フリースクール「東京シューレ」での性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞)

公開日: : 最終更新日:2020/02/03 教員不祥事・公務員・医師・NPO不祥事, 教育, 東京, 社会, 福祉

フリースクールでの性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞)

https://www.asahi.com/articles/ASM7556M7M75UTIL01T.html

 

10代のころにフリースクールでスタッフの男性から性的被害を受けたとして、大阪府の30代の女性が男性と東京のフリースクールに損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁堺支部で和解した。

 

原告の女性は5日に報告会を開き、「不登校の子どもにとって、学校以外の居場所はとても大切。

 

こうした子どもを守るための場所でも被害は起きるということを多くの人に知ってもらい、相談体制を整備するなど安全対策を強化してほしい」と訴えた。

 

原告代理人によると、和解は3日付。

 

和解の内容については、口外禁止規定があり、話せないという。

 

フリースクール側も「和解したということ以外は話せない」としている。

 

提訴は2016年。訴状によると、女性はいじめを機に不登校になり、東京を拠点とするフリースクールに在籍した。

 

長野県の施設でスタッフと子どもたちがすごす宿泊型フリースクールに参加した00~01年、成人男性のスタッフから、何度も性被害を受けたという。居場所がなくなることを恐れて親にも言えず、10年以上たってから別の被害がきっかけで心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が悪化し、子どものころの性被害と向き合うことになったという。

 

女性は「訴えを起こして、自分にできる限りのことをし尽くして闘い、無力ではないと思えた。

 

ただ、子どもの居場所の安全が一番訴えたいこと。子どもが性被害にあわないように、もし被害にあってもSOSを出せるように、SOSに気づけるようにしてほしい」と話し、「大人と子どもは圧倒的な力の差があることを自覚する」など大人にできる「安全対策」を発表した。

 

子どもが被害にあった場合の時効についても改めてほしいと話した。

 

(朝日新聞)

 

性被害があったフリースクールは「東京シューレ」だと信濃毎日新聞が報じています。

 

 

 

フリースクールの子、性暴力から守れ 10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性(朝日新聞デジタル)

 

大阪府の30代女性が、性暴力の後遺症に長く苦しめられている。

 

不登校だった10代の時、唯一のよりどころのフリースクールで被害を受けた。

 

重いPTSDのために今も自室にこもり、こみ上げる無力感にとらわれながらも、「子どもの居場所を安全にしたい」と願っている。

 

・女性が籍を置いていたフリースクールは「東京シューレ(シューレ)」だ。

 

・女性とシューレ側は、裁判の経緯や和解内容を第三者に口外しないと確認して和解した。

 

・朝日新聞が裁判所で裁判記録を閲覧したところ、スタッフとシューレが性暴力を認め、謝罪していたことが明らかになった。

 

・朝日新聞は昨年12月、シューレに対して、性暴力の予防策や、後遺症に苦しむ女性への思いなど、口外禁止規定にあたらない範囲で取材を2度依頼した。

 

いずれも「お受けできません」などと文書で回答が寄せられた。

 

(朝日新聞)




関連記事

no image

漫画家の人もよくキャバクラ来ます

新宿スワンの作者の和久井さんと知り合いのキャバ嬢の子が恵比寿でよく飲むそうです(*^_^*)

記事を読む

南青山メンタルクリニック院長が患者の女性にわいせつ行為で逮捕。

南青山メンタルクリニック院長の武田浩一容疑者(61)が患者の女性にわいせつな行為をしたとして逮捕され

記事を読む

no image

給付金の不正受給で逮捕されたマイニングエクスプレスのメンバー7人の関係。

給付金不正受給で逮捕された7人の関係。     東京国

記事を読む

東京都町田市立町田第一小学校教諭の安江拓馬(37)がレイプを行い逮捕(朝日新聞)

酩酊(めいてい)状態の女性に性的暴行を加えたとして、神奈川県警は8日、東京都町田市立町田第一小学校教

記事を読む

阪急電車の広告がネットで炎上していましたが、私は令和の時代に合った素晴らしい広告だと思います。

阪急電車の電車の広告がネットで炎上していましたが、私は令和の時代に合った素晴らしい広告だと思いました

記事を読む

no image

藤田孝典さんVS田端さんは、共産主義(社会主義)VS資本主義。

ツイッター上でNPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんとゾゾタウンの田端信太郎さんとで議論(バトル)

記事を読む

no image

日本は今後アメリカ型の上流と下流に完全に別れた階級社会になる。

日本はアメリカ型の社会を目指しているので生活保護を5パーセント削減するというのもそうだろうなと思いま

記事を読む

公明党の熊野正士参院議員が創価学会の女性信者にセクハラを行いトラブルに(週刊文春)

公明党の熊野正士参院議員(57)が、創価学会の女性信者との間でセクハラトラブルを抱え、現在入院中で面

記事を読む

no image

石川県白山市光野中教諭の織田勇一が女性にストーカー行為をしたとして逮捕(北国新聞)

白山署は12日、ストーカー規制法違反の疑いで、白山市光野中教諭の野々市市柳町、織田勇一容疑者(58)

記事を読む

no image

れいわ新選組の宜野湾市議のプリティ宮城ちえさんが仮想通貨詐欺のジュビリーグループに出資していた。

宜野湾市議のプリティ宮城ちえ氏(63)=れいわ新撰組公認=が、仮想通貨投資で被害者を出したジュビリー

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ