クレディスイスに投資をするのは非常に危険。

公開日: : 投資・株・為替

クレディスイスの株価が暴落しているので、そろそろクレディスイスの株を買おうと思っている方がいますが非常に危険ですね。

 

クレディスイスは6000億の増資を発表しました。

 

株価の希薄化は2パーセントとされていますが、クレディスイスは増資を引き受けるサウジアラビア・ナショナル・ファンドとカタール投資庁に10月27日の株価から6パーセントのディスカウントの株価での増資を提案していました。

 

27日の株価が3、58スイスフランなので、そこから6パーセントのディスカウントと2パーセントの希薄化を考えると3、3スイスフランになります。

 

またクレディスイスの5年CDSスプレッドは372とかつてないほど上昇しています。

 

 

いまのクレディスイスの株価水準は高すぎるので、手出しするのは非常に危険ですね。

 

またクレディスイスは悪事を隠しまくっているので、いつ悪いニュースが出てきてもおかしくありません。

 

クレディスイスに投資するのは非常に危険ですね。




関連記事

no image

野村証券が2200億円の損失をアメリカ市場で被った理由。

野村証券が2200億円の損失をアメリカ市場で被った理由がこちらになります。  

記事を読む

no image

分散投資・ポートフォリオ投資が大事という大ウソ。集中投資こそが大事。

世間的には分散投資・ポートフォリオ投資が大事だという大ウソが言われています。  

記事を読む

no image

クソな企業は電話対応もクソ!

電話対応でその企業が良い企業か、クソな企業かわかりますね。   ちゃんとした優

記事を読む

no image

日本政府によるコロナ対策のインチキ具合が酷い。。

日銀と年金(GPIF) →毎日2000億円以上の日本株買いまくりで、コロナ対策費用の大半を日本の株価

記事を読む

アリババが中国当局に潰されるということは絶対にない。アリババと中国共産党のバックは同じロスチャイルド家、イルミナティ。

アリババが中国当局に潰されるのではないか?という声もありますが、それは絶対にありません。 &n

記事を読む

no image

インデックス投資や積立投資は今すぐやめるべき!資産が大幅に減りますよ。

インデックス投資(VTIやレバナスなど)や積立投資は今すぐにやめるべきです。  

記事を読む

no image

エイベックスの株価はなぜ10分の1に大暴落したのか?について松浦会長が答える。

エイベックスの株価はなぜ10分の1に大暴落したのか?について松浦会長が答えていました。 &nb

記事を読む

no image

原油価格が上がってるから石油関連株を買うのは危険。

原油価格が上がってるから石油関連株を買うのは危険です。   原油価格が上がって

記事を読む

20年間で日本だけが賃金がマイナスになっている。韓国は167パーセント、イギリスは93パーセント、アメリカは82パーセントのプラス。

国会で共産党の笠井議員が日本だけが20年間で賃金がマイナスになっていると指摘されていました。

記事を読む

no image

ミスターサンデーに数千万円儲けている女子高生投資家が登場。

ミスターサンデーに株で数千万円儲けている女子高生投資家が登場していました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ