過当競争により「美容室」の倒産が過去10年で最多に迫る勢い(東京商工リサーチ)

過当競争により「美容室」の倒産が過去10年で最多に迫る勢い(東京商工リサーチ)

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181210_02.html

 

 

美容院の倒産は過半数が個人経営で従業員5人未満が全体の9割を占めているそうです。

 

負債5000万未満の倒産が73件と中小・零細の美容院が8割以上となっています。

 

負債10億円以上の大型倒産はなく、平均負債は3300万円でした。

 

原因の9割は過当競争によるものだそうです。

 

地区別では1位が近畿の33件、2位が関東の22件でした。

 

美容室は、開業での店舗建物、設備・備品などの設備投資が比較的小さいことから、新規参入が比較的容易なため、オーバーストア(店舗過剰)を招きやすい体質があると指摘されているそうです。

 

厚労省の衛生行政報告書によると美容室(美容所)数は2008年度に22万1394施設だったが、2017年度は24万7578施設に達し、この10年で2万6184施設(11.8%)増加しています。

 

大手7社の国内コンビニ店舗数が5万5564店(日本フランチャイズチェーン協会調べ、2018年10月時点)と比べて約4.5倍に相当し、その多さが実感できます。

 

また、従業美容師数も、2008年度の44万3944人から、2017年度は52万3543人にのぼり、この10年で7万9599人(17.9%)も増加しています。

 

美容室・美容院市場は、このオーバーストアを背景に、クーポン割引、ポイントカード等の多用などによる過当競争が厳しさを増し、ここへきて経営体力を消耗して息切れする事業者が多くなっているとみられます。

 

美容室経営者では、経営上の問題として「客数の減少」と「客単価の低下」を上位に挙げています。

 

特に、「客数の減少」は深刻で、地方を中心に人口減少に加え、年に数回しか利用しない客層が拡大していることが影響しているようです。

 

また、「客単価の低下」は、「1000円カット」などの低価格サービスや値引きキャンペーン、低価格店の増加で、過当競争に拍車がかかっています。

 

さらに、集客方法でもチラシ広告など紙媒体から、検索・予約が可能な集客サイトへの掲載が目立つようになってきました。

 

これは店舗周辺の固定客で成り立った営業方法が年々、難しくなってきていることを示しています。

 

美容室関係者の間では、今後、業界は小規模事業者の減少を横目に見ながら、低価格美容サロンチェーンと高級志向のサービスを提供するサロンに二極化が進むとの予測が強まっています。

 

いずれにしても当面、消費者(利用客)が価格と質(技量、満足感)を求める動きは強まるとみられ、オーバーストアの中で業界内の淘汰は避けられないとみられています。

 

美容院は本当に至る所にありますね。

 

こんなにあってよくやっていけてるなと思っていましたが、やっぱりどんどん倒産していっているんですね。

 

いまは地方は人口減少や高齢化が著しいので美容業界だけでなくあらゆる商売が難しくなっていっていますよね。

 

近畿が倒産件数が1位というのも、関西経済の深刻な不振を見ているとわかりますね。

 

やはり残っていくのは値段が高くても技術がある店というのは納得ですね。

 

多少高くてもやはり上手い美容師に切ってほしいというのはみんなに共通したことだと思いますね。

 

個人的にはチェーンの美容院よりも個人経営の長年経営している美容室の方が技術が上手い気がしますね。




関連記事

いま西成がオシャレでグルメな街に急激に変貌している。

いま西成がオシャレでグルメな街に急激に変貌しています。    

記事を読む

no image

子どもの貧困から大人の貧困問題へと繋がるか?

湯浅誠さんなんかは子どもの貧困問題から大人の貧困問題へと世間の関心がつながるって言ってるけど、いつま

記事を読む

no image

キャバ嬢は金持ちのおっさん相手の対人援助職(ソーシャルワーカー)。

  キャバ嬢は対人援助職だと思います。   金持ちのお

記事を読む

no image

夜の世界でスカウトを否定してソーシャルワークはできない!ソーシャルワークは衣食住の三つの柱が必要なんだよ。

夜のソーシャルワークをやろうとしたら夜のことを否定してはできない。   なぜ

記事を読む

アパレル崩壊。アパレル産業の総ブラック化。

読売新聞でアパレル産業のブラック化について連載が始まっています。   日経BP

記事を読む

no image

日本はヤクザ、ヤンキー社会なのでそこに馴染めない者はスクールカースト下層に分類されます。

「私が18歳まで住んでいたような地方都市だと、中学校でのスクールカーストが、一生続くんですよ。大人に

記事を読む

no image

上から目線で草の根で活動されている団体をバカにするオシャレNPOの角間さん。

    最近はこういう上から目線で草の根で活動されて

記事を読む

no image

10代のギャルの子からNPOに相談。高齢者の人はギャルの子への差別発言をやめてほしい!

10代の金髪のギャルの子からうちのNPOに相談がありました。   友達と地元の

記事を読む

no image

韓国の美容整形の雛形を作ったのが高須クリニックの高須院長。

  韓国の美容整形の雛形を作ったのが高須クリニックの高須院長なんですね。

記事を読む

no image

山本五十六連合艦隊司令長官からバーニング周防社長、関東連合まで連なるアメリカCIA人脈。

笹川良一さんは若いころは海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六さんの用心棒でした。  

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数