しゃぶしゃぶ「木曽路」のパワハラ被害が23パーセント。殴る蹴るも(週刊文春)

公開日: : 社会, 福祉, 経営, 経済

しゃぶしゃぶ・日本料理でお馴染みの飲食チェーン「木曽路」。

 

同社の労働組合が2021年6~7月に従業員約1100人を対象に行った「従業員意識調査」で、「パワハラ・いじめ」が「ある」と答えた人が、23%もいることが「 週刊文春 」の取材でわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国に店舗を展開

 

残業代未払いも各地である。

 

2020年8月には埼玉の新座店に労基署が調査に入り、是正勧告が出されている。

 

「未払いの残業代を請求した人も複数人おり、マスコミや第三者に漏らさないことを条件に、解決金が支払われているのです」(元従業員)  

 

旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が指摘する。 「『意識調査』によりパワハラの存在を経営側が認識している上で、精神疾患になるような従業員が出た場合、安全配慮義務違反で過失責任が問われる可能性があります。また、残業時間が45時間を超える月が年7回以上ある場合や、100時間以上の月がある場合、時間外労働の上限規制に違反します。企業や店舗の店長や労務管理担当責任者は、6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金となります」

 

今年1~4月に約25人が退職した木曽路。

 

この問題をどう考えているのか。

 

木曽路に問い合わせると、概ね次のように回答した。

 

「(『殴る、蹴る』などのパワハラについては)こちらは『従業員意識調査』の際にパワハラの一例として挙げた行為に過ぎません。

 

(昨年末に残業が増えたのは)12月は社員の時間外労働が一時的に増加しましたが、直近では減少しました。

 

(休憩時間中にも労働しているのは)客観的な事実は確認できておりません。

 

(残業代未払い請求に対して支払いをした事実関係に関しては)個別の事案の内容等に関しては、当事者のプライバシーに鑑み、回答を差し控えます。

 

(約25人が退職したのは)例年、年初から1、2 カ月は、従業員の入れ替わりが多い時期であり、今回も例年並みの退職者数となっており増加はしておりません。

 

また、今回においても退職理由は個々人で異なり、一概に労働環境が原因ではないと考えております。

 

引き続き労務環境改善に向けて最善を尽くして参ります」  

 

そのほか、2017年3月に起こった従業員の自殺、サービス残業の強要への従業員の悲痛な叫び、労基署の是正勧告が出た残業代未払い問題、木曽路会長への直撃など、詳しくは4月27(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および4月28日(木)発売の「週刊文春」が報じている。

 

(週刊文春)




関連記事

no image

日本の不動産賃貸の更新料はおかしい。世界的に見ても日本だけ。

    日本の不動産の更新料は世界的に見ても日本だけ

記事を読む

心の病で休職する学校の先生が年間5000人超。10年間高止まり。

心の病で休職する教員が年間に5000人超にものぼります。   学校がとてつも

記事を読む

no image

埼玉県民の性格の良さは全国トップ!!

見ず知らずの高校生に6万円貸すって埼玉の人性格良すぎです!!   埼玉の人はほ

記事を読む

no image

ロヒンギャ問題の解決に尽力されていたのがアウンサンスーチーさん。

ロヒンギャ問題の解決に尽力されていたのがアウンサンスーチーさんになります。  

記事を読む

no image

ギャルやヤンキー、パリピが使う「マジ卍」「卍」を広めたのはCIAとイルミナティ。

90年代、00年代のコギャル、ギャルブームを作り出したのもアメリカCIA、イルミナティだったという記

記事を読む

no image

女性の容姿をディスる男にイケメンや良い男はいない。

これも女性に肝に銘じてほしいのは、「女性の容姿をディスる男にイケメンや良い男はいない」ということです

記事を読む

no image

池袋、六本木、麻布十番、川崎は関東の大阪!

池袋、六本木、麻布十番、川崎は関東の大阪!   なんでもありでめちゃくちゃでお

記事を読む

no image

アムステイインターナショナルが売春合法化を支持しました! 時代が俺の活動に追い付いてきたのかもしれません。

本部ロンドンの国際人権団体天下のアムステイインターナショナルが売春合法化を支持しました! &n

記事を読む

no image

なぜパチンコは違法だけど摘発されないのか?なぜ経営者の9割が在日朝鮮人なのか?

アメリカで「パチンコ」という小説が話題になっていました。 https://courrier.j

記事を読む

no image

大阪の虐待防止委員を務める里親が里子の5歳少女に直腸を引き裂いて人工肛門の虐待。

大阪の虐待防止委員を務める里親が里子の5歳の少女に直腸を引き裂いて半年以上の入院で人工肛門でないと生

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ