ニクソン大統領はCIAにウォーターゲート事件で嵌められて失脚させられた。

公開日: : 政治, 未解決事件・冤罪事件

1972年6月17日にCREEPと呼ばれる「大統領再選委員会」のCIA工作員のメンバー5人がワシントンDCの民主党本部(ウォーターゲートビル)に侵入して盗聴器をしかけて逮捕されます。

 

そこからニクソン大統領との関わり、証拠隠滅などがワシントンポストなどに取り上げられて1974年8月9日にニクソン大統領が辞任に追い込まれる事件がウォーターゲート事件です。

 

ウォーターゲート事件は間違いなくCIAや軍産複合体(ディープステイト)によってニクソン大統領が嵌められた事件だと思います。

 

まずウォーターゲート事件を作り出したCREEPという大統領再選委員会はCIAによって構成されています。

 

CREEPが行っていた工作が対立候補の民主党のマクガバン候補の演説中に机にLSD(幻覚剤)を塗るだとか、ものすごい悪臭のする人たちを演説会に何人も潜り込ませるとか、杜撰な盗聴を行うとかすぐに逮捕されてしまうようなことばかりをしていました。

 

これらはニクソン大統領のためというよりもニクソン大統領を陥れるためにやっていたことは明らかでした。

 

ウォーターゲート事件の盗聴事件でも犯人であるCIA工作員5人はわざわざ手帳に指示していたホワイトハウス顧問だったエヴァレットハワードハントの名前や自宅の電話番号まで書き込まれていました。

 

諜報機関のプロのCIAがこんな杜撰なことをしているというのは明らかにおかしいですね。

 

わざとニクソン大統領まで捜査機関に辿らせるようにしていたことがわかります。

 

またウォーターゲート事件当時の共和党のニクソン大統領は訪中、訪ソを行い中国やソ連との関係改善、冷戦終結を模索したり、ベトナム戦争の終結に動きベトナム和平協定締結に至ったり、ドル切り下げを行ったりするなどして外交、内政ともに高い人気と評価を得ていました。

 

対立候補の民主党のエドマンドマスキーもジョージマクガバンも全く人気がなく、ニクソン大統領にとっては無風だったためにわざわざ対立候補を潰すような工作などする必要は皆無だったのです。

 

ニクソン大統領は非常に思慮深く、慎重な性格なのでウォーターゲート事件のような杜撰な事件に関わっているわけがなかったのです。

 

ニクソン大統領はケネディ大統領と大統領選を戦い一進一退の戦いを繰り広げたほどの人です。

 

ニクソン大統領は全米で関与していないと強く演説して回りますが、疑惑を拭うことができず失脚することとなります。

 

ニクソン大統領がCIAに潰された原因は中国やソ連との関係改善を行ったり、ベトナム戦争終結に動いたりしたことだと思います。

 

CIAや軍産複合体は戦争によって莫大な利益を得ているので戦争を終結させたりたり、対立国と関係を改善されたりすると困るわけですね。




関連記事

no image

美容院の株式会社エマージュが長時間過密労働をさせて退職した美容師に訴訟恫喝!

    https://union2000s

記事を読む

no image

東京都の改正迷惑防止条例が施行。盗撮の規制場所の拡大とナンパが完全に違法になりました。

7月1日より施行された東京都の迷惑防止条例の改正により盗撮行為の規制場所が拡大されました。 h

記事を読む

no image

関西は「インクルージョン」の名のもとに子どもを見捨てている。

やっぱり教育の質、教師の質、サービスの質などなんでも東京がだんとつ良いですね。  

記事を読む

no image

北海道5区の衆院補選は池田まきさんを応援しています!シングルマザーや非正規など弱者の味方になってくれると思います!

北海道5区の衆院補選は池田まきさんを応援しています!   シングルマザーとし

記事を読む

認知症患者の金融資産が200兆円を突破。

認知症患者の金融資産が200兆円を突破しました。 https://www.nikkei.com

記事を読む

no image

長期の集団いじめで女児骨折。大阪・吹田の小学校:日本経済新聞

大阪府吹田市の市立小学校に通う小学5年の女児が1~2年生だった2015~17年、同級生の複数の男児か

記事を読む

no image

中国のバブル崩壊でリーマンショックの再来になるかもね。

中国のバブル崩壊したらしいけど大丈夫なんかな?   日本でも伊藤忠とかがすごい

記事を読む

no image

アメリカではほとんどの人はテレビや新聞などマスメディアは見ていない。アメリカではほとんどユーチューブやサイト、ブログを見ている。日本も一部の人はその流れに。

日本でも最近になってようやく若者のテレビ離れ、新聞離れと言われていますが、アメリカではとっくの昔から

記事を読む

no image

ひきこもりや発達障害や精神障害は犯罪を犯す割合が高い。ひきこもりは危険ではない、偏見が強まるという発信も間違い。危険なのは確かだけど社会に包摂することが大事。

ひきこもりは危険ではない、偏見が強まるなどと当事者団体や支援機関から出ていますがそれも間違いです。

記事を読む

no image

子ども食堂は貧困解決策にならず。

子ども食堂、貧困自体の解決策にはならず、後藤広史さん:朝日新聞デジタル https://dig

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性・男性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数