世界中で暗躍している統一教会の特殊詐欺グループ(現代ビジネス)

SNSやマッチングアプリなどで出会った人から、恋愛感情を利用して金銭を騙し取る「ロマンス詐欺」が世界中で被害者を出し続けている。

 

韓国人男性Jさん(34)は、台湾在住の「日本人女性」と名乗る方にフェイスブックを通じてやり取りをはじめた。

 

ビザを取って、韓国で一緒に生活したいと持ちかけられ、お金の工面を申し込まれる。

 

結局、160万円を送金してしまい、その後、音信不通になってしまう。

 

詐欺だと気づいたJさんは、それまでに台湾の電話番号からかけてきた女性とやり取りしたことがあったのを思い出し、その番号をもって台湾の警察に駆け込んだ。

 

台北市警察局の担当者は当初、「台湾の電話番号であっても、犯人はナイジェリアや中国の人間であることが多い」という話をしていたが、その番号が以前、旧統一教会関連の被害で使われた番号と同じだったことが判明した。

 

そこから浮上したのが教会の信者グループ8名だった。

 

日本と同様、台湾でも旧統一教会は巨額の寄付金が問題になっているが、教団は政界に食い込んでもいるという。

 

「問題の信者グループは過去、寄付ノルマをこなすため、別の詐欺事件を起こしていたようです。でも、その矛先が教団に向かわないためか、4月ごろにはグループごと脱退して、教団は警察に『辞めた人々のことなので分からない』と返答したそうです」

 

信者グループは台湾人のほか、本土出身の中国人もいたというが、なぜ彼らが日本人を成りすましたのかは分からない。

 

フェイスブックでは、美女のプロフィール写真なのに「水慎水太郎」という奇妙な男性名になっていた。

 

「私にはそれが男性の名前と分からなったので…」とJさん。

 

その後、彼が韓国の警察にも捜査協力してもらっていたところ、台湾ではグループのひとり、電話に出たと思われる女性が警察に連行されたという連絡があったという。  

 

そして、その女性は少なくとも2名の日本人、4名の韓国人、計6名の男性と電話で話して金をだまし取ったと供述した。  

 

「ただ、女性は電話で話すことを頼まれただけで、4000台湾ドル(約1万8千円)ぐらいの少ない報酬をもらっただけだそうです」(同)  

 

「水慎水太郎」などという奇妙なアカウント名、日本人ならおかしいと気付きそうなものだが、ロマンス詐欺の厄介なところは、主に外国人を狙うため、言葉のコミュニケーションがしっくりこなくても相手を信じてしまうことである。  

 

そして、国境を超えているため捜査を難しくさせている。

 

多くの手口は、ルックスの良い男女を装って、恋愛感情を利用。結婚をほのめかしてビザ費用や渡航費、将来の結婚資金などが要求される。

 

7月下旬、台北市警察局に問い合わせると、「事件については捜査中のため」と現状について教えてもらえなかったが、「被害報告があっても、必ずしも有罪とできないものもあり、とても厄介」とした。

 

また、旧統一教会の信者グループによる犯行と見られるが、「教団が関わったという証拠がない限り、教団への捜査はない」との回答だった。

 

台湾での宗教による巨額寄付問題に取り組んでいるリー・シリン氏によると、「最近は信者が減少傾向にあるせいか、教団の寄付ノルマが厳しくなって、犯罪に走る信者がいる。

 

しかし、あくまで寄付なので教団は関与していない立場で逃げている。

 

台湾では旧統一教会は政治団体を持っているので、警察も安易に捜査をしたがらない」という。

 

日本で起こっている問題とかなり類似性があるが、「台湾の場合、黒社会と呼ばれるマフィアの連中が、集金の手助けをしたり、詐欺をやる信者を国外に逃がしてからやらせるケースもあって、なお立件が難しくなっている」そうだ。

 

被害者に日本人がいることについても、台湾警察局は回答しておらず、日本でもこれと結びつく被害報告はまだ聞かれていない。

 

ロマンス詐欺の場合、「事件として発覚したら恥ずかしい」と思う被害者が泣き寝入りするケースもあり、伝えられている以上の被害があると推察できる。

 

日本では安倍晋三元首相の殺害事件から家庭連合をカルトと見る見方が強まったからか、一部の信者たちが無数の関連団体などに移って別動隊として活動していることが分かっている。

 

万一にも彼らが台湾のように犯罪までして集金活動を始めるというなら、ゲリラ的な反社会的集団として手に負えなくなってしまうが…。

 

(現代ビジネス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a1cd291ffcf6ca07969e81ecb2bca885366d64a?page=1




関連記事

no image

森ビルはCIA、イルミナティの直営企業。

森ビルはCIA、イルミナティの直営企業になります。   森ビルは1955年に森

記事を読む

no image

北海道苫小牧で車に轢かれたおじさんの受け身がスタントマン並みにうまい!

北海道苫小牧で車に轢かれたおじさんの受け身がスタントマン並みにうまいと話題になっていました。

記事を読む

no image

敵刺と尾山台。

住吉会系村田会の現役ヤクザ系ユーチューバー敵刺さんの地元が世田谷区尾山台だそうです。 &nbs

記事を読む

no image

絆会幹部が警察官を殴ったとして逮捕(暴力団ニュース)

兵庫県警長田署は13日、職務質問中の警察官の胸を殴ったとして指定暴力団・絆会幹部(51)=神戸市長田

記事を読む

タレントのマリエさんが18歳の時に島田紳助さんや所属事務所に性行為を強要されていたことをインスタライブで告白。

タレントのマリエさんが18歳の時に島田紳助さんや所属事務所に性行為を強要されていたことをインスタライ

記事を読む

no image

不動産会社ビジョンバンクがキャバ嬢の桜井野の花さんを相手取り1480万円の賃料支払い請求訴訟。

不動産会社ビジョンバンクがキャバ嬢の桜井野の花さんを相手取り1480万円の賃料支払い訴訟を起こしまし

記事を読む

no image

駒崎弘樹さん「子供政策が目指すものは創価的なビジョン」

駒崎弘樹さんが子供政策が目指すものを聞かれて、「子供政策が目指すものは創価的なビジョン」と語っていま

記事を読む

no image

中高生が今すぐほしいもの1位「お金」中学生の貯蓄目標30歳で1075万円。(ソニー生命保険)

中学生が今すぐほしいもの1位「お金」中学生の貯蓄目標30歳で1075万円。(ソニー生命保険)

記事を読む

東京最強セキュリティ会社BONDS(ボンズ)VSチャイニーズマフィア。

渋谷supreme前でBONDS(ボンズ)vsチャイニーズマフィア(東北系)が起きていました。

記事を読む

no image

岸田文雄総理と加藤勝信厚生労働大臣、横倉義武元日本医師会会長が新橋の高級料亭「金田中」で会食。

岸田文雄総理と加藤勝信厚生労働大臣、横倉義武元日本医師会会長が新橋の高級料亭「金田中」で会食していま

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ