就活の問題と夜の世界の採用の問題は同じ。身の丈に合ったところがわからないから100社も受けるはめになる。

公開日: : 最終更新日:2015/11/21 政治, 社会, 経済, 若者

新卒一括採用や就職協定の問題と夜の世界の採用の問題って近いところがあると思うんですね。

 

就職協定があった時代は企業も欲しい大学に何人って要請していたじゃないですか。

 

だけどそれが自由化されてみんながみんなあらゆる企業にエントリーシートを出す時代になってしまった。

 

だけど結局採用されているのは協定があった時代と一緒なわけですよね。

 

就活生としたら受かりもしない企業に何社もエントリーさせられるわけです。

 

企業側が本当は内部ではある採用ランクを明示してないんですね。

 

だから結局100社受けても受からず病んでしまう学生が出てきてしまう。

 

夜の世界も同じなんですね。

 

求人を見ていたら、どこのキャバクラがどの程度の顔で採用されるのかが書いていないわけです。

 

うちと提携している高級キャバのいくつかとは面接で落とされた女の子をこちらに紹介してもらうようにしています。

 

もう毎日多くの女の子がうちに紹介されるわけです。

 

でもこれって女の子は何も悪くないわけです。

 

求人を見てたら自分はどこのキャバクラなら受かるのかってわからないわけです。

 

それこそホームページではどこも綺麗な写真を載せています。

 

まわって来た女の子はこちらで1番合ったところに紹介しています。

 

もし仮にその女の子が落とされて、はいバイバイってされていたら、その子は延々と受かりもしないキャバやラウンジをまわる可能性もあります。

 

これって就活で病む学生と一緒じゃないかなーと思いました。

 




関連記事

no image

児童ポルノ教員摘発倍増。昨年47人。学校で盗撮も。(時事通信)

全国の警察が昨年1年間に児童ポルノ事件で摘発した教員の数が47人に上り、前年の2倍以上に増えたことが

記事を読む

no image

プリンスはCIAに殺されたか。

プリンスは2016年4月21日に自宅兼スタジオであるペイズリー・パークのエレベーターの中で死んでいる

記事を読む

no image

朝日新聞が社会福祉士について専門性がないとボロカスに書いていた。

(フォーラム)児童福祉司の専門性:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com

記事を読む

no image

60代の半数の貯金が500万円以下。月の生活費は4割が15万円以下。(日本ワークス)

株式会社日本ワークスは、全国60代の男女1,110名を対象に「月の損益に関する調査」を実施し、その結

記事を読む

no image

学校は行かない方が正解。

今の学校や教育委員会、文科省を見ていますと、学校に行かない方が正解だと思えます。  

記事を読む

医学部は普通に学力だけで取ると7割が女子になってしまう。女子が圧倒的に優秀。

医学部の入試委員を務めた方の意見が読売新聞に載っていました。   &n

記事を読む

no image

千葉市の職員が書類放置で20人の生活保護費70万円が未払い!(千葉日報)

千葉市中央区保健福祉センターで2017年12月~今年3月の間、区内在住の男女約20人に対し、生活保護

記事を読む

no image

タワマンの抽選倍率が20倍、30倍。日本は金持ちが多い。

東京や名古屋、大阪などタワマンが次々建てられて抽選倍率が20倍、30倍なんていうことを聞くと、日本も

記事を読む

no image

最近社会全体が規則を守ってない者に対して異常に厳しくなっていってる気がする。不寛容社会。

最近さー、電車とか駅でマナー違反してる中学生とかおじさんにめちゃくちゃキレて注意してるおじいさんとか

記事を読む

no image

渋谷は1本通りが違うだけでいる人の人種が変わる面白い街。

渋谷が若い輩の街ってよく勘違いされてるのは、90年代や00年代のギャルやチーマーのイメージが強いから

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数