恵比寿テキーラ事件で光本さんを攻め立てていたZ李も相当のクズである。

公開日: : 最終更新日:2020/12/21 ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ

恵比寿テキーラ事件で光本さんを攻め立てていたZ李も相当のクズですね。

 

 

このZ李は以前から女性に対して「ブス」「ブスのくせに調子のるな」など女性を容姿で判断して中傷しています。

 

ひとみんやふわたんに対しても「ブスのくせに調子乗るな」と言っていました。

 

光本さんのけんで、女性から私はそういうことはされなかったというDMが来た時には、「それはお前がブスだからだ。ブスにはテキーラゲームをしない」などと返していました。

 

ブスだから~されないなどという言い方は許されないくらい酷い発言だと思います。

 

またZ李はテキーラ事件の被害女性に対して頻繁に「こんな美人が」と繰り返しています。

 

つまり「美人」以外は生きる価値がないかのような言い方をしているのです。

 

被害者の容姿が美人だとかブスだとかは言う必要がないのです。

 

この発言自体がZ李のルッキズム、差別主義者であることを表しています。

 

光本さんと同じくらいZ李も酷い人物だということです。




関連記事

no image

キャバクラのプリンスグループと松浦グループの深い繋がり。

キャバクラのプリンスグループと松浦グループも深い繋がりがありました。   プリ

記事を読む

no image

波谷組組長の波谷守之組長は自殺ではなく他殺。波谷守之組長を殺したのはCIA。

波谷組組長の波谷守之組長は自殺ではなく他殺ですね。   波谷守之組長を殺したの

記事を読む

Z李が乃木坂の運営会社のキーホルダーの社長とアイドルの飲み会で経理部長が飲酒を強要されて死亡とツイート。キーホルダーの株価が暴落中。

Z李が乃木坂46、SKE48の運営会社のキーホルダーの社長とアイドルの飲み会で経理部長が飲酒を強要さ

記事を読む

no image

怒羅権の佐々木さんのユーチューブの主要な登場人物の紹介。

怒羅権の佐々木さんのユーチューブの主要な登場人物の紹介です。   怒羅権の初代

記事を読む

no image

瓜田純士さんが風神エンリル、えなりについての質問に答える。

瓜田純士さんが風神エンリル、えなりについての質問に答えていました。   麗子さ

記事を読む

no image

山口組の司忍組長、高山清司若頭、大同会の森尾卯太郎組長などが浜松の国領屋一家本部で稲川会幹部と会合。

山口組の司忍組長、高山清司若頭、大同会の森尾卯太郎組長、石井一家の生野靖道組長などが浜松の国領屋一家

記事を読む

no image

工藤会長谷川組組員の荒井幹太ら5人が警察官から160万円を脅し取ったとして逮捕(千葉日報)

千葉県警の男性巡査から現金160万円を脅し取ったとして、県警は11日、恐喝の疑いで特定危険指定暴力団

記事を読む

no image

国粋会VS日本青年社は国粋会VS住吉会の麻布抗争から連なる六本木、麻布、銀座での覇権争い。

先日国粋会の幹部が国粋会の縄張りで日本青年社が会合を開いたことに対して、うちの縄張りで会合を開くとは

記事を読む

no image

稲川会系林一家平栗組組員の上原俊輔ら4人を覚醒剤86袋を所持していたとして逮捕(産経新聞)

稲川会系林一家平栗組組員の上原俊輔ら4人を覚醒剤86袋を所持していたとして逮捕しました。 &n

記事を読む

no image

小山恵吾信者の太郎はめちゃくちゃウソつき。太郎は頭がいかれてます。

小山恵吾信者の太郎はめちゃくちゃウソつきですね。   私のことを太郎が配信で話

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ