俺のNPO活動に時代がようやく追いついてきたのかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 NPO

今女性を幸せにするためにNPOだいわピュアラブセーフティネットをやっています。

 

そこには日々多くの女性からの相談があります。

 

活動としてはホームページから相談援助やアウトリーチを行い、支援が必要な女性には行政などの支援機関につないだり就労支援や不動産の住宅支援をしたりしています。

 

住宅がない場合はこちらで住宅を用意する女性のための住宅支援も行っています。

 

俺の活動の狙いや考えは日々ブログに書いてるのですが、そこには女性以外にもいろいろな方から連絡があります。

 

内閣府で女性の男女共同参画などに関わっている方や国連で支援を行っている方、NHKで女性の貧困や貧困の連鎖についての取材を行っている方、ライターの方など。

 

教師では学校の中の子たち、いわゆるレールにのっている子しか救えないと思い、教師をやめてNPOを始めたのが3年前。

 

当時それを言うと周囲からは夜の女性なんて昼の女性と違って収入もあるし、風俗嬢なんて稼ぎ凄いよね!キャバ嬢なんて楽して稼いでる女でしょ!そんな子をなんで支援するの?意味不明なんだけどと言われることが多くありました。

 

ただ最近のNHKで取り上げられた女性の貧困や子どもへの貧困の連鎖の問題、厚木から発覚した所在不明児童の存在、女性の生活保護の捕捉率の低さなどの最悪な環境などがようやく世間に少しずつ認知されてきているように感じます。

 

そこの最前線にいる女性と一番接触する機会が多いのが常にそういった女性の相談援助をしている者なわけです。

 

だから最近になってNHKの人や国連の人、内閣府の人たちが、俺に接触してくるのだと思います。

 

ようやく一部の人が日本に困っている女性がいるということを気づき始めた状況だと思います。

 

今流行りの「子どもの貧困」も本質的には親である女性の貧困が原因です。

 

子どもが貧困になるわけがありませんから。。

 

だけど9割の日本の人たちは、国内に困っている女性が大勢いるということを知ることすらない状況です。

 

最近になってNHKが女性の貧困とか貧困の連鎖とか取り上げ始めたのも遅すぎるくらいだと思います。

 

女性は戦後一貫して非正規であり辛い立場に置かれてきました。

 

時代の方がようやく追いついてきたのかなという気がしています。




関連記事

no image

風俗嬢、AV女優を差別、蔑視しているのはナイナイの岡村さんではなくNPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典である!

藤田孝典さんは芸人の岡村さんを猛烈にバッシングしていますが、そもそも風俗嬢に対して何度も差別発言、人

記事を読む

no image

AV強要は児童養護施設を退所したあとの女の子も多数被害。弱い立場の女性が狙われています。

AV強要は児童養護施設を出たあとの女の子も多数被害にあっています。   これ

記事を読む

no image

週刊スパと清談社の記者に騙される。強要の実態の取材のはずが記事が出ると強要擁護の記事に。

今日ちゃんと話したAV業界の強要の実態をある雑誌に載せてくれるはずだったのですが、全く載せられていま

記事を読む

no image

認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹さんの特別養子縁組は児童福祉法違反。

認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹の養子縁組ビジネスが養親から高額なお金を徴収しているとして河野医

記事を読む

no image

セーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、AVの世界は全く別物です!セーフティネットとして夜の世界、性風俗、AV業界は全く機能していません!

これは誤解してる人が後を絶たないので、何度も言いますがセーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、A

記事を読む

no image

学童保育の指導員や保育士の待遇が悪いのは行政が民間やNPOに委託するから。

【特集】44歳で手取り月18万円…学童保育を支える指導員の現実 https://headlin

記事を読む

no image

GrowAsPeopleの角間惇一郎さんが支援者の風俗嬢と揉めているようです。

ふさわしい日々: ■それって支援? 

記事を読む

no image

アメリカのTIME誌から取材を受けました

さきほどアメリカのTIME誌のジョセフ・ヒンクスさんというジャーナリストの方にうちのNPOだいわピュ

記事を読む

no image

今週日曜日の6日にシングルマザー、女子中高生、女子大生、OLさん家出少女など対象の女性向け交流会やります。

今週日曜日の6日に女性向け交流会やります。   シングルマザー、女子中高生、

記事を読む

no image

子ども支援団体と女性支援団体。

子ども支援団体をなぜ始めたんですか?と聞かれて「子どもが好きなんで」と言ってもおかしくはないが、女性

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です




  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ