スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーを入れる「チーム学校」は先生や子どもの負担やストレスを増やすだけ。

公開日: : 最終更新日:2018/09/25 ソーシャルワーカー, 女性, 少女, 政治, 教育, 社会, 若者

政府や文科省が推し進めているスクールカウンセラー(SC)やスクールソーシャルワーカー(SSW)、学習支援員など学校に外部人員を入れていこうという「チーム学校」は先生の負担を増やすだけで先生にも子どものためにもならないという結果が出ました。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13493661.html

 

これは教育現場ではどこでも言われていますがスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどはっきり言って何の役にも立たない無駄でしかないのです。

 

スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーが担任に偉そうに指摘することが担任はとっくの昔にわかっていることです。

 

またスクールカウンセラーもスクールソーシャルワーカーも心理や福祉の知識はあっても現場を知らない素人なので見当違いのアドバイスを担任にしてしまうのです。

 

そのため担任や校長など学校側とスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーが対立して揉めるということがよくおこっています。

 

スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーと教員の喧嘩の仲裁を教頭や校長がするはめになるというバカみたいなことが至る所の学校で起こっているのです。

 

またスクールカウンセラーもスクールソーシャルワーカーも位置づけは学校や教育委員会の末端ですので校長や委員会の言う通りにしか動けません。

 

結果的に担任や学校側のストレスが増すばかりで雑務が増えて教員や学校の負担軽減には一切なっていないのです。

 

スクールソーシャルワーカーのやるような各機関に繋ぐことなどは従来からベテランの先生のコーディネーターや役所の児童福祉課の人、教務主任の先生、教頭、教育委員会の指導主事などがやっていることです。

 

教育や子どもの素人のスクールソーシャルワーカーなどよりも従来のコーディネーターや教頭、児童福祉課の職員、教育委員会の指導主事の方がはるかに各機関と連携してソーシャルワークをすることができていたのです。

 

またスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーに見当違いのバカなアドバイスをされて傷つく子どもや先生が後をたちません。

 

何度も言いますがスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなど100害あって1利なしです。

 

スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーは無駄。




関連記事

no image

統計やエビデンスを信用してはいけない!という記事の素晴らしい反響。

      &nbs

記事を読む

no image

年始に赤ちゃんを自宅に放置して死亡させた池田知美さんもうちのNGOに相談してくれていたら一瞬で助けてあげられたのになと思います。とても残念です。

生後間もない娘を自宅に放置して死亡させたとして、警視庁西新井署は2日、保護責任者遺棄致死容疑で、東京

記事を読む

no image

全国の小学校や中学校の学校給食で異物混入が続出している背景。

全国の小学校、中学校の学校給食で髪の毛や金属片、ハエ、ゴミなど異物混入が続出しています。 &n

記事を読む

no image

大手だから良い!高級だから良い!というわけではない。自分が一番になれるフィールドで戦わないといけない。

AV、キャバクラ、風俗なんでも高級や大手だから良いということはない。   一

記事を読む

日本はお店や会社を辞めて独立しようとすると脅されたり潰しにかかられたりするとネット上で話題に。

日本では働いていたお店や会社を辞めて独立しようとすると前働いていた店の人から脅されたり潰しにかかられ

記事を読む

no image

世田谷文学館の岡崎京子展に行ってきました。

世田谷文学館の岡崎京子展に行って思ったのは、40代?くらいのバブルの頃に青春時代を過ごしたような女性

記事を読む

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出された。

名古屋の不良外人や半グレは弘道会によって新栄に締め出されたことを司組長が産経新聞に語っていました。

記事を読む

no image

橋下徹元大阪市長が断言「日本がキャッシュレス化すれば税理士という仕事はなくなる!」

橋下徹元大阪市長が「日本がキャッシュレス化すれば税理士という仕事はなくなる!」と言われていました。

記事を読む

no image

とりあえずベルでもひたすら作らせとけば病まない

京都で引きこもりや困難を抱えた若者支援している人とお話しました。   その人

記事を読む

読売新聞がロスチャイルド家とロックフェラーの特集。

読売新聞がロスチャイルド家とロックフェラーの特集をしていました。   とても興

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数