JKビジネスが摘発されて彼女たちは今個人売春に走っている。より危険な方へと彼女を追いやっている。

公開日: : 最終更新日:2017/06/02 JKビジネス, NPO, 社会 , , ,

今、JKビジネスが摘発されて、彼女たちは個人売春に走っている。

 

これは前々からずっと指摘してきたことだけど、彼女たちは未熟な少女だからスカウトに騙されたり、未熟だからJKビジネスに走っているのではない。

 

彼女たちは少女とか関係なく「メンヘラ」なわけです。

 

仁藤さんの言い方とかだと、スカウト経由でJKビジネスに入る子が多いみたいな言い方だけど、自らホームページなどから応募する女の子も多い。

 

もうその子たちは現実世界が嫌になってしまっていて、もう昼の世界では生きられないんですね。

 

だからJKビジネスが彼女たちの受け皿になっている。

 

実際に彼女たちと接していればわかることなんだけど、やっぱりどこか変なわけですね。

 

見た感じは普通で凄いかわいい子なんだけど、空気が読めなかったり、集団に馴染めなかったり、挙動がおかしかったり。

 

それで昼の世界(学校や家など)ではいじめられたり、家での居場所がなかったりしている。

 

そしてそういった病んだ子たちが集まっていたのがJKビジネスなわけです。

 

そこでは参与観察すればわかると思うけど、初めての友達ができたり、助け合える仲間ができたりしているわけです。

 

今JKビジネスが摘発されて以後、個人売春を行っているJKたちは街に溢れている。

 

そして、年齢が18になると夜の世界に回収される。

 

だけど、その子たちは夜の世界(風俗やキャバクラ)でも馴染めない。

 

なぜか?

 

その子たちはコミュニケーションなど挙動に問題を抱えているため、キャバクラなどでは女の子集団に馴染めず孤立してしまう。

 

彼女たちは昼の世界で馴染めないからJKビジネスに行っている!その前提を抑えないと処方箋はないと思います!

 

つい3日前にも渋谷の街で、秋葉原でJKおさんぽをしている女の子に会いました。

 

やっぱりその子も変でした。

 

見た目ではわからない。

 

普通の見た目の子。

 

メディアではJKビジネスにいるのが未成年だから取り上げられるけど、本質としてはホストに狂う成人女性と根は同じだと思います。

 

ホストに狂っている女の子も「メンヘラ」で病んでいる。

 

だけどメディアは彼女たちは成人しているがゆえに誰も大きく取り上げない。

 

ホスト狂いの子もJKビジネスにいる子と同じようにメンヘラでどこかおかしい。

 

ホスト狂いを無理やり昼に戻せばいいのか?というと違うわけです。

 

ホスト狂いもホスト狂いというコミュニティの中で初めて友達ができたり、なんでも打ち明けられる友達ができたりしているのです。

 

JKビジネスというのは彼女たちにとってのセーフティーネットであるのは間違いないと思います。

 

今それがなくなり、危険な個人売春に走っている。

 

最近、JKビジネスにいた子が精神病院に入ったり、自殺したりということを聞きます。

 

これはJKビジネスというものが彼女たちにとっての自己肯定感を高めることになっていたのだと思います。

 

しかしそれが違法だよと言われてしまう中で、せっかく見つけた居場所を奪われてしまう事態になってしまっているのだと思います。

 




関連記事

no image

実は都心は便利なようで不便。めちゃくちゃ住みにくい。

近所の喫茶店のママと話しててんけど、都心って実は住みにくい!   その喫茶店の

記事を読む

no image

風俗を無意識のうちに差別しているから、風俗に引き入れるとか落とし込むというような表現が発せられる

風俗に引き入れる、風俗に落とし込むみたいな表現を使う人自体が風俗を無意識のうちに差別してるんだよね。

記事を読む

no image

民進党の山尾さん。

山尾さんはこれを機にもう死に体の民進党を離れて自民党か都民ファースト辺りに合流しようと思ってるんじゃ

記事を読む

渋谷はもう完全に大人の街に回帰しましたね。渋谷にギャルはいなくなりました。

V字回復傾向の渋谷109、施設初の全館タイムセールに一晩で9000人来館。仮装接客していたショッ

記事を読む

no image

今の時代、外見的な綺麗であることは整形をすればすぐに作れる。

今の時代、外見的な綺麗であることは整形をすればすぐに作れる。   だけど中身の

記事を読む

no image

モテないやつほど女の子を顔で選び、モテるやつは女の子を性格で選ぶ

モテないやつほど女の子を顔で選び、モテるやつほど女の子を性格で選ぶ。   モ

記事を読む

no image

昨今のいじめなどの教育問題について(いじめ解決には学校システムを根本的に変えるしかない!)

最近は大津のいじめ事件以降、全国からいじめ事件が顕在化してきていますね。  

記事を読む

愛沢えみり、安藤美冬、桃華絵里、武藤静香など新時代の価値観の一方ビリギャルのような旧時代のレールに乗ったら安泰的な価値観も根強い。

だけど一方でまだ旧時代の価値観というか大きな物語を信じてしまっている人たちもいる。  

記事を読む

no image

若者研究者や社会学者が語る若者はめちゃくちゃ偏っている(笑)

タイムライン見てもわかるけど、今の若者の流行りは何かって言ったらウルトラやEDMなんですよ。

記事を読む

no image

真に摘発しないといけないのは街角でどうどうと配っているティッシュ配り!!

キャバ嬢募集ティッシュに注意   ピンサロ求人の常套手段。  

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数