なぜ数千人以上とも言われるAV強要被害者がいるのに警察は「強要罪」を適用できないのか?

公開日: : AV

AV強要の被害者は数千人以上いると言われています。

 

しかしその事実を認めたくない人たちは「強要罪」での逮捕や摘発が1件もないではないかと言います。

 

強要罪はこちらになります。

 

強要)
第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前2項の罪の未遂は、罰する

 

伊藤弁護士も言っていますが「強要罪」というのは女優が泣き叫び必死で抵抗しそれでも脅されるという状況がないと成立しません。

 

また証拠がないため警察が立証するのが非常に難しい犯罪になります。

 

そのためAV強要や人権侵害の被害女性が数千人以上いるのに警察は動けなかったのです。

 

具体的にそれらを取り締まる法律がないからです。

 

だから被害女性がこれまで何百人と警察に相談しても契約までの本数を出るしかないとか、警察ではどうしようもないと言わざるをえなかったのです。

 

メーカーやプロダクションも巧みな強要手段と洗脳手段を使っているため既存の犯罪にはならないようにしています。

 

だから今伊藤弁護士やHRNはAV強要や女優への人権侵害を取り締まる法律を新たに作るべきと政府に働きかけているのです。

 

警察もそれらを野放図にしておくことはできないので、悪質なメーカーやプロダクション、女優、男優に対しては職安法違反や猥褻電磁的記録頒布罪(刑法175条)を適用して摘発を進めているのです。

 

これらはすべて被害女性のためであり、これからの被害を防ぐためでもあります。

 

表現規制うんぬんの問題とはまったくの別問題です。

 

これらに反対している人はぜひ考えてもらいたいです。

 

もしあなたが女性で無理やりAVを強要されて現場では聞いてない酷いプレイをやらされて精神疾患になっても一切の証拠や取り締まる法律がないから取り締まれないと言われたらどうでしょうか??

 

強要され酷い目にあい精神疾患になっても契約している本数があと~本あるからそれまでは仕方ないけど出るしかないと言われたらどうでしょうか??

 

現状の取り締まれる法律を使い女性への被害を防いでいくことは必要なんです。




関連記事

モデルやアイドル、女優、AV女優の美容整形はほとんどこのクリニック。

モデルやアイドル、女優、グラビアアイドル、レースクイーン、AV女優の美容整形はほとんど麻布十番のプリ

記事を読む

no image

警視庁は座間事件以後すぐにスカウト会社と風俗店を摘発!

いまわかっている範囲で座間の事件以降、警視庁がスカウト会社一つと風俗店一つを摘発して壊滅させたようで

記事を読む

no image

AV強要プロダクションの裏に引きこもり支援NPO

今回のAV強要でびっくりするのは、それにひきこもり支援NPOなんかもかかわってること。 &n

記事を読む

no image

フェミニスト、リベラルは性風俗分野になると途端に保守的、強権的になる。

AVの出演強要は断固として反対だけど、AVに出たい人の権利まで抑圧していくような人や児童ポルノと結び

記事を読む

no image

パワハラ鍋のMELM社長と芸能界のAV強要。

パワハラ鍋のMELM社長は社員への暴行、DVなど悪行の限りを尽くしていたようです。  

記事を読む

no image

AVANの川奈さん、赤谷さんの言う大手では安心というのはどこのことでしょうか?

http://www.sankei.com/west/news/170328/wst17032800

記事を読む

ツイッターのご意見番でバーニング系テンカラットのモデル「ふわたん」がホストに狂ってAV女優となり詐欺で逮捕された「ききたろ」をボコボコにする。

ツイッターのご意見番でバーニング系テンカラットのモデル「ふわたん」がホストに狂ってAV女優、風俗嬢に

記事を読む

no image

今大手AVプロダクションもメーカーも風俗店もAV強要でいつ摘発されるか戦々恐々です。

吉原ソープの南雲グループに マインズ エルプロ が アダルト女優派遣し 捜索うける そ

記事を読む

no image

まだ摘発されていないAV強要プロダクション、ソープ強要風俗店は無数にあります!

まだ摘発されていない同じく吉原の某超高級生中出し高級ソープに所属するAV女優を無理やり働かさせていた

記事を読む

no image

芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)の社長の永田寛哲氏がセクハラで提訴される。

芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)の代表取締役社長の永田寛哲氏が虹のコンキスタド

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数