貧困支援として大学に行かせようとするのは間違い!

公開日: : 最終更新日:2017/12/20 NPO, 教育, 社会, 福祉, 若者, 貧困

今日の読売新聞に載っていたものですが、これを見てもらえばわかるように大学に行ったからと言って今の時代は仕事につけるとか、稼げるというものではないということですね。

 

貧困支援として中高生に学習支援をして大学に行かせようという考えの人が多いですがそれ自体が間違いだと思います。

 

むしろ高卒から自分のやりたい正社員の仕事に就いた方がいいですね。

 




関連記事

no image

スーパークレイジー君が北千住駅で演説。機材トラブルでアカペラでテンテンムシを披露。

スーパークレイジー君が北千住駅で演説をしていました。   機材トラブルでギャラ

記事を読む

no image

日本の国防費5兆円、男女共同参画費8兆円という日本の黒い闇。

      内閣府の男女共同

記事を読む

横浜市立相武山小学校の教諭、大谷崇文容疑者31歳を児童買春で逮捕!(テレビ神奈川)

横浜市立小学校の教諭の男が女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして20日、逮捕されました。

記事を読む

no image

オウケイウェイブの背後に松浦グループ。

オウケイウェイブの背後に松浦グループの存在がありました。   オウケイウェイブ

記事を読む

no image

氷河期世代、団塊ジュニア世代は時代のせいにしてはいけない。

就職氷河期や団塊ジュニア世代の就職率の悪さや悲惨さがよく言われるけど、就職率が悪いのは景気循環だから

記事を読む

no image

公立高校で妊娠する高校生は2098人。そのうち約3割が退学。(NHKニュース)

2017年から2018年にかけて公立高校で妊娠する高校生は2098人。   そ

記事を読む

no image

餃子の王将社長射殺事件が動き出したのは安倍総理が死んだから。

餃子の王将社長射殺事件が動き出したのは安倍総理が死んだからでした。   餃子の

記事を読む

慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語:日本経済新聞。ギャルから慶応行くよりも、地元のキャバ嬢になった方が絶対幸せになれる!

慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語  :日本経済新聞 http://t.co/vVq7Lw

記事を読む

no image

夜の世界の女の子はまじめすぎるときがある。都心のサラリーマンの方が100倍こずるい!

風俗嬢の女の子やキャバ嬢の女の子、援デリの女の子、フリーター、ニートのような社会的弱者、貧困層にある

記事を読む

no image

歌舞伎町の帝王と言われた瀬川重雄さんの娘さんがグループを健全化か。

歌舞伎町の帝王と言われていたのが瀬川重雄さんでした。   歌舞伎町だけではなく

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ