ゲームストップ株で個人投資家集団がヘッジファンド数社に勝った背景にスマホアプリのロビンフッドの存在。

ゲームストップ株で個人投資家集団がヘッジファンド数社に勝った背景にスマホアプリのロビンフッドの存在がありました。

 

ロビンフッドは若者たちに気軽に投資を行ってもらおうと開発されたアプリです。

 

ロビンフッドを使う人たちのことをロビンフッダーといいます。

 

ロビンフッドはユーザーインターフェースに非常に優れており、アップルのデザインアワードも受賞しています。

 

 

ロビンフッドは2016年には100万人の利用者だったのが2018年には600万人、2019年には1000万人に到達していました。

 

そして新型コロナでのテレワークの普及もあいまって、2020年5月には1300万人にまで増えていました。

 

20代、30代の若い世代が新型コロナのテレワークの普及で家にいることが多くなり、ヒマだからロビンフッドで投資でもやってみようかという人が激増したのです。

 

そういった若い世代の投資家の特徴は従来の証券会社を使う投資家とは違い、非情に投機的、speculativeなことでした。

 

プットやコールといったハイリスク、ハイリターンのオプション取引を用いてレバレッジを100倍以上かけて投資を行います。

 

ゲームストップ株でヘッジファンド数社が負けたのは、このロビンフッドを使って自己資金の100倍以上の資金で買いを入れてきたことにありました。

 

しかしこのオプション取引、ハイレバレッジの取引は非常に危険で、上手くいっているときは良いですが、一度ミスすると、一瞬で自己破産してしまうことになるのです。




関連記事

no image

自民党の茂木幹事長のウィキペディアから国際勝共連合会員の記述が削除される。

自民党の茂木幹事長のウィキペディアから国際勝共連合会員の記述が削除されていました。  

記事を読む

Z李と毎日新聞と創価学会と三浦春馬さん事件。

Z李について教えてほしいと毎日新聞の記者から連絡がありました。   毎日新聞の

記事を読む

no image

トランプ大統領のシリア撤退の背景。CIA、ディープステイトによる中東混乱から逃れるため。

トランプ大統領がシリアとトルコの国境地帯のクルド人自治区の米軍を撤退させました。  

記事を読む

no image

JASRAQ(日本音楽著作権協会)はCIAとイルミナティの直営機関。できるだけ逆らうのはやめた方がいい。

JASRAQ(日本著作権協会)はCIA、イルミナティの直営機関です。   JA

記事を読む

no image

東京地検特捜部が松浦グループの三浦瑠璃さんの旦那の三浦清志さんの会社トライベイキャピタルを家宅捜索。

東京地検特捜部が松浦グループの三浦瑠璃さんの旦那の三浦清志さんの会社トライベイキャピタルと三浦瑠璃さ

記事を読む

no image

「専門家」「大学教授」というのはCIA・イルミナティが自分たちの利権獲得のためと、自分たちにとって都合の悪いことを潰すために作り出したものなのです。「専門家」は絶対に信じたらダメ!

「専門家」「大学教授」という言葉に騙されないでください。   「専門家」「大

記事を読む

no image

三浦瑠璃さんの旦那のトライベイキャピタルを訴えているメタキャピタルの闇。

三浦瑠璃さんの旦那のトライベイキャピタルを訴えているメタキャピタルの闇についてアクセスジャーナルが報

記事を読む

no image

2012年の心斎橋通り魔殺人事件は通り魔ではなくニトロプラスのプロデューサーの南野信吾さんを狙ったものだったか。

2012年6月10日の心斎橋通り魔殺人事件は通り魔ではなくニトロプラス(デジターボ)のプロデューサー

記事を読む

no image

滋賀県高島市の万木豊(ゆるぎゆたか)市議(58)が強姦した女性が中川あゆこ市議(42)だった(産経新聞)

昨年7月、抵抗できない状態の女性に無理やり性行為をしたとして滋賀県高島市の万木豊(ゆるぎゆたか)市議

記事を読む

no image

水原紫織がZ李や豚さんについてデタラメツイートを連発。原爆地上起爆説、天皇入れ替え説の信憑性が薄れる。

水原紫織がZ李や豚さんについてデタラメツイートを連発していました。   水原紫

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ