警視庁は2020年からすでにルフィたちの犯行を把握していた(フラッシュ)

警視庁は2020年からすでにルフィたちの犯行を把握していたとフラッシュやTBSの報道特集が報じていました。

 

「当時、私はフィリピンの収容所での凶悪な現状について、毎日のように警視庁の特殊詐欺担当部署に電話していました。あのころは『ルフィ』なんて名前は、世に出てきていなかった。しかし、今ニュースを見て、私は2年半前にすでにルフィを通報していたんだ、と思いましたーー」

 

こう語るのは、関東在住の女性Aさん(30代)だ。彼女の内縁の夫であるKさん(30代)は、2019年11月にフィリピンで摘発された36人の特殊詐欺グループの一人だった(現在は日本で服役中)。

 

「Kは帰国して、自分の罪をしっかりと償うつもりでした。しかし、コロナ禍で日本への移送が滞ったときに、ルフィらと同じ収容所に入れられ、特殊詐欺や強盗の手伝いをしろ、と脅されました。

 

Kはそれでも頑なに手伝いを拒否した、と聞いています」(Aさん)  

 

昨年から全国各地で発生している連続強盗事件。その指示役として浮上しているのがルフィだ。

 

その呼び名は、フィリピンの収容所にいる犯罪グループのリーダー格、渡邉優樹容疑者(38)、今村磨人容疑者(38)らを指すといわれている。

 

彼らはフィリピン国内での犯罪で裁判中だったが、強制送還される見込みだ。

 

「フィリピンの収容所では賄賂が横行し、収容者がスマホなどを持つことは容易。渡邉容疑者らは収容所内で、ほかの日本人などを支配し、組織的に犯罪指示を出していたとされています」(社会部記者)  

 

フィリピン収容所にいたころのKさんは、まさしく渡邉容疑者らの支配下に置かれていた。

 

窮状を伝えられていたAさんは、2020年5月ごろ前述のとおり、何度も警視庁に“告発”の電話をかけていた。

 

「Kからスマホのメッセージで、収容所内で酷い目に遭っていることを聞いて、一刻も早くそこから助けたいということをまず相談しました。

 

それだけでなく『実際にフィリピンからの指示で日本で犯罪が起きている』というKの証言を伝えたんです。

 

特殊詐欺の電話をかけていることだけでなく、ルフィたちが日本国内で強盗犯罪に軸足を移し始めていて、実際に被害が出ていることも伝えました。  

 

それでも警視庁は『海外だから捜査できない』と言うばかりで無視でした。

 

あのとき、警察が真剣にフィリピン側にかけ合っていたら、ここまで強盗事件が拡大することにならなかったと思います」(Aさん)

 

(フラッシュ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/26fe4fe8e6248e5836fbb039e28d49955ea69488

 

 

TBS報道特集

https://www.youtube.com/watch?v=HJO-3Fi72cg




関連記事

INGNI(イング)の女性社員が過労死。お兄さんが妹の過酷労働を告発!

INGNI(イング)の女性社員が過労死しました。    

記事を読む

no image

児童養護施設と夜の仕事。

      全身刺青のAV女

記事を読む

no image

ネット上で知り合って会うのは危険だ!と教育するのは間違っている。

今日の新聞には高校生の23パーセントがネット上で知り合った人と実際に会っている、ネット上で知り合って

記事を読む

no image

六本木ロアビルとCIA・イルミナティの深い繋がり。

六本木、麻布はCIA日本支局やハーディーバラックス、山王米軍センター、ロスチャイルド日本法人などがあ

記事を読む

no image

ルフィ事件とバーレスク東京摘発と大谷翔平さん賭博事件と小林製薬事件は全て繋がっています。

ルフィ事件とバーレスク東京摘発と大谷翔平さん賭博事件と小林製薬事件は全て繋がっています。 &n

記事を読む

日本財団が渋谷区代々木深町に作ったトイレがスケルトン状態に。

日本財団が渋谷区代々木深町に作ったトイレがスケルトン状態になっていました。  

記事を読む

認定NPO法人フローレンス駒崎弘樹の逮捕も近い。

地裁で虚偽告訴をした妻が敗訴した判決についての解説 https://blogs.yahoo.c

記事を読む

no image

バカが不可能を可能にする。

頭の良い人に奇跡は起こせません!   バカが不可能を可能にするのです。

記事を読む

no image

音楽、ダンスは90年代、00年代の細分化から10年代は70年代的なマスの時代に。

あと昨日のLIFE聴いてても思ったんだけど、音楽も60年代的というか細分化された時代からマスの時代へ

記事を読む

no image

大津綾香さんと仲良くしていた田中正道さんのバックも松浦大助さん。

大津綾香さんと仲良くしていた田中正道さんのバックも松浦大助さんです。   大津

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ