日本の裁判は民事訴訟に勝っても1円もお金を取ることはできない。

公開日: : 最終更新日:2018/02/09 ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ, 社会, 裁判・法律

現状の裁判では仮に強制執行(仮執行)が認められても口座の支店などを原告側が探し出さないといけないし、そのたびにコストがかかるため実質被告側から損害賠償などを取ることは不可能ですね。

 

ほとんどの訴訟は裁判に勝訴しても原告側がお金を取れないケースが多いです。

 

いじめの訴訟や殺人事件などの民事訴訟で何億円という賠償請求が認められても実際は1円も取れないことがほとんどです。

 

弁護士の先生がたまに訴訟をしましょう!などとけしかけることがありますが、ほとんどのケースは弁護士の先生が着手金や成功報酬がほしいからですね。

 

着手金で30~50万、成功報酬では数百万円以上ですね。

 

弁護士の先生は依頼者から直接お金を貰うので取りっぱぐれることがありません。

 

2ちゃんねるの管理人のひろゆきさんも裁判で何億円の損害賠償を命じられたが1円も払わず時効になったと言っていましたね。

 

特に反社会的勢力の人たちは口座を作れない家を借りれないのでどれだけ裁判で訴えられて負けて強制執行になっても差し押さえるということができないですね。。

 

離婚裁判などでも養育費を払わないということが問題になっていますが、あれも強制執行しようにも相手の口座を見つけ出すことは不可能なために取れないということですね。

 

したがって裁判というのは弁護士の先生には非常に美味しいものですが、訴える側の原告にとってはメリットはほぼありません。




関連記事

no image

住吉会幸平一家の首藤翔平が居酒屋の経営者を脅して暴行したとして逮捕(日本テレビ)

東京・歌舞伎町の居酒屋を管理する男性らに暴行を加えた上、複数人で取り囲み現金を脅し取ろうとしたとして

記事を読む

no image

NHKの「なつぞら」でなつが作画監督を引き受けることに違和感。

NHKの「なつぞら」でなつが6時に保育園に子どもを迎えに行かないといけないと社長に行ってるのに、社長

記事を読む

no image

武蔵村山市の市長選にAV強要はなかったと言ってAVメーカーやプロダクションに雇われていた志田陽子さんが立候補している!

武蔵村山市の市長選にAV強要はなかったと言ってAVメーカーやプロダクションに雇われていた志田陽子さん

記事を読む

瓜田純士さんの舎弟の250番さんとシラフジャンキーさんが下北沢の顔の岬たんと下北沢のカフェでコラボ。

瓜田純士さんの舎弟の250番さんとシラフジャンキーさんが下北沢の顔の岬たんとコラボしていました。

記事を読む

no image

三重の誘拐事件は誘拐でもなんでもない!自ら出向いてるのだから犯罪ではない!

少女誘拐 自分でついて行った | 2015年12月26日(土) - Yahoo!ニュース &n

記事を読む

no image

住吉会栃木一家小山板橋五代目幹部の永藤大旗が飲食店従業員の男性を暴行したとして逮捕(暴力団ニュース)

栃木県警小山署は23日、知り合いの男性の顔を殴るなどしてケガを負わせたとして、指定暴力団・住吉会系三

記事を読む

no image

中野区の住宅で住人の男性を殴り現金3000万円を奪ったとして8人を逮捕(日本テレビ)

東京・中野区の住宅で現金およそ3000万円が奪われた事件で新たに運転手役の31歳の男が逮捕されました

記事を読む

no image

山梨県甲府市の稲川会佐野組の本部事務所の車を銃撃したとして元稲川会四代目森田一家組織委員長橋ケ谷組組長の橋ケ谷光徳に懲役6年の判決。

2021年5月27日、甲府地裁は山梨県甲府市の稲川会佐野組の本部事務所の車を銃撃したとして元稲川会四

記事を読む

no image

稲川会佐野組本部長補佐の深澤厚志と東京都の中国籍の李雨杭と上越市の田浪孝子ら6人がミャンマーとアメリカから6、5キロの覚醒剤を密輸したとして逮捕(UX新潟テレビ21)

末端価格4億円・約6.5kgの覚醒剤を密輸した疑いで中国国籍の男や暴力団の男など男女6人が逮捕されま

記事を読む

no image

もっとも生活困窮しているのは子育て世帯ではなく単身世帯。

政府が子育て世帯への5万円の追加の給付金を発表していましたが、もっとも生活困窮しているのは子育て世帯

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ