岡崎京子さんは男性社会の女性性を逆に利用する強く美しい女性を描こうとした。

公開日: : 最終更新日:2016/01/17 女性, 少女, 書評, 社会

ただ岡崎京子さんが描こうとしたリアルな東京、リアルな少女に関しては今読んでもまったく古びることがない。

 

岡崎京子展でも入口に書かれていた 「いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。いつも。たった一人の。一人ぼっちの。一人の女の子の落ちかたというものを」

 

「ヘルタースケルター」で描かれた「女性の外見上の美しさ」を求められる社会。

 

今も「女子力」の高さを求められる社会は変わっていない。

 

主人公は芸能プロダクション社長などに利用されて整形させられ美しい女性への変貌させられる。

 

またあらゆる人脈もできてくる。

 

岡崎京子さんはヘルタースケルターで、自分を整形させて売り込んでいく芸能プロダクション社長などを逆に利用して美しくなっていく強い女性を描こうとした。

 

ヘルタースケルターの中で主人公りりこにこう語らせている「あたしはあたしがつくったのよ。」

 

日本社会はまだまだ男性社会で、女性は男性の価値基準のもとに生きることを強制されている。

 

男性は頭がキレる女性よりも少しおバカで若い女性が好きだし、美しい女性が好き。

 

岡崎京子さんはじゃあそこに乗っかって、逆に利用してやろうじゃないかという女性を描いた。

 

ピンクで描かれた昼はOL、夜は風俗嬢をしながらワニを買っている主人公。

 

OLだけでは満たされない、欲しいものは欲しいという女性らしさが描かれてると思う。

 

この辺は鈴木涼美さんの「夜のオネエサンの愛と幸福論」でも冒頭で書かれた「シャネルに囲まれて独りぼっちで夜を過ごすのは嫌だし、だけどどんなに働いてもシャネル一つ変えないのはもっと嫌だし、高い服を着たいし、高い商品でありたいし、愛してくれないと嫌で、愛してくれるだけじゃ嫌なのだ」というのと近いと思う。

 

岡崎京子さんは男性が求める女性性を逆に利用してやろうじゃないかという強くしたたかで美しい女性観が感じられる。

 

この辺の価値観は現代の女性(特に夜の女性)には共感できるところではないだろうか。




関連記事

no image

今の社会学者とか教育学者の少年法改正反対派は不良の見方と言われてもしかたないよ。

まずねー、少年犯罪は減ってるとか言ってる人根本から間違ってるよ!   まず少年

記事を読む

キャバ嬢や風俗嬢というのは、富裕層からの富の移転を担っている(所得の再分配)とても重要な仕事!

阿部彩氏「必要なのは、「ウォール街を占拠せよ」運動のスローガンであった「99%VS1%」という対立構

記事を読む

no image

キャバクラとアパレルはとても似ている。個人内の売り上げ目標を達成して、次の来店(本指名)に繋げないといけない。

キャバクラとアパレルは似てると思う。   アパレルも店によって個人の売り上げ目

記事を読む

no image

統計だけ出してきてこうなってますよ!というやつは要注意!

統計だけ出してきてこうなってますよ!というやつは気をつけないといけない。  

記事を読む

no image

一刻も早い売春合法化が必要。

売春防止から女性支援へ 法改正への動きが加速 http://t.co/GLySeier9P pic.

記事を読む

no image

いつまでもあのミルクコーヒーを忘れられません。

この前アウトリーチで知り合った女の子は親が中小零細企業を経営していて、毎月なんとかやりくりする自転車

記事を読む

鈴木大介さんの「出会い系のシングルマザーたち」の感想

    鈴木大介さんの出会い系のシングルマザーたちを読みまし

記事を読む

no image

西麻布は元来高級住宅なのでラウンジの営業許可が降りにくい。低層高級住宅のため住民の目が厳しい。

西麻布のラウンジが恵比寿に進出してるのは、西麻布だとキャバクラの営業許可が降りにくいからなんだよね。

記事を読む

服飾専門学校生の行きたい企業1位がストライプインターナショナル。

服飾専門学校生が行きたい企業1位がアースなどのストライプインターナショナル。  

記事を読む

no image

キャバクラに来る客はイケメンでコミュニケーション力が高い人が多い

キャバの客って結構コミュ力高い人が多いような気がするなー。   もともとキャバ

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数