岡崎京子さんは男性社会の女性性を逆に利用する強く美しい女性を描こうとした。

公開日: : 最終更新日:2018/02/10 女性, 少女, 書評, 社会

岡崎京子さんが描こうとしたリアルな「東京」、リアルな「少女」に関しては今読んでもまったく古びることがない。

 

岡崎京子展でも入口に書かれていた 「いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。いつも。たった一人の。一人ぼっちの。一人の女の子の落ちかたというものを」

 

「ヘルタースケルター」で描かれた「女性の外見上の美しさ」を求められる社会。

 

今も「女子力」の高さを求められる社会は変わっていない。

 

主人公は芸能プロダクション社長などに利用されて整形させられ美しい女性への変貌させられる。

 

またあらゆる人脈もできてくる。

 

岡崎京子さんはヘルタースケルターで、自分を整形させて売り込んでいく芸能プロダクション社長などを逆に利用して美しくなっていく強い女性を描こうとした。

 

ヘルタースケルターの中で主人公りりこにこう語らせている「あたしはあたしがつくったのよ。」

 

日本社会はまだまだ男性社会で、女性は男性の価値基準のもとに生きることを強制されている。

 

男性は頭がキレる女性よりも少しおバカで若い女性が好きだし、美しい女性が好き。

 

岡崎京子さんはじゃあそこに乗っかって、逆に利用してやろうじゃないかという女性を描いた。

 

ピンクで描かれた昼はOL、夜は風俗嬢をしながらワニを買っている主人公。

 

OLだけでは満たされない、欲しいものは欲しいという女性らしさが描かれてると思う。

 

この辺は鈴木涼美さんの「夜のオネエサンの愛と幸福論」でも冒頭で書かれた「シャネルに囲まれて独りぼっちで夜を過ごすのは嫌だし、だけどどんなに働いてもシャネル一つ変えないのはもっと嫌だし、高い服を着たいし、高い商品でありたいし、愛してくれないと嫌で、愛してくれるだけじゃ嫌なのだ」というのと近いと思う。

 

岡崎京子さんは男性が求める女性性を逆に利用してやろうじゃないかという強くしたたかで美しい女性観が感じられる。

 

この辺の価値観は現代の女性(特に夜の女性)には共感できるところではないだろうか。




関連記事

no image

たいがいの大仕事は誰かの「代打」から始まる

日経BPプロデューサーの柳瀬博一さんがとても含蓄ある言葉を言っていました。  

記事を読む

no image

そこでしか生きられない人がいる!ノイズを除去することで失われるものはとても大きい。

新宿歴史博物館で宮沢章夫さんの日本戦後サブカルチャーと新宿を聞いてきました。  

記事を読む

no image

横浜プリンスが今、会長が白昼堂々半グレに拉致されるなど大変な状況に。

横浜キャッチ10人一斉摘発。 http://www.kanaloco.jp/article/2

記事を読む

東海道新幹線が凄いのは港区、中央区の都心部を突っ切って東京駅に到着すること。

    東京駅はほんとに凄い! 東海道新幹線通してさ

記事を読む

no image

こどもの貧困

「こどもの貧困」ってこどもが貧困になるわけなくて、すべては親である「大人の貧困」なのにそこを見ようと

記事を読む

no image

東京に出張や単身赴任で来ている関西人あるある。

東京に出張や単身赴任で来ている関西人あるある。   寂しくなったとき、歌舞伎

記事を読む

no image

医療・福祉は大卒3年で離職率が38パーセント。

医療・福祉は大卒3年で離職率が38パーセント http://www.fukushishimbu

記事を読む

no image

大阪人は金がないから大阪では高級スーパーは流行らない。

いかりスーパーて勢いなくなってきてる気がするんだけど…やっぱり? https://t.co/CR

記事を読む

豊洲の都営住宅が解体。豊洲の数少ない昭和らしさが無くなるのは寂しいですね。

都営住宅豊洲四丁目アパート、全13棟が解体中!2020年に7棟のマンションに - #とよすと #

記事を読む

no image

天王寺で地元の友だちと飲み。最近は東京よりも地方が熱い気がします!

昨日は地元天王寺で地元の同級生と飲みました。   1軒目は、駅前に新しく出来て

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数