ海軍の将校でベトナムのトンキン湾事件の担当だったそうです。

 

トンキン湾事件はアメリカがベトナム戦争に突入するための自作自演事件ですね。

 

ジムモリソンは大学時代までは映画を好きで勉強するなど音楽には全く興味がない人だったので、その人が急にメンバーを募りバンドを結成したことも謎とされています。

 

ロスアンゼルスのローレルキャニオン地区からママズアンドパパス、バーズ、バッファロースプリングフィールド、モンキーズ、ビーチボーイズ、イーグルズ、フランクザッパ、ジャクソンブラウン、キャロルキング、ジェームステイラー、ジョニーミッチェルなどなど数えきれないウエストコーストサウンドのスターが生まれたそうです。

 

ママズアンドパパスのジョンフィリップの父は海兵隊で母は軍の職員で2代目アメリカ大統領ジョンアダムズの子孫だったそうです。

 

バーズのデビットクロスビーは由緒ある家柄で父はアメリカ海軍の情報局に勤めていたそうです。

 

フランクザッパのお父さんはアメリカ軍の化学兵器技術者だったそうです。

 

アメリカというバンドは米軍基地内のアメリカ空軍情報局本部の仲間で結成されたそうです。

 

ジャクソンブラウンもお父さんが米兵だったそうです。

 

グランパーソンズはお父さんが米軍のパイロットだったそうです。

 

ロスアンゼルスのローレル地区から出てきたヒッピーミュージシャンはなぜか誰一人ベトナム戦争の徴兵にかからなかったそうです。

 

つまりロスアンゼルスのローレル地区から出てきたヒッピーミュージシャンはCIAのエージェントだったということですね。

 

また1960年代後半突如ロスアンゼルスのローレル地区にダンスクラブが次々できたそうです。

 

そこにCIAエージェントの芸術家ビットポレカスという人がヒッピー風のタンクトップにベルボトムのジーンズを履いた20代前後の若い綺麗な女性たちを夜な夜なダンスクラブに連れてきて奇妙な踊りを踊らせていたそうです。

 

それらのクラブにはLSDや麻薬なども蔓延していたそうです。

 

この時代はLSDや麻薬への取り締まりが非常に厳しい時代であったにも関わらず、なぜか誰一人警察に捕まえられていなかったそうです。

 

このロスアンゼルスのローレル地区が治外法権のようになっていたということですね。

 

世界中で麻薬やLSDの大元の卸をやって莫大な利益を得ているのがCIAですね。

 

ここからロスアンゼルスのローレル地区のクラブにはセクシーな格好した姉ちゃんたちがLSDや麻薬をきめて変な踊りをしてるぞと若者たちの間で話題になっていったそうです。

 

そこのクラブで演奏していたのがバーズなどヒッピーミュージックだったそうです。

 

またそのクラブにスティーブマックイーンやジェーンフォンダ、イージーライダーのデニスホッパーなどハリウッドスターも出入りしていて、そのこともより一層人気に拍車をかけたそうです。

 

これらのロスアンゼルスのローレル地区のダンスクラブの経営者、綺麗なヒッピー女性たちの背後にもアメリカ国防総省とCIAがいたということですね。

 

だからLSDや麻薬が蔓延しても誰一人捕まらない治外法権になっていたし、クラブをばんばん建てられる財力があったし、綺麗なお姉ちゃんたちを集められる力もあったし、ヒッピーミュージックを流行らせることもできたし、ハリウッドスターを次々呼び寄せることもできたわけですね。

 

そんな中1969年8月9日にヒッピーミュージシャンで自分でカルト宗教の教祖をやっていたチャールズマンソンが女優のシャロンデートなど5人を信者の少女たちに殺させるという残忍な事件が起きます。

 

チャールズマンソン自身がCIAに洗脳されて利用されていたのだと思います。

 

他にもワンダーランド事件などヒッピーたちによる殺人、自殺などがロスアンゼルスのローレル地区では相次いでいたそうです。

 

これらのヒッピーたちによる事件をマスメディアは大々的に取り上げて、ベトナム戦争に反対しているヒッピーたちはこんな凶悪な事件も起こすし、フリーセックスだとかコミューンだとか言ってるし、クラブではLSDや麻薬をきめて奇妙な格好をして変な踊りをしているとんでもない集団じゃないか!やっぱりベトナム戦争は正しいじゃないかという世論が強まります。

 

もともとヒッピームーブメントの前からベトナム反戦運動はアメリカの大学の若者たちを中心にあったそうですが、それがアメリカ国防総省、CIAなどの画策したヒッピームーブメントによって潰されてしまったそうです。

 

このヒッピームーブメントがベトナム戦争を継続させる後押しになったそうです。




関連記事

ギャルになりたい人、ギャルとは何かを知りたい人、東京の若者カルチャーを知りたい人が絶対読むべき漫画がGALS。

ギャルになりたい人、ギャルとは何かを知りたい人、東京の若者カルチャーを知りたい人が絶対読むべき漫画が

記事を読む

no image

芥里菜が8歳の息子を2週間放置して交際相手の男の家にいりびたっていたとして逮捕。

芥里菜(あくたりな)容疑者(25)が平塚市の自宅に8歳の息子を2週間放置して、海老名市の交際相手の男

記事を読む

no image

小倉美咲さんのお母さんの執拗に犯人扱いしていた未解決事件の配信者のKENは霊媒師(野上)と仲間か。

前回の記事で未解決事件について配信しているKENが小倉美咲さんのお母さんが小倉美咲さんを殺したと執拗

記事を読む

no image

芸能人や韓国の財閥の息子や警察庁長官の息子たちが大麻ネットワークを形成していたとして摘発。日本でもまったく同じことが行われています。

財閥グループ3世や歌手などの大麻取引を摘発した検察の捜査が拡大している。   供給

記事を読む

no image

餃子の王将社長射殺事件でマスメディアが報じている特定企業グループとは「部落解放同盟」。

餃子の王将射殺事件でマスメディアが報じている特定企業グループとは「部落解放同盟」です。 &nb

記事を読む

no image

愛媛県西予市宇和町の18歳のスナックのホステス山本舞さん殺害事件の真相について考察

愛媛県西予市宇和町の18歳のスナックのホステス山本舞さん殺害事件の真相について考察していきたいと思い

記事を読む

no image

大阪府警の本部サイバーセキュリティ対策課の男性巡査長が梅田周辺で盗撮を繰り返したとして書類送検。捜査で押収された盗撮事件の226点のデータも私的に自宅に持ち帰っていた(朝日新聞)

大阪・梅田周辺で9件の盗撮を繰り返したとして、大阪府警は17日、本部サイバーセキュリティ対策課の男性

記事を読む

no image

トランプ大統領の息子のバロン君がめちゃくちゃでかい!!

トランプ大統領のバロン君がめちゃくちゃでかいです!!   U.S. Presi

記事を読む

no image

衆議院議員の浜田聡議員がベビーライフ事件と認定NPO法人フローレンスと駒崎弘樹さんについて国会で質問。

衆議院議員の浜田聡議員がベビーライフ事件と認定NPO法人フローレンスと駒崎弘樹さんについて国会で質問

記事を読む

no image

ストックオプションアドバイザリーサービス株式会社とホワイトナイトインベストメントリミテッドとRVH。

ストックオプションアドバイザリーサービス株式会社(旧商号:DTFAS株式会社)  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ