読売新聞の団地特集が面白かった。

公開日: : 不動産, 団地

 

東京23区初の団地が1962年から入居が始まった赤羽台団地だったんですね。

 

1955年にURの前身の日本住宅公団が設立されて58年には全国で100万人が団地族になります。

 

団地族は何十倍の抽選に当たった前途洋々たる若いエリートサラリーマン世帯の代名詞だったのです。

 

政治学者の原武史さんはひばりが丘団地、久米川団地、滝山団地に13年間住んでいたそうです。

 

映画監督の是枝監督は清瀬旭が丘団地で暮らしていたそうです。

 

映画「海よりもまだ深く」は清瀬旭が丘団地で撮られたそうです。

 

昭和を背負いすぎているところが何とも言えない団地の魅力ですね。




関連記事

若い貧困女性のシェアハウス「かぼちゃの馬車」がサブリースの支払い停止を通知

若い貧困女性のシェアハウス「かぼちゃの馬車」がオーナーにサブリースの支払い停止を通知 http

記事を読む

no image

住宅確保給付金制度はほとんど使えない制度。

住宅確保給付金制度という家賃を3か月間補助してくれるという制度がネット上で話題になっていましたが、こ

記事を読む

不動産会社のパシフィックアセットマネジメントがまるでキャバクラ。。

      これは完全にキャ

記事を読む

第一三共の研究員の吉田佳右が奥さんを殺害した自宅マンションは西馬込の「パークホームズ西馬込クリアコート」

第一三共の研究員の吉田佳右が奥さんを殺害した自宅マンションは西馬込の「パークホームズ西馬込クリアコー

記事を読む

no image

特殊詐欺で逮捕された都民ファーストの会所属で豊島区議の元谷百合奈の旦那の板倉史也は反社会勢力の対策企業で働いていた。

特殊詐欺で逮捕された都民ファーストの会所属で豊島区議の元谷百合奈の旦那の板倉史也は反社会勢力の対策企

記事を読む

都心の超高級タワーマンションの購入者の半数は外国人でその9割は中国人。

海外の投資動向に詳しい東京一の不動産王「第一リアルター」の奈良田隆社長によると、都心の超高級タワーマ

記事を読む

no image

不動産会社アパマンが酷かった。

不動産会社アパマンの酷いところがどんどん明るみに出ています。   クリーニング

記事を読む

no image

歌舞伎町と六本木の一番の太客は第一リアルターの奈良田社長。不動産業界のカリスマと言われています。

いま歌舞伎町と六本木、西麻布、恵比寿の一番の太客は不動産会社第一リアルターの奈良田隆社長ですね。

記事を読む

no image

日本の貧困、犯罪、暴力の根本的原因は地主の権力が強すぎるから。

日本の高齢者の住宅問題、低所得者層の住宅問題、ハウジングファーストの問題などの根本は地主の権力が強す

記事を読む

六本木4-1にできる外資系高級ホテルのランガム六本木が倒れそうだと話題に。

六本木4-1にできる外資系高級ホテルのランガム六本木が倒れそうだと話題になっていました。 &n

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ