今日の朝日新聞の記事は風俗を肯定的にとらえて働く現場の女性からは辛くて耐えられない記事だと思う。

今日の朝日新聞の社会面に大学進学したために、風俗で働かないといけない女性が出ていました。

 

朝日新聞さん、愛読してるのでそろそろうちのNPOに取材来てください!

 

CRUKsrdUwAAB7-x

 

さーひるさんの言うように、今日の朝日新聞の書き方だと、風俗に落ちてしまったかわいそうな女子大生という書き方なので、風俗がしたくて風俗嬢をやっている女性からしたら腹立つ記事だろうなーと思いました。

 

朝日新聞や一般紙のほとんどが風俗は落ちるもの、かわいそうなものの象徴として扱っています。

 

ついこの前、俺のだいわピュアラブセーフティネットの風俗嬢やキャバ嬢、JKビジネスで働く女子高生、家出少女を肯定的にとらえて支援してる内容を共同通信の記者さんが取材してくれて配信してくれたんだけど、朝日新聞とか一般全国紙にはどこもスルーされてしまいました。

 

地方紙だけがちょっと載せてくれました。

 

これは共同通信で俺の活動に好意的な記者の人も言ってたし、今日の朝日新聞の書き方を見ても思ったんだけど、俺のNPO自体が風俗やキャバクラ、JKビジネスで働くことが悪であるとか、最終的に落ちるかわいそうな場とは考えていなくて、むしろそこを肯定的にとらえて、そこで絆や繋がりを作って支援していこうという立場だから取り上げづらいのかもしれません。

 

やっぱり全国紙は風俗を取り上げることに抵抗もあるし、取り上げるとしたら風俗で働くことにやむにやまれぬ貧困女性とかの文脈でないと難しいのかもしれませんと言われてしまいました。

 

だからJKビジネスやキャバクラ、風俗、メイドカフェなど周縁を悪の象徴とみなし、そのかわいそうな場から救い出そうとする仁藤さんのcolaboなどの活動は取り上げやすいのだと思います。

 

俺のNPOだと今の日本の現状を考えて、風俗やキャバクラ、JKビジネスで働くことをむしろ肯定的にとらえて、そこからの支援もありうるよという立場なので。

 

現実として風俗やキャバクラ、JKビジネス、メイドカフェで働く女性のほとんどは、その場を肯定的にとらえて働いています。

 

今日のような朝日新聞の記事だと、現場で風俗嬢として働いてる女性は、私は誇りを持って風俗をやってるのに、学費が払えずにどうしようもなく落ちる場なのかと辛い気持ちになると思います。

 

もちろん奨学金制度への問題提起はわかりますが、その辺のフォローも必要だったんじゃないかと思います。

 

あと今日の朝日新聞は現実として奨学金問題や日本社会のセーフティネットの脆弱さから風俗で働かないといけない女子大生が出てきているということなんだけど、じゃあそれについてどういう解決策があるかというのが示されていません。

 

風俗で働かずに貧困のままでいいのか?

 

やっぱり現実的な解決策として、俺は風俗、キャバクラを肯定的にとらえて、女性性を活かして稼ぐということもあっていいと思います。

 

だから俺のNPOでは現場でアウトリーチをして、女性のニーズに合わせた職業支援をしています。

 

俺のNPOは解決策として、一歩進んだ活動をしていると思います。




関連記事

no image

オススメの芸能プロダクション。自分のなりたい方向性の事務所に入りましょう!

芸能をやりたいんですが、どこのプロダクションが良いですか?もよく聞かれます。  

記事を読む

no image

デットボールが一番ダメなのは店単体で女の子が稼げないこと!

デットボールが一番ダメなのは店単体で女の子が稼げないことだと思う。   良い子

記事を読む

no image

30歳年収ワースト500社ランキング。(東洋経済)

30歳年収ワースト500社ランキング(東洋経済) http://news.livedoor.c

記事を読む

no image

全国の高校奨学金の滞納者の4割が大阪!大阪はやはり全国一貧困。

全国の高校奨学金滞納者の約4割が大阪の学生という読売新聞の記事を読みました。  

記事を読む

no image

いつまでもあのミルクコーヒーを忘れられません。

この前アウトリーチで知り合った女の子は親が中小零細企業を経営していて、毎月なんとかやりくりする自転車

記事を読む

no image

NHKで放送されていたひきこもり特集で出ていた人がひきこもりではないと炎上していた件。

NHKでやったひきこもり特集で出ていた山瀬さんとう男性が会社の役員で趣味もあり金持ちだからひきこもり

記事を読む

no image

「リディラバ」の風俗嬢特集記事が酷い!風俗嬢への職業差別と法律や税金など間違いだらけ。

リディラバというスタディツアーなどをやっているNPOが風俗嬢の特集をしていました。  

記事を読む

no image

本当に大成する事業は登場時に多くの人が懐疑的に考える。

  立ち上げ時から「これは絶対イケる!」という会社は大成しないそうです。

記事を読む

no image

キャバクラのお客さんの「みんなに1杯ずつどうぞ!」は実は女の子から凄い嫌がられているでやめましょう!

キャバクラのお客さんでヘルプの女の子などテーブルの女の子すべてに「みんなに一杯ずつどうぞ!」と善意で

記事を読む

大阪市北区豊崎のWBFホテル&リゾーツ(株)がコロナの影響で倒産。

WBFホテル&リゾーツ(株)(TSR企業コード: 012267023、法人番号: 343000104

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ