夜の仕事(キャバ嬢や風俗嬢)の子と年金について。どうしても苦しいときは免除制度があります!

キャバ嬢や風俗嬢など夜の仕事と年金について書きたいと思います。

 

年金は基本的に払った方がいいです。

 

掛け捨ての保険ですね。

 

払っておくと老後の不安は減ると思います。

 

だけどどうしても苦しくて払えないときは最寄りの年金事務所に免除申請をしましょう!

 

給付が始まるのが65歳からです。

 

仮に満額支給であっても月々だいたい6万円ちょっとです。

 

毎年23万円を40年間の満額支給まで納めるのに920万円くらいかかります。

 

20歳から年金の支払いがスタートするので、若いうちから年間23万を支払うのはかなりの厳しさだと思います。

 

しかも現状65歳からの支給ですが、これが70歳からに引き上げられる可能性が高いです。

 

しかも年金支給額も6万円から下がる可能性も大きいです。

 

これは年金がマクロ経済スライドが導入されたためです。

 

つまり政府の景気の良しあしによって年金支給額も調整されるようになったのです。

 

こうなってくると年金を毎年納めるのがバカみたいです。

 

しかし納めないというのも大きなリスクがあります。

 

老後は自己資金か生活保護に頼るしかなくなるからです。

 

そのため、夜の女の子(キャバ嬢や風俗嬢)が申し込んだ方がいいのが、年金の免除制度です。

 

これは管轄の年金事務所に年金の免除申請をしたいという旨を電話で伝えれば書類を送られてくるので、それに書いて返送するだけです。

 

それを申し込んでおけば、年間23万年払うことなく、給付額の2分の1を受給できるのです。

 

つまり国が出してくれる制度です。

 

夜の仕事(キャバ嬢や風俗嬢)の人たちは帳簿上の所得は0円なので、この制度に申し込むことができます。

 

これによって年金を払うことなく、年金を払ったことになるのです。

 

ただこの免除を使うと貰える額も半額になってしまい損なので、あとで余裕ができたら、以前に免除したものを払いたいですと年金事務所に電話して払うようにしましょう。

 

これによって全納できていることになります。

 

使える制度はどんどん活用していきましょう。

関連記事

no image

弘道会って山口組の武闘派で見るからにヤクザみたいな人多いのに、竹内会長は甘いマスクなのが意外!

山口組の弘道会の会長の竹内さんがアメリカから経済制裁の指定受けたんですね!  

記事を読む

ギャルとヤンキーは一緒ではないのか?

これは大阪でも東京でも神奈川でも常々疑問に思っていたのですが、ギャルとヤンキーって一緒じゃないかとい

記事を読む

no image

六本木のビゼの恋花って子、KAT-TUN上田と付き合ってる!半同棲!って大々的に言われたら、指名客来なくなるんじゃないのかな。。

六本木ビゼの恋花って子、KAT-TUNの上田と付き合ってて同棲中って全国誌に書かれたら、指名客来なく

記事を読む

no image

就職活動してる人やフリーター、ニートの人にアドバイスしたいのが女性の多い職場は絶対やめた方がいいと思う。

就職活動してる人やフリーター、ニートの人にアドバイスしたいのが女性の多い職場は絶対やめた方がいいと思

記事を読む

no image

正直東京よりも大阪の方が都会やと思う。東京は渋谷、新宿、池袋みたいに小さいのが点在してる。

大阪人にとっては当たり前すぎる「大阪人以外のための大阪入門」 netaatoz.jp/archi

記事を読む

no image

ちきりんはマイルドヤンキーを積極的に肯定。東京でしかできないことがないなら地元にいた方が幸せ。

★ブログ更新★ 東京一極集中と、地方の衰退(&再生)問題は、なんの関係もありません。ってこと、わ

記事を読む

少女たちのセーフティーネット

鈴木大介さんの「家のない少女たち」「援デリの少女たち」や荻上チキさんの「彼女たちの売春」黒羽幸宏さん

記事を読む

no image

道徳教育について。道徳の教科化はできない。道徳は教え込むことができないから。そしたら指導になってしまう。

2012年に書いた記事です。   最近道徳の教科化が言われてるので再びアップし

記事を読む

no image

ラトゥール新宿やラトゥール代官山はヒルズ以上の高級マンションなのでガラ良い人ばかりと思ってたら、めちゃくちゃいかつい人ばかりだった話。

この前埼玉の16歳の子で、父子家庭の少女なんだけど、毎日父親からひどい暴力を受けて頭の形が変形するま

記事を読む

no image

都内の良いキャバクラ、ラウンジなどがほとんどなくなってしまった。

渋谷のキャバクラがもう女の子の飽和状態に達してて渋谷の良さだった緩さや融通の良さがなくなりましたね。

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数